アマテラスに登録して
募集案件を見る

株式会社ドリームインキュベータ

コンサルティング

拡大フェーズ(シリーズB、C)

英語力を活かせる環境がある

VISION

社是
一.人々の役にたつ(事業に存在意義がある)
二.利益を創出する(事業が付加価値を生む)
三.成長する(事業が社会的影響を持つ)
四.分かち合う(事業が社会に調和する)

コアバリュー
ビジネスプロデュース
一般的には聞きなれない「ビジネスプロデュース」がDIの提供するコアバリューです。DIでは2000年の創業以来、ビジネスの領域でもプロデュース能力が求められると考え、業界の垣根を越えた活動をすることで、新たな付加価値を創造(=プロデュース)してきました。国・業界・大企業・ベンチャー・国境の壁を越え、新規ビジネス創出を実現しています。
さらに、現代社会は、“スマートフォン普及などにみるつながりの加速”と“既存業界の成熟化”という2点においてプロデュース機能が一層必要にされる時代ではないかと考えています。

会社概要

ドリームインキュベータ(DI)は、戦略コンサルティングやビジネスプロデュース、支援サービス等のプロフェショナル・サービス、及び、グループ会社への事業投資、ベンチャー企業への営業投資を通じて、新たな事業や産業の創造・成長支援を行う「The Business Producing Company」です。

会社名 株式会社ドリームインキュベータ
代表者名 代表取締役CEO 原田 哲郎
設立年 2000年
所在地 東京都
社員数 101人以上
特徴

拡大フェーズ(シリーズB、C)

英語力を活かせる環境がある

会社HP http://www.dreamincubator.co.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

原田 哲郎 (代表取締役CEO)

カリフォルニア大学バークレー校経営学修士(MBA)、米国公認会計士
海上自衛隊、日本生命保険相互会社を経て、DIに参加

・中学卒業後、海上自衛隊に入隊。江田島で訓練を受けるなか、戦争がもたらした広島の荒廃の歴史と、そこから立ち直った広島の街を目にする。その復興の原動力である「産業の発展」に寄与したいとの想いに至り、民間に転向。
・日本生命で財務企画、融資営業企画、人事企画に従事。「新事業・新産業の育成」を目的としてDIが設立される事を知り、創業直後に参画。IT、通信、製造、総合商社、卸、小売、建設等、様々な大企業に対する戦略コンサルティングや経営幹部育成、ベンチャー投資育成プロジェクトに従事

メンバー

  • 三宅 孝之 (代表取締役COO (ビジネスプロデュース代表))

    京都大学工学部卒業、京都大学大学院工学研究科応用システム科学専攻修了(工学修士)
    通商産業省(現 経済産業省)、A.T. カーニー株式会社を経て、DIに参加

    ・ベンチャー制度設計、国際エネルギー政策の他、幅広い政策立案の省内統括、法令策定を経験したのちコンサルティング業界へ
    ・感銘を受けたDIの創業理念(ソニーやホンダを100社つくる)の実現のため、社会的課題から大きな事業創造を生み出すコンセプトである「産業プロデュース」及び「ビジネスプロデュース」を確立
    ・常に新しい挑戦をすることをモットーとし、多数の大企業、ベンチャー、政府と、業界や業態を超えた大規模な連携によりビジネスを生み出すことを得意とする

  • 細野 恭平 (代表取締役COO (インキュベーション代表))

    東京大学文学部卒業、サンクトペテルブルク大学(ロシア)留学、ミシガン大学(米国)公共政策学修士(MPA)
    国際協力銀行を経て、DIに参加

    ・「世界で戦える企業を創る」ためにDIに参加
    ・「DIのグローバルビジネス」を推進
    ・「インキュベーション」で世界を変える

  • 那珂 正 (社外取締役)

    東京大学工学部卒業
    1968年建設省(現国土交通省)入省。同省大臣官房審議官、住宅局長を経て、2000年建設省を退職。2000年より都市基盤整備公団(現:UR都市機構)の理事、副総裁を経て、2004年 財団法人ベターリビング 理事長就任。2015年より顧問をつとめる。2013年より住宅保証機構株式会社 社長、2014年 同社会長、現在は同社特別顧問をつとめる。2017年6月よりDI社外取締役。また、2017年6月より一般財団法人高齢者住宅財団理事長をつとめる。

  • 小川 紘一 (特別顧問)

    明治大学大学院博士課程卒業(工学博士)。富士通研究所入社後、研究部長を経て富士通ビジネス部門へ移籍、事業部長・理事。2004年より東京大学にて国際標準化と事業戦略や日本企業の競争力 などに関する研究に従事。2008年より東京大学 知的資産経営・総括寄附講座 特任教授。2011年より東京大学大学院 ものづくり経営研究センター 特任研究員を経て、2013年4月より 東京大学政策ビジョン研究センター シニアー・リサーチャーに就任。
    経済産業省『産業構造審議会・競争力部会、情報経済分科会』の主査および、内閣府の『国際標準化戦略タスクフォース委員』座長代理などを歴任。
    近著に、『オープン&クローズ戦略 日本企業再興の条件』(翔泳社)、『国際標準化と事業戦略』(白桃書房)、『Architecture-based International Standardization and Innovation of Business Model』 (共著、IEC の創立100周年記念論文集、第二位の栄誉を受ける)などがある。