株式会社ブレインパッド

データ活用のリーディングカンパニー

所在地

東京都

従業員規模

101人以上

分野

コンサルティング

募集情報はこちら

代表取締役会長 草野 隆史(くさの たかふみ) (代表取締役会長)

1997年、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。サン・マイクロシステムズ等を経て、2004年3月ブレインパッドを設立。現在、一般社団法人データサイエンティスト協会の代表理事も務める。

VISION

ミッション「データ活用の促進を通じて持続可能な未来をつくる」にかける思い

このミッションは、2004年の創業来掲げ続けている、いわば当社の存在理由です。しかし、正直に言えば、「ビッグデータ」という言葉さえもなかった当社の創業期において、このミッションは社外の方には伝わりづらく、また当社の実現力という点でも少し早すぎた感は否めないものでした。

この壮大な目標を掲げ5人の社員で始めたベンチャーに、十数年の時をかけて、ミッションに共感した仲間の参加が続いたことで、ブレインパッドはデータ活用のリーディングカンパニーへと成長することができ、クライアント企業やパートナー企業のご理解やご支援を得て、日本を代表する錚々たる企業をサポートさせていただく立場へと成長してきました。

一方で、世界に目を向ければ、データを活用した生産性や効率性の改善および革新を求める機運は確実に高まり続け、その実現のために必要な技術が次々と生み出され、その活用が期待されています。

今まさに、当社はその真価が問われる時代を迎え、ミッションの実現に向かって具体的に歩を進めるステージに入りました。
優れた頭脳を持つメンバーと一緒に、十分な実績と経験をもってチャンスに挑める自分を本当に幸運だと思っています。この機会をより多くの信頼できる仲間と共有し、いい未来いい社会を創っていきたいと思います。

会社概要

データ活用のリーディングカンパニーとして「人工知能時代」に挑む

2004年の創業以来、「データ」によるクライアント企業のビジネス創造と経営改善を支援してきた株式会社ブレインパッド。

同社は、「データ活用の促進を通じて持続可能な未来をつくる」をミッションとして、「ビッグデータ」という言葉もない時代から、一貫してデータの重要性に着目し続けてきたビッグデータ活用のリーディングカンパニーであり、業界シェアNo.1を誇るデジタルマーケティングのプラットフォーム事業も行っている。
500社を超えるデータ活用支援実績を通じて蓄積した経験・ノウハウは、他の企業を圧倒的に凌駕しており、2013年には東証一部上場を果たしている。

そのブレインパッドが、昨今の人工知能ブームを受け、新たな成長期(第二成長期)に入ろうとしている。

というのは、多くの企業において、「ビッグデータ」という言葉ではどこか他人事だったものが、「人工知能」という言葉の登場によって、データ活用の重要性が自分事化してきているからだ。ブレインパッドにとっては「ビッグデータ」も「人工知能」も「データの力をビジネス価値に転換すること」に違いないのだが、この状況は、同社の成長にとって大きな追い風となる。

人工知能を扱うプレイヤーには、「未成熟なアルゴリズムを研究して新たな人工知能技術を開発するプレイヤー」と、「既に利用可能なレベルにある人工知能技術を使ってビジネス価値に転換するプレイヤー」の2種類があり、ブレインパッドは後者を牽引する。

この先、人工知能を活用したいと考える企業は、まず、人工知能技術をどのように自社のビジネス価値に転換するのかというイメージを持って、大量のデータを戦略的に集め、ビジネスプロセスに組み込んでいくことが求められるが、この一連のプロセスを支援できる限られたポジションにいるのが、ブレインパッドである。

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

この情報を共有する

グループサービス

「ママ」も「キャリア」も楽しむ
女性のためのお仕事サイト

ママテラスはキャリアを積んだ女性が
ライフステージを問わず働ける企業を
マッチングするサービスです。

お仕事探し