株式会社レアジョブ

HRtech・Edtech(教育)

拡大フェーズ(シリーズB、C)

自社プロダクト/サービスがある

英語力を活かせる環境がある

VISION

今後も「英語が話せるようになるプロダクト」作りに注力していきたいと考えています。現在取り組んでいる一例として「レアジョブ・スピーキングテスト」が挙げられます。スピーキングテストを行いレベルに応じたカリキュラムを与えレッスンすることでモチベーションを上げながら英語力を伸ばしていくことができます。また日常英会話でしたりビジネスでしたり学生向けの学習でしたり、その他、ユーザーの目的、特性に合わせた教材をより充実させいくこともやっていければと考えています。さらに英語力を伸ばしていくにはレッスンをするだけでなく、隙間時間にも学習していくことも大事だと考えています。そのために単語・フレーズ、文法などを覚えるアプリの開発・提供にも力を入れています。そしてインプットした情報を、実際のレッスンで使いつつ、かつ外国人の先生と一緒になってグループワークなどリアルの場で実践し、ラーニングサイクルを回せるプロダクトの開発に力を入れていきたいと考えています。

会社概要

レアジョブは、IT×教育の領域の上場ベンチャーとして、世界中のより多くの人々が国境や言語の壁を越えて活躍できる社会となるよう、まずは「グローバルに人々が活躍する基盤をつくる」 ことを目指しています。

レアジョブ英会話は、ユーザー数80万人のオンライン英会話に発展し、法人導入数2,300社、学校導入校数280校を突破し、成長し続けています。今後はAIによる音声認識や自然言語処理といったテクノロジーの力を活用し、誰もが英語を話せるようになるサービスの開発を加速させていきます。

グローバルに活躍するための人材のニーズも加速的に拡大しており、今後は英語関連事業の展開のみならず、グローバルリーダー育成及びキャリア関連への事業拡大や、事業の海外展開も進めることで、より早期にビジョンを実現します。

▼オンライン英会話を「英語教育のインフラ」するべく三井物産と資本・業務提携
▼公立小中高10ヵ年で英会話の一貫教育 北海道・夕張市×レアジョブ業務委託契約締結
▼Skype®不要のオンライン英会話へ、WebRTCを用いたレッスンルームを提供開始し、英語学習を効率的に、そして効果的な学習に
▼増進会ホールディングス(Z会グループ)と合弁契約締結
▼NTTコミュニケーションズと英会話習熟度の可視化実験を実施
▼米国発のEdTech企業Voxy,Incと連携し、インプット学習とオンラインレッスンが連動したビジネス英会話プログラムを開発
▼シンガポールGeos社を完全子会社化し、アジアでの事業展開を見据えたグローバル水準のR&D拠点開設
▼JR東日本が訪日外国人への応対力強化に向け、レアジョブ英会話を導入
▼キャプラン(パソナグループ)と業務提携 企業向け「グローバルリーダー育成研修」を共同開発
など、多くのチャレンジを進めています。

オンラインにおける学びの場は、世界的に急拡大しています。
『 Education 』×『 Technology 』×『 Global 』の 3つを掛け合わせ、 過去の英会話業界では成し得なかった「英会話習得の新しい答え」を見つけようとしています。

会社名 株式会社レアジョブ
代表者名 代表取締役社長 中村 岳
設立年 2007年
所在地 東京都
社員数 101人以上
特徴

拡大フェーズ(シリーズB、C)

自社プロダクト/サービスがある

英語力を活かせる環境がある

会社HP http://www.rarejob.co.jp

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

中村 岳 (代表取締役社長)

2005年東京大学大学院情報理工学系研究科修了。NTTドコモ研究所を経て、2007年中学高校の同級生とともに株式会社レアジョブを設立し、 代表取締役最高技術責任者に就任。「日本人1,000万人を英語が話せるようにする」をミッションに、Skypeを利用したオンライン英会話事業 を行う。講師はフィリピン人で約4,000人が在籍。毎日13,000レッスン以上を提供し、累積会員数は40万人以上で業界最大。2014年6月東証マザーズ上場。2015年6月代表取締役社長に就任。

メンバー

  • 藤田 利之 (取締役副社長)

     

  • 五十嵐 幹 (取締役)

     

  • 三原 宇雄 (監査役)

     

  • 成松 淳 (監査役)

     

  • 大村 健 (監査役)