アマテラスに登録して
求人情報を見る

株式会社HealtheeOne

ヘルスケア・シニアサービス

創業フェーズ(シード・アーリー)

地方スタートアップ

VISION

私たちの企業の使命は、「Healthy People, Healthy World.」世界のひとりひとりの健康第一のために、技術と知性で貢献することです。

顧客医療機関に対しては、医師が治療や指導といった本質的価値の提供に集中するための仕組み作りをすることで、「一般市民・医療従事者共に」心から満足できる診療現場を実現したいという思いがあります。

また地域社会に対しては、福島県いわき市発のICTサービス事業を発展させ国内外に提供することによって、風評に関係なく正当な対価を得、雇用を生み出す真の意味での復興支援を目指しています。

会社概要

医療機関の経営をサポートするサービスの提供を通じて、医療機関の生産性や経営力の向上に貢献している、ヘルステックベンチャーの株式会社HealtheeOne。

コロナ禍のはるか前から人口動態見通しによって明らかであるが、少子高齢化による生産年齢人口(就労世代の人口)の減少が急速に進んでいる。一方で医療を必要とする高齢世代の人口割合が相対的に大きくなることで、医療の需要(高齢世代人口)と供給(生産年齢人口)のギャップが2040年に向けて悪化し続けている。

こうした大きな社会課題に対して多くのヘルステックベンチャー企業はチャレンジしているが、当社は医療機関における付帯業務を効率化させる諸サービスを提供することで、医師や看護師にしかできない医療行為に集中してもらい、住民が安心して医療サービスを受けられる状況をつくることを目指している。当社が提供している独自サービスは、主に次の2つ。

①HealtheeOne コンプライアンス(病院・薬局向け)
病院は、診療報酬を請求するにあたり、細かく定められた「施設基準」を満たす必要がある。基準を満たしていないことが発覚すると「不正請求」とみなされ、診療報酬を返還しなければならず、現在その金額は毎年80~100億円にも及ぶ。この施設基準の管理はアナログで行われており、煩雑できちんと管理されていないケースが多い。本サービスは、施設基準管理業務を支援し、診療報酬返還リスクを軽減する。

②HealtheeOne コレクト(病院・クリニック向け)
現金決済が主流のクリニックにクレジットカードや電子マネー、QRコードといった多様な決済手段を提供。日本円を持たないインバウンド旅行者への対応も可能となり、より多様な患者への対応が可能となり収益力の向上にも資する。さらに、通常2~3カ月を要する診療報酬の入金までの時間を、同社が立て替え払いをすることで短縮化するサービスも提供している。

会社名 株式会社HealtheeOne
代表者名 代表取締役社長CEO 小柳 正和
設立年 2015年
所在地 福島県
従業員数 11 〜 30人
特徴

創業フェーズ(シード・アーリー)

地方スタートアップ

会社HP http://www.HealtheeOne.com

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

小柳 正和 (代表取締役社長CEO)

<学歴>
1995年:福島県⽴磐城⾼等学校 卒業
1999年:慶應義塾⼤学理⼯学部電気⼯学科 卒業(⼯学⼠)
2009年:フランス・HEC Paris School of Management 修了(MBA)

<職歴>
1999年〜2011年:伊藤忠商事株式会社
情報通信・メディア事業における事業戦略の⽴案と遂⾏を担当
▼ 伊藤忠の携帯電話販売事業の分離独⽴戦略を⽴案/実⾏して上場。(現、東証1部上場・コネクシオ社)
▼ 携帯電話保険事業を⽶国企業との合弁(Asurion社)で⽴ち上げから参画。保険サービスの設計と運営及びビッグデータ解析を活⽤したリスクマネジメントと顧客満⾜度の極⼤化に従事。NTTドコモ向けのサービス開始から5年で3千万加⼊、顧客満⾜度95%を達成。

2011年〜2016年:Midokura (スイス・ローザンヌ市; ネットワーク仮想化ソフトウェア開発ベンチャー)
Vice President of Corporate Development
▼ 創業メンバーの⼀⼈としてアジア・北⽶カリブ・欧州に現地法⼈を設置し、Virtualでの⼀体経営体制を確⽴
▼ 産業⾰新機構、富⼠通、NTT等と事業提携や資本提携を推進。総額US$40Mを超える資⾦調達を取りまとめる

<その他>
特定非営利活動法人グリーンバード Parisチーム設立メンバー
元 一般社団法人いわきスポーツクラブ(いわきFC) 理事