アマテラスに登録して
求人情報を見る

株式会社AMANE

モビリティ・ロボティクス

創業フェーズ(シード・アーリー)

自社プロダクト/サービスがある

VISION

「AMANE」という名前の由来は、「浹」という漢字です。

【浹】あまね/ショウ
あまねし。ひろくゆきわたる。
めぐる。ひとめぐりする。
とおる。
うるおす。うるおう。

「浹」が持つ意味のように、社会において、あまねく人々にゆきわたり、価値がめぐる仕組みをつくることで、人の暮らしをうるおすことを目指しています。

特に現在は、社会の変化が早く先を読むのが難しい時代、また従来の枠組みを越えて領域を横断したアイデアや取り組みが必要な時代です。私たちは、情報プラットフォームを持つ強みや多様な専門性の人材を生かして、アーバンテックに関わる産業の成長を少しでも後押ししたい。そうして生み出されたイノベーションの数々が、社会全体の豊かさにつながればと考えています。

会社概要

AMANEは、アーバンテックを活用した事業開発支援を行なう会社です。
アーバンテックとは「都市生活と都市の持続可能性をアップデートする技術」。弊社ではモビリティや建築・都市の領域を中心としています。

AMANEの母体は、モビリティ業界の専門媒体「LIGARE」を発行する「株式会社自動車新聞社」。その関連会社として2019年に創業しました。モビリティ業界は100 年に一度という大変革期を迎えており、新しい時代を創るための情報や取り組みが必要とされています。そこで、メディアで養った情報力とネットワークを駆使して、新たな事業開発の支援を行なってきました。

しかし、人口減少や移動需要の変化により、モビリティ領域のみでの事業創出は難しい時代となっています。これからは、モビリティ領域に留まらず、医療、飲食等、エネルギー、広告などに関する様々な技術との連携が必要です。そこで、私たちは「アーバンテック」を掲げ、領域横断的な事業支援を行なっています。

主な事業内容は、協業支援、事業開発支援、システム開発、空間設計です。クライアントは交通事業者、自動車業界関連の企業を中心として、自治体やインフラ系の企業など多岐にわたっています。

私たちの強みの1つは、LIGAREという情報プラットフォームを持つことです。ここで得た情報とネットワークで、新しい事業や取り組みの判断に必要な情報を伝え、人と人・組織と組織をつなぐことを得意としています。2つは、多様な専門性の人材がいること。AMANEのメンバーは少数ながらも、モビリテサービス、システム開発、空間設計と多様な専門性を持っています。このようなメンバーで様々な角度から検討し、議論することで、領域横断的な支援が可能になります。

会社名 株式会社AMANE
代表者名 代表取締役 井上佳三
設立年 2019年
所在地 東京都
従業員数 10人以下
特徴

創業フェーズ(シード・アーリー)

自社プロダクト/サービスがある

会社HP https://amane.ltd/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

井上佳三 (代表取締役)

自動車新聞社 代表取締役 兼 LIGARE編集長
2007年、自動車新聞社入社。立命館大学OIC総合研究機構客員研究員。
モビリティサービスの専門誌「LIGARE」(リガーレ)を立ち上げ、移動の質の向上がQOLの向上につながることをモットーに数多くのモビリティを取材。
2018年からはLIGARE.Newsを立ち上げ、「ひと・まち・モビリティ」に関わるニュースを配信している。
2019年AMANEを創業し、モビリティサービスの事業開発とまちづくり事業に注力している。
共著で「MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ」(2018)、「Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命 ―移動と都市の未来―」(2020)がある。

メンバー

  • Takayoshi Saita (取締役)

    千葉大学理学部卒業後、大手系システム会社にて通信バックボーンシステムの構築に従事。
    その後組み込み系や業務系システムの構築を経て2015年に自動車新聞社へ参加。
    現在は主にフルスタックのWebシステムからスマートフォンアプリまでの制作及びマネージング、LIGARE.Newsのシステムグロースを行う。
    エンジニアリングとマーケティング・営業目線の両方からシステムを提案・構築することを強みとしている。
    デジタルの力で人間や自然にコントロールを取り戻し、少しでも弱者に寛容な世界にしたい。

  • 齊藤せつな (取締役)

    東京大学大学院にて都市デザイン・建築設計の研究を行う。大学院での修士論文を元に「小さい交通が都市を変える」を出版。都市構想家・建築家である大野秀敏氏の建築設計事務所にて建築設計・都市デザインの仕事に5年間従事した後、現職。一級建築士。

  • 佐藤和貴子

    東京大学大学院にて都市デザイン・建築設計の研究を行う。
    大学院での修士論文を元に「小さい交通が都市を変える」を出版。
    ロンドンとダブリンの建築設計事務所にて東ロンドンの再開発プロジェクトをはじめ、建築設計・都市デザインに従事。香港の設計事務所で北海道・ニセコや東南アジアでのホテル・別荘の設計に携わったのち、現職。
    モビリティサービスと建築・都市デザインを組み合わせ、誰もが行きたい場所へ移動でき、楽しめるまちを実現したいです。