株式会社ホープ

インバウンド

拡大フェーズ(シリーズB、C)

地方スタートアップ

VISION

「自治体を通じて人々に新たな価値を提供し、会社及び従業員の成長を追求する」
この企業理念を軸に今後は現在の広告事業だけでなく、自治体の課題を民間企業として解決し、収益を上げていく、「自治体に特化した総合サービス会社」として様々な事業展開をしてまいります。

会社概要

自治体の遊休スペースを広告化し、自治体への財源確保及び民間企業への広告枠を提供しております。
このサービスを通し、自治体ビジネスのノウハウを得ており、2016年東証マザーズ市場に上場致しました。

社員数が約200名になり第二創業期に突入。上場後に入社した社員の方が多くなり、このタイミングで更なる仕組化、育成の必要性を感じています。マネジメント経験ある方、成功体験がある方からのエントリーお待ちしております。
広告事業に次ぐ次の事業として自治体に電力販売も開始して100億円の売上高に向けて次の事業を創出し続けています。
労働集約からどこまで生産性を高められるか?非常に大事な時期です。



会社名 株式会社ホープ
代表者名 代表取締役社長 時津孝康
設立年 2005年
所在地 福岡県
社員数 101人以上
特徴

拡大フェーズ(シリーズB、C)

地方スタートアップ

会社HP http://www.zaigenkakuho.com/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

時津孝康 (代表取締役社長)

1981年、福岡県生まれ。2005年、大学卒業と同時に有限会社ホープ・キャピタル(現:株式会社ホープ)を設立。「自治体を通じて人々に新たな価値を提供し、会社及び社員の成長を追求する」という企業理念のもと、有料広告事業を中心に自治体の財源確保をはかる新たなビジネスモデルを確立している。

メンバー

  • 安藤 伸晃 (セールスイノベーション部 部長)

    2010年、新卒で東京の環境ビジネスベンチャーへ入社。営業、営業マネージャー、営業企画マネージャー、新規事業マネージャー、採用・教育マネージャー等を歴任した。

    その後、人事領域をプロの中で学ぶべく、人・組織コンサルタントへ転職。業界大手企業の様々な人・組織課題解決の支援に携わる。

    結婚を経て福岡へ戻り、ゲーム会社の人事を経験。採用を中心に、労務課題の解決や社内活性化に携わる。

    2017年11月、ホープに参画。SP部(営業部)に配属される。早々に実績が認められ、5か月目からサブリーダー的役割を担い、9か月目の2018年7月、新たに発足した部署の部長に就任。2022年100億という目標達成に向け、部署・部門を超えた変革を起こすべく、各種戦略の立案・推進を担当している。

  • 平木 正剛 (人事部 兼 クリエイティブ部 部長)

    2006年、新卒で東京のデザイン制作会社へ入社。デザイナー・ディレクターとして輸入車の広告・カタログ等の制作を担当。

    2014年1月、ホープに2人目のデザイナーとして参画。
    2015年6月クリエイティブ課長就任。
    2016年6月クリエイティブ部長就任。
    2017年6月兼任で人事部長就任。

    人事領域:組織の成長を加速させるため採用や育成、人事制度構築を中心にの戦略立案・推進を担当。
    クリエイティブ領域:組織マネジメント、品質管理、育成体系構築等を担当。