株式会社ミルテル

ヘルスケア・シニアサービス

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

地方スタートアップ

VISION

医療イノベーションで「疾患になりにくい社会」を実現し、健康長寿と医療費削減に貢献

会社概要

疾患予防の向上、がんや生活習慣病の超早期発見に活かして、国民の健康増進に貢献するために設立された大学発ベンチャー企業。同社のテロメアGテール長測定技術は、病気にかかりにくい身体作りに貢献する未病検知に応用可能。また、同社の疾患特異的マイクロRNAのバイオマーカー検査技術は、疾患の超早期発見検査に応用可能。これらの検査技術は、血液のみを用いる検査のため受検者の身体への負担が少なく、これまでの腫瘍マーカーなどを用いる血液検査よりも超早期に疾患を発見できる利点がある。また、研究機関からの委託検査も実施するとともに、保険商品への検査結果の活用など新たなビジネスも展開していく予定。さらに中長期的には、検査サービスの海外展開とともに、検査後のフォローアップとしての「疾患予防プログラム」の構築、核酸医薬等の創薬なども、他社とアライアンスを組みながら行うことで、さらなる健康長寿社会実現に向けた取り組みを行っていく予定です。

会社名 株式会社ミルテル
代表者名 代表取締役社長 田原 栄治
設立年 2016年
所在地 広島県
社員数 10人以下
特徴

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

地方スタートアップ

会社HP http://www.mirtel.co.jp

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

田原 栄治 (代表取締役社長)

広島県立大学生物資源学部卒業(1996年)後、広島大学大学院医学系研究科で博士(薬学)取得(2001年)。広島大学大学院在籍中は、創業者とテロメアやがん・老化の研究に従事した。製薬会社にて13年間勤務。在職中は、診断薬の開発、創薬スクリーニング系の構築、がん研究留学(MD Anderson Cancer Center)、米国支店でのマネージャーとして研究開発(サプリメント開発など)に従事。現在、県立広島大学大学院人間文化学機能栄養病態学特論非常勤講師を兼務。テロメア長を指標とした疾患予防の取り組み、マイクロRNAによる疾患の早期発見に共感し、2013年より株式会社ミルテルに入社し、2014年より現職。

メンバー

  • 田原 栄俊 (代表取締役会長)

    東京薬科大学卒業後(1989年)、広島大学大学院医学系研究科で博士(薬学)取得(1994年)。広島大学大学院医歯薬学総合研究科・細胞分子生物学研究室 教授就任。2016年より薬学科長、研究院長補佐(研究・企画担当)基礎生命科学部門長を兼務。2012年にミルテルを創立。その他役職として、日本RNAi研究会会長、日本癌学会評議員、日本がん分子標的治療学会評議員、日本組織培養学会評議員、国際細胞外小胞学会(ISEV) 役員、日本がん分子標的治療学会理事、日本細胞外小胞学会(JSEV)役員。現在、「老化」の研究を「がん」に応用する研究、テロメア研究、最近はエクソソーム、マイクロRNA、核酸医薬等を中心に研究を行っている。