株式会社Nextremer

AI・ブロックチェーン

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

会社概要

Nextremerは、人工知能(AI)の社会実装を目的に、自然言語処理を活用した対話システム構築事業と、画像認識・解析技術を用いたアルゴリズム構築事業を推進し、企業のAI活用を支援しています。また、それら2つの事業に関する先進技術の研究開発も行なっています。2015年4月に開発拠点としてNextremer高知AIラボを開設し、2016年8月には100%子会社の株式会社dataremer設立、AI開発企業向けコンテンツの提供事業を開始しました。地方自治体との連携も積極的に図っており、新たな地方のロールモデルとなっています。

会社名 株式会社Nextremer
代表者名 代表取締役CEO 向井永浩
設立年 2012年
所在地 東京都
社員数 31 〜 50人
特徴

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

会社HP http://www.nextremer.com/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

向井永浩 (代表取締役CEO)

岐阜県生まれ。2001年に金沢大学卒業後、大手国内メーカーにSEとして入社。2006年、シンガポール資本のITベンチャーに転職し、新規事業立ち上げ等に携わる。2012年10月、AI対話システムの研究開発を行うNextremerを創業。幅広い分野においてAIを用いた対話システム「minarai」の提供を行う。近年はオープンイノベーションも積極的に推進し、研究機関や大学等と対話テクノロジーの研究テーマにおいて共同研究などにも注力している。