KIYOラーニング株式会社

教育・Edtech

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

自社プロダクト/サービスがある

VISION

ミッション
誰もが持っている無限の力を引き出し、人々の夢を実現する。

ビジョン
世界一「学びやすく、分かりやすく、続けやすい」学習手段を提供する。

基本原則
・当社は、「人々が能力や可能性を最大限に発揮して、より良く生きる」ために存在している。
・「学び」を革新する。価値あることを最初に実現する。
・社員・組織自らが、能力を最大限に発揮し、高い生産性を実現する。
・プロフェッショナルとしての高い倫理観を持ち、誠実に行動する。
・ミッションを実現するための手段として、利益、成長を追求する。

会社概要

当社は、忙しい社会人の「キャリア開発」を支援する企業です。現在 主力の「スタディング」事業では、通勤時間などのスキマ時間で、各種の資格を 取得するためのオンライン教育講座を提供しています。

現在、有料受講者は約3万人、年商も年2倍程度で成長中ですが、さらに成長を加速させ、社会人向け学習プラットフォームの市場を創造してダントツのNo1になるために、中核人材を募集しています。

他の資格学校、通信講座と違う点は、当社では、ビデオ講座・音声講座・テキスト・問題練習等のコンテンツやサービスを、スマートフォン・タブレット・ノートPC等の携帯デバイスに最適化された形で提供していることです。そのため、重いテキストや問題集を持ち運ぶことなく、通勤時間などのスキマ時間で、資格合格に必要なすべての勉強をすることが可能です。

当社の教材(映像やテキスト、問題などのデジタルコンテンツ)、学習システム、オンライン販売(EC)、業務オペレーションは、自社開発のシステムを屈指して効率化しており、ローコストかつ、受講者にとって学びやすいサービスを提供しています。

価格も、従来の資格講座の数分の1で提供できるため、既存の通学・通信講座から当社講座へのシフトが起こっています。

当社では、わかりやすい講座を作るための講座開発ノウハウと、学びやすく続けやすい学習システムがあり、専用の動画撮影スタジオや最新機材を活用し、高品質な講座を開発しています。

スマートフォンやタブレット等の携帯デバイスが急速に普及しており、これらを使えば、忙しい方でもスキマ時間で講座を受講できます。また、個人向けの資格取得市場は2100億円超、企業向けの教育市場は4600億円超の市場規模があり、今後はオンライン講座へのシフトが進むと予想されています。

今後は資格講座だけでなく、実務やIT、語学など幅広い講座に展開する予定です。さらに、受講者がより「続けやすく」なるような、革新的な学習システムやサービスを提供する事業計画を実行中です。

当社のビジョンは、世界一「学びやすく、分かりやすく、続けやすい」学習プラットフォームになることです。

まずは、日本の社会人向けオンライン教育分野でNo1の存在となり、さらに世界に展開していくことを目指しています。

会社名 KIYOラーニング株式会社
代表者名 代表取締役社長 綾部 貴淑
設立年 2010年
所在地 東京都
社員数 31 〜 50人
特徴

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

自社プロダクト/サービスがある

会社HP https://www.kiyo-learning.com

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

綾部 貴淑 (代表取締役社長)

1971年千葉県生まれ。東京工業大学情報科学科卒業。日本オラクルを経て、IAFコンサルティングで企業業績管理のコンサルティングに従事。コンサルティング方法論を開発し、多くの企業で実績を上げる。仕事のかたわら、能力を最大限に引き出す学習方法を研究し、自らその学習方法により短期間で中小企業診断士にストレート合格を果たす。2008年より「KIYOラーニング」を立上げ、この学習方法を基に開発した「中小企業診断士 通勤講座」を開講。2009年から独立し、ビジネスパーソンの能力開発や目標実現を支援するために、KIYOラーニングの事業を本格的に展開している。中小企業診断士。KIYOラーニング株式会社 代表取締役。