CYBERDYNE株式会社

モビリティ・ロボティクス

拡大フェーズ(シリーズB、C)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

地方スタートアップ

会社概要

CYBERDYNEは、サイバニクス(人・ロボット・情報系の融合複合)技術を創生した山海嘉之筑波大学教授により2004年に筑波大発ベンチャーとして設立されました。「科学技術は、人や社会に役立ってこそ意味がある」という理念のもと、超少子高齢社会における社会の諸課題を解決するため、医療・福祉・生活(職場環境含む)の領域で、革新的テクノロジーを駆使した製品・サービスの開発から社会実装までを推進する未来開拓型企業です。

当社の代表的製品であるサイボーグ型ロボットHAL®は、日米欧で医療機器としても展開されており、従来の医療技術では対応できなかった患者に対する歩行機能の改善等のために使われています。また、死因の上位を占める脳血管疾患や心疾患の予防のためのバイタルセンサー、重介護・重作業現場における腰痛の予防のためのHAL®腰タイプ、AIによる高度な自律走行を実現した清掃・搬送ロボットなど革新的な製品の開発に加え、当社の製品から得られるビッグデータの活用、HAL®と再生医療の複合による革新的機能再生治療の研究、社会実装推進拠点の創出など、社会課題の解決と未来開拓のために必要なあらゆる案件を並行して推進しています。

会社名 CYBERDYNE株式会社
代表者名 代表取締役社長/CEO 山海嘉之
設立年 2004年
所在地 茨城県
社員数 101人以上
特徴

拡大フェーズ(シリーズB、C)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

地方スタートアップ

会社HP http://www.cyberdyne.jp

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

山海嘉之 (代表取締役社長/CEO)

1958年生まれ。現在、CYBERDYNE(株)代表取締役社長/CEO、筑波大学大学院教授、サイバニクス研究センター研究統括、内閣府ImPACT:革新的研究開発推進プログラム プログラム・マネージャー。内閣府 FIRST:最先端サイバニクス研究プログラム研究統括、日本ロボット学会理事、評議員、欧文誌Advanced Robotics理事、委員長、世界経済フォーラム(ダボス会議)Global Agenda Council Member等を歴任。日本ロボット学会フェロー、計測自動制御学会フェロー。【受賞等】2005年11月「The 2005 World Technology Award大賞」、2006〜2013年 総合科学技術本会議での首相・関係閣僚へのレクチャ(計3回)、関係大臣・官僚への100名以上の国会議員へのレクチャなど情報還元活動。2006年10月「グッドデザイン賞金賞」、2006年11月「日本イノベーター大賞優秀賞」、2007年6月「経済産業大臣賞」、2009年5月「平成21年度全国発明表彰“サイボーグ型ロボット技術の発明”21世紀発明賞」、2011年2月「NetExplorateurs of The Year 2011」(フランス ユネスコ本部)、2013年9月「The 2014 Technology Pioneer」(World Economic Forum:ダボス会議)、2014年4月「2014 Edison Awards 金賞」、2014年5月「IPO of the Year(トムソン・ロイター)」、2015年4月 「文部科学大臣表彰」、2015年5月「Innovative Equity Deal of the Year(トムソン・ロイター)」他多数

メンバー

  • 宇賀伸二 (取締役/CFO兼コーポレート部門責任者)

    1970年生まれ。東京大学卒、ボンド大学MBA、公認会計士。株式会社トーメン(現豊田通商株式会社)、中央青山監査法人、プライスウォーターハウスクーパース上海事務所(駐在)、リッジウェイキャピタルパートナーズを経て、2008年CYBERDYNE(株)入社。現在、CYBERDYNE(株)取締役/CFO兼コーポレート部門責任者。