ドローンの近未来 〜ドローンビジネスはどこに向かっているのか〜

Posted By on 2016年7月4日

Share on LinkedIn
Pocket

最新テクノロジートレンドの一つでもあるドローンの技術進歩や発達は世界中でどのようになっているのでしょうか。今年(2016年)はどのような変化を遂げるのでしょうか。

今回の記事では、The Best Drone(https://buythebestdrone.com/)を参考にドローンの近未来に迫っていこうと思います。

one

①はじめに

2015年がドローンにとって大きな年であったことは間違いありません。FAAがドローンの使用を承諾したことにより、多くの企業がドローンを使用できるようになりました。そして、ドローンが徐々に広まり、現在に至っています。”数百万人のパイロット”が世界中に誕生し、この産業が拡大し続けています。

この事実は商業部門と消費者部門においてどのような意味を持つでしょう。私たちは、急上昇中の”空中マシーン”についてドローンに詳しい専門家に意見を伺いました。私たちは、「ドローンビジネスがどこに向かっているのか」、「FAA(http://www.faa.gov/)の規則」、「それがどのように2016年における世界のドローンに影響を及ぼすのか」について意見を伺いました。以下を読んで、専門家6人が述べた意見を聞いてみてください。

 

②Ian Smith(Drone Deploy社:https://dronedeploy.com/

two

2016年はドローン産業にとって大きな飛躍の年となるでしょう。より多くの企業が低コストで購入できるドローンによって高い価値を生むことが可能であるということを気付き始めています。DJI製造(http://www.dji.com/jp)のようなOEMs(他社ブランドの製品を製造すること、またはその企業)のドローンはだいたい$700〜$6,500で、それらを産業にうまく組み込むことに成功してきました。例を挙げると、農業、建設、鉱業、土地の測量などです。それら機械の能力は新しいセンサーテクノロジー、強い統合、継続的なソフトウェアサポートと共に急速に増えています。DJIの競合である3DRobotics(https://3dr.com/)やParrot(http://www.parrot.com/jp/)はイノベーションを試みており、DJIが持っている世界的なドローンマーケットにおけるシェアに巻き返しを図っています。2016年は過去の年と比べ、FAAの規則が引き伸ばされたことによるさらに大きなインパクトが、商業用のドローンにふりかかってくるでしょう。

最近では、ドローンのデータを簡単にシェアできる正射投影画像地図、数値標高モデル、3Dモデルなどのようなフォームで、行動可能な情報に転換することによって最大限使用し、世界中のビジネスをエンパワーすることで、ドローンのソフトウェア会社がさらに牽引し始めています。DroneDeployなどの会社は2014年からそれらを実行しており、100万クレーン以上のドローン画像をクライアントに6ヶ月以内に現像するそうです。

 

③Patrick Lohman, VP of Partnerships(PrecisionHawk社)

three

2016年はドローン産業にとって分岐点となる年になるでしょう。商業的に私たちはドローンが多くの大きな産業にインパクトを与え続けると予想しています。得に農業、保険業、エネルギー業に。それらの産業の中の大きい企業はさらにUAV(無人航空機)テクノロジーを存在する源を保護してビジネスの意思決定をより良いものにしていくことに重きを置いたワークフローに組み込んでいくでしょう。の日続けている需要と現在の連邦政府の規則の直接的な結果として、ドローンサービスの大きな成長とエンドユーザーのプロセスをシンプルにするための自動分析アプリケーションの継続的な設置が期待されます。FAAは2016年に商業用のドローンのための新しい規則を提案することが期待され、その規則は全ての産業内の事業機会を増やすと考えられます。

 

④Sal Lrigoyen(Odyssey Toys社)

four

2016年には、ドローンが一般人の間でも利用可能なモデルになるたくさんケースを見ることになるでしょう。それらの特徴は、空中停止、直線的に動くモデル、目的地に自動的に飛行して到着するモデル、家に帰ってくるモデル、VRなどです。VRモデルのドローンに関しては、スマートフォンか関連アプリを通してビデオストリーミングのドローンに埋め込まれたゴーグルを見ることで、ライブ中継もしくは録画した後の映像を見ることが可能になります。ユーザーはVRの”3D世界に生きる”ことが可能になる。

また、私は価格の低下を予期します。ビデオストリーミングは大幅に安くなるでしょう。そして何より重要なことに、コストはほぼ変わらないままで、ビデオの質が高くなると考えられます。例えば、仮に現在、企業が300Kの安いカメラつきドローンを100ドルで売っているとすると、今年はHD720Pのカメラが同じ100ドルで売られているドローンを見ることになります。結果として、今年の2倍か3倍の売り上げを期待することができます。

