スタートバーン株式会社

AI・ブロックチェーン

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

VISION

アートは時代とともに内容も社会との関係もマーケットの形も変わり続けています。そしてテクノロジーの大幅アップデートが行われた時代にはアートも大きく変わります。

科学とテクノロジーが未曾有の発展を遂げている現代。そこで生まれるであろう大きなムーブメントを受け止める環境を作るというのがスタートバーンのミッションです。

今後AIやVR技術が発展し、さらにペイメントのシームレス化、微細化(e.g. ナノペイメント)とともにアートは内容もマーケットも大きく変わることと思います。そんな未来に向けて、アートが現在のような文化としてだけでなく、重要な人々の経済活動のツールとして、さらにQOL向上の必需品となるよう世界に先駆けて率先して環境づくりを行っていきます。

会社概要

未来を見据えたアートの環境づくりを行っています。ブロックチェーン(スマートコントラクト)を活用し、アーティストから美術館までアートに関わる人に向けた流通の仕組みを開発・提供しています。

EthereumでのSmart Contractの開発により、パブリックチェーン上にアート・ブロックチェーン・ネットワークを構築するため2019年現在はテストネット上での提供、日本国内・アジア圏のアート関連企業との協業を進めております。

会社名 スタートバーン株式会社
代表者名 代表取締役 施井泰平
設立年 2014年
所在地 東京都
社員数 11 〜 30人
特徴

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

会社HP http://startbahn.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

施井泰平 (代表取締役)

1977年生まれ。少年期をアメリカで過ごす。東京大学大学院学際情報学府修了。2001年に多摩美術大学絵画科油画専攻卒業後、美術家として「インターネットの時代のアート」をテーマに制作、現在もギャラリーや美術館で展示を重ねる。2006年よりstartbahnを構想、その後日米で特許を取得。大学院在学中に起業し現在に至る。東京藝術大学での教鞭を始め、講演やトークイベントにも多数登壇。特技はビリヤード。

メンバー

  • 土方雄太 (CTO)

    ケンブリッジ大学数学部純粋数学科卒業。
    最高技術責任者
    1990年生まれ。フロントエンド、バックエンド両方の理解があり、かつコンテンツマネージメント能力や日本語のみならず英語でのコミュニケーション能力も高い。

  • スラメット クリスタント (エンジニア)

    東京大学大学院学際情報学府博士後期課程在籍。
    1989年インドネシア生まれ、来日8年目。学際情報学府総合分析情報学コース坂村/腰塚研究室所属。IoT関連技術からスマホアプリ、ウェブアプリまでほぼ全ての言語やデバイス環境に対応するエンジニアリング能力を持つ。

  • 波多野智也 (COO)

    千葉県印西市出身。音楽学校卒業後、作曲家に師事し劇伴作家見習いとして活動。2003年からIT業界でウェブマーケティングや事業企画、広報を経験、頓智ドット株式会社、アスタミューゼ株式会社を経て、ブロックチェーンをベースにした新しい教養と文化の可能性を感じ、2018年にスタートバーンに参画。事業推進と組織作りを担う。趣味は楽器演奏(5弦ベース・指弾き)と音楽鑑賞