エディットフォース株式会社

新素材・バイオテクノロジー

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

地方スタートアップ

VISION

New tools lead new world(新しい技術で新しい未来を)の精神をもとに、独自のDNA、RNA操作技術を通じて、国内外の種苗、物質生産、創薬の産業革新に貢献する。

会社概要

エディットフォースでは中村崇裕博士が発明したPPRタンパク質(Pentatricopeptide repeat protein)工学技術をベースに、DNA/RNA操作のための新たなツールの開発及び、新規事業開発を行なっています。

エディットフォースでは、PPRタンパク質が核酸配列 (DNA/RNA)を認識するメカニズムを解明することにより、PPRを用いた新規ゲノムデザイン/プログラミングツールを確立し、種苗、物質生産、創薬支援などの幅白いバイオ産業分野に展開していきます。

会社名 エディットフォース株式会社
代表者名 代表取締役 中村崇裕
設立年 2015年
所在地 福岡県
社員数 11 〜 30人
特徴

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

地方スタートアップ

会社HP http://www.editforce.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

中村崇裕 (代表取締役)

名古屋大学大学院生命理学研究科 博士後期課程 修了後、イスラエル工科大学(テクニオン) 、名古屋市立大学にて博士研究員、日本学術振興会特別研究員、科学技術振興機構さきがけ専任研究者を経て 2008年4月より現職。
植物に多く含まれるPPRタンパク質のほとんどが配列特異的にRNAと作用することを発見し、 RNA結合型とその認識コードの解読、およびDNA結合型PPRの発見とDNA認識コードの解読を行っている。 2014年12月よりエディットフォース株式会社設立に携わる。