Hmcomm株式会社

AI・ブロックチェーン

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

VISION

企業理念:
音声から価値を見出し社会発展の推進エンジンである企業グループを目指します

ミッション:
我々のソリューションは、産総研の技術コアをベースとするものの、最先端の深層学習技術と
ビッグデータ分析知見に基づいて日々研究開発を行い発展させ、あらゆる業界にニーズに
マッチした高速で高精度な認識分析結果をお客様に提供してまいります。

会社概要

世界の研究現場で培われている最先端の音声認識技術を国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下、産総研)の技術支援を受け、音声認識に特化したクラウド・プラットフォーム「The VOICE JP」として実用化を行いました。「The VOICE JP」を通じて、膨大な非構造化データを構造化データに変換(テキスト化)し、テキスト化されたデータに対して、検索、分析や多言語へ翻訳を行うことを可能とします。音声認識や画像認識などの機会学習系は、たくさんの教師学習データを必要とすることから、Vcowd(クラウドソーシング型の音声データの教師学習作成サービス)などユニークな事業も展開中です。

会社名 Hmcomm株式会社
代表者名 代表取締役CEO 三本幸司
設立年 2012年
所在地 東京都
社員数 11 〜 30人
特徴

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

会社HP http://www.hmcom.co.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

三本幸司 (代表取締役CEO)

1986年 富士ソフト入社。2012年に独立して現Hmcomm株式会社を立ち上げる。
非構造化データの分析に着目して2014年に国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下、産総研)技術移転ベンチャーの称号を受ける。ディープラーニング等最新の学習アルゴリズムを搭載した音声認識技術日本語音声認識のディープラーニングの実用化及び人工知能との融合に挑む。

メンバー

  • 熊切凌平

    2013年 東京大学文学部卒業
    2013年 システム開発会社に入社
    入社後は機材管理システム、番号管理システム、求職者・求人レコメンド等数多くの設計・開発に関わる。
    2017年Hmcomm株式会社入社