Kyoto Robotics 株式会社

世界の産業ロボットに「目」と「脳」を持たせる

所在地

滋賀県

従業員規模

51 〜 100人

分野

モビリティ・ロボティクス

募集情報はこちら

徐 剛 (取締役・代表執行役社長)

1989年 大阪大学博士後期課程修了/工学博士
1990-1993年 大阪大学基礎工学部助手
1993-1996年 大阪大学基礎工学部講師
1994年 米国ハーバード大学客員研究員
1996-2001年 立命館大学理工学部助教授
1999-2000年 マイクロソフト研究所客員研究員・モトローラ研究所客員研究員
2000- 三次元メディア社設立、代表就任(現在に至る)
2001-2004年 立命館大学理工学部教授
2004- 立命館大学情報理工学部教授(現在に至る)
2012-2013年 東京大学客員研究員

VISION

 全世界の産業ロボットは年産30万台に近づいています。その約6割は国内メーカの製品です。多くの工場で活躍し、少子高齢化の中で我が国の国際競争力の維持に大きく貢献しています。一方、産業ロボットに知能を持たせることで、その活用範囲が更に大きく広がり、産業ロボットの生産台数も更に一桁大きくなるでしょう。
 「目」と「脳」を持った知能ロボットによって自動化できる仕事は、工場における部品供給・組立・加工と、物流倉庫における仕分け・搬送等々です。当社は、工場と倉庫における単純労働は全て知能ロボット化できる日が必ず来ると信じて、研究開発を行っております。
 産業ロボットの「目」に求められる機能は、主として3次元物体認識と位置決めです。これは6次元空間における探索問題として定式化できます。完全な解法はテラ級の計算量を要するので、30年間の難題であり続けてきました。また、産業ロボットの「脳」に求められる機能は、「目」で見た結果に基づき、ロボットの動作を賢く制御することです。これも6次元空間における探索問題として定式化できます。
 当社は立命館大学の研究成果をベースに、世界に先駆けてこの技術課題を解決し、2011年3月1日、 世界初本格的3次元ロボットビジョンセンサ「TVS」を発売して以来、 新市場創出をリードしてまいりました。株式会社安川電機・川崎重工業株式会社・株式会社デンソーウェーブ・三菱電機株式会社・ファナック株式会社・ABB株式会社、各社の産業ロボットと接続・協働しており、 既に多くの工場で実稼働しております。これらが評価されて、オムロンベンチャーズ株式会社・豊田通商株式会社・SMBCベンチャーキャピタル株式会社・株式会社 産業革新機構・未来創生ファンド・三菱UFJキャピタル株式会社から合計8億3000万円の出資金を頂きました。
 「TVS」は3次元ロボットビジョンセンサとして出発していますが、既に3次元認識の範囲を遥かに超え、ピッキングに必要な動作制御・ハンドによる把持登録などの機能を有しており、知能ピッキングコントローラとして活躍しております。
 知能ロボットによるマニピュレーションを実現する上で、目・脳・アーム・ハンドの最適な組み合わせと協調が重要であります。当社は従来の工場向けのTVSの開発販売に加えて、物流倉庫向けに、目・脳・アーム・ハンドを最適に統合した知能ピッキングロボットそのものの開発販売を2017年4月より開始致しました。
 当社は引き続き技術開発に注力していくのみならず、顧客に対する技術サポートを強化しております。当社の営業マンは全員技術サポートできる技術者でもあります。商社、ロボットアームメーカ各社、ハンドメーカ各社とシステムインテグレータ各社とともに、新市場を開拓し、知能ピッキングロボットの普及を図ってまいります。 これによって、労働人口減少に伴う工場と物流倉庫における人手不足問題の解決に貢献していきたいと考えております。
 工場と物流倉庫向けの知能ロボットを普及させること、これは私たちのミッションです。

会社概要

 産業ロボットに目と脳を持たせることで従来ロボット化できなかった部品供給、組立、加工、搬送がロボット化でき応用範囲は格段に広がる。Kyoto Roboticsは産業用3次元ロボットビジョンの分野で世界最先端としてリードしてきており、この初期市場において約6割の市場シェアを有しています。
 2017年4月より、従来のFAに加えて、物流向け知能ピッキングロボット事業も展開を始めました。
 このたび、2017年内に、国内で倉庫が最も多い東京都内に東京支社を開設し、研究開発・販売保守・企画管理を行うことになりました。東京での採用を開始しています。

メンバー

  • 澤田 純一 (執行役)

    1999年 関西大学商学部商学科 卒業
    1999年 株式会社ディジ・テック入社
    2008年 株式会社ディジ・テック東京営業所長
    2009年 当社入社
    2010年 営業部長
    2017年 営業本部長

  • 仲道 朋弘 (執行役)

    2010年 立命館大学情報理工学研究科 博士前期課程修了、工学修士
    2010年 当社入社
    2011年 当社研究開発部主任
    2012年 当社研究開発部マネージャ
    2013年 当社執行役員・研究開発部長

  • 西川 甫 (取締役)

    1963年 滋賀銀行入社
    1996年 滋賀銀行山科支店長
    2003年 当社監査役
    2005年 当社取締役

  • 久保 裕滋 (取締役)

    1980年 慶応大学大学院経営管理研究科修了 経営学修士(MBA)
    1980年 株式会社日本エルシーエー(東証二部)入社
    2002年 株式会社日本エルシーエー代表取締役社長
    2010年 KMコンサルティング株式会社設立、代表取締役社長

  • 鑓水 英樹 (取締役)

    1991年 早稲田大学法学部卒業
    1991年 三井生命保険相互会社入社
    2000年 プライスウォーターハウスクーパース入社
    2002年 株式会社あおぞら銀行(旧日本債券信用銀行)入社
    2009年 株式会社産業革新機構入社、マネージングディレクター(現任)

  • 出路 貴規 (取締役)

    1995年 慶應義塾大学商学部卒業
    1995年 野村證券株式会社入社
    2001年 みずほ証券株式会社入社
    2007年 スパークス証券株式会社(現スパークス・アセット・マネジメント株式会社)入社
    2015年 スパークス・アセット・マネジメント株式会社執行役員 開発投資本部長 次世代成長投資室長 就任現任)

  • 野口 義文 (取締役)

    1986年 立命館大学法学部卒業
    2005年 立命館大学BKCリエゾンオフィス課長
    2008年 立命館大学研究部次長
    2009年 立命館大学研究部事務部長/産学官連携戦略本部 副本部長(現任)

  • http://www.3dmedia.co.jp/p6_about/index.html

     

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

この情報を共有する

グループサービス

「ママ」も「キャリア」も楽しむ
女性のためのお仕事サイト

ママテラスはキャリアを積んだ女性が
ライフステージを問わず働ける企業を
マッチングするサービスです。

お仕事探し