 

⑤John Boyd Jr(The Boyd Company社)

five

ドローンは、領土での戦争、トラッキング中の重罪犯人、メキシコからの不法移民などに関連する現在の重要問題です。1984年のGeorge Orwell’s(イギリスの作家、ジャーナリスト)による回想では、両国の国会議員にとっても、国民に対する政府のスパイなどのプライバシーの懸念などは重要になってきています。

よく熱く議論される話題は、農業からエンジニア、法執行措置、海洋学、自然保護、また私たちがまだ考えもしないことに関連するアプリケーションによるドローンビジネスが持つ大きな経済成長の可能性です。それにより、魅力的な新しい研究、製造、サービスを創られるでしょう。

遠隔操作可能な飛行物体の使用は軍隊によって最初に使われました。しかし、ドローン技術の商業化による経済成長へのインパクトは停滞しています。The Association for Unmanned Vehicle Systems International based in Arlington, VA(http://www.auvsi.org/home)は2015年に提出されたFAAによるドローンの使用に関するルールを出した後、最初の2年で13,6 billionドル以上を生み出すことができる産業を見積もりました。

私たちの会社は西ワシントンにおいて、開花しようとしているUAV産業に関しては、現在広大なエーカー数のある農地と長い歴史のある農業部門で農業アプリケーションにかなり集中して重きを置いています。作物の監視などに関してはすでにドローンをうまく使われており、広大な農地を監視のためだけに歩くことや飛行機で回ることに比べるとかなり費用が抑えられるため、生産が伸びています。

市民のドローン市場に参入してくる多くの軍事産業は別として、SZ DJI Technology Co.(http://www.dji.com/jp)は世界で最も多くの顧客を持ち、総収入においても大きなドローンメーカーになりました。そのプロセスで、新しいグローバル顧客商品カテゴリーにおける中国で初めてのブランドになりました。

連邦の規則はその他の多くの産業にとって決して良い規則ではありません。しかし、多くの良い雇用を生み、経済成長の要因となる商業用の産業の押し上げとなる顧客用のドローンにとってはビジネスを妨げる要因にはなりません。

 

⑥Chuck Williams(Float Avionics社)

six

ドローンを消し去ろうとしている企業が多く存在するのにも関わらず、マーケットだけは常に成長しています。値ごろ感は改善されていき、ドローンにおける多くの楽しみや起業家精神の夢を多くの人が求めて探すようになるでしょう。ドローン革命は質の高く顧客にとって使用しやすい写真ツールを作った過去のDSLR(デジタル一眼レフ)革命と似てきている。(それが私たちをそのことがビジネスになると思わされました。)私は同じようなことがドローンにおいても顧客の間で起こると考えております。また、レースや大胆な行為を趣味としてドローンで行おうとしている人たちにとっても大きな成長の年となりでしょう。

特徴やリリースに関して、DJIはさらにアップグレードしたもの(商業用マーケットによりフォーカスしたもの)を出し、そして3drは他のリリースでまたはね返る。GoPreは2016年に初のドローンをリリースする準備をしていて、ブランドネームによって買うもしくは強いるような何かを見せることができるかどうかを知るのが興味深いです。4k ビデオは顧客にとって必需品となり、そして自主的な購買もまた増えていくと考えられます。

商業用の予測に関して、今年アメリカで一番注目すべきことは、FAAの商業用ドローンの使用規則と条件のリリーススケジュールです。333条(運輸長官がUASの操縦に耐空証明証が必要かどうかを決めることができるというもの)

の免除によって、多くの関心と投資が商業用のドローンしように殺到すると予想しています。レーザースキャニング、マッピング、点検などのさらなる機能を楽しむ人たちが増えていくでしょう。ドローンに商業用での使用における安全信号は、ロボットアプリケーションにおける次の多くにステップとなるでしょう。安全信号がいつ点灯するか次第でさらに多くの人たちが多くのドローンテクノロジーにフィットしてきます。誰かがこの産業において大きなブレイクスルーを生み出すでしょう。

全てのドローンオーナーは一つの特殊なテクノロジーの中での小さなブレイクスルーでさえ求めています。バッテリーの寿命や容量は、ドローンの世界においてもっても大きな弱点となっており、重さやパフォーマンスの調整などによってドローンのバッテリーをたった5%でも増やす方法を発見した人は有名になれるレベルでしょう。もっともElon Muskが新しい会社をはじめることを決定しない限り、それは見られないと考えていますが。

Share on LinkedIn
Pocket

Posted by 江畑 俊行