アマテラスに登録して
求人情報を見る

TVISION INSIGHTS株式会社

IoT

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

英語力を活かせる環境がある

VISION

インターネットが普及するに伴い、テレビはあまり見られていない・衰退していると言われていますが、本当でしょうか?

マーケティングツールとして見た時、テレビとインターネットでは決定的な違いがあります。
それは、「情報のフィルタリングがあるのか、ないのか」ということです。

多くの方は、目的をもってインターネットを使います。その反面、得られる情報は、目的に関連した範囲に限定されてしまい、無関係な情報は表示されないか、もしくは表示されても「ノイズ」としてみなしてしまうことが多くなります。
その結果、認識を強くすることはできますが、認識の幅を広めることは弱まってしまいます。
インターネットと比較して、テレビは情報を意識的に得る力ではインターネットに劣りますが、裏を返せば、フィルタリングがあまり働かないため、色々な認知を広めることができます。

私たちは、テレビが衰退している・もしくは必要とされなくなったとは捉えていません。
「テレビのちから」を測る指標(データ)が、世の中の動きに十分についていけていないのだと考えています。

米国で同時設立されたTVISIONでは、テレビに限らずネット広告や別のデータとの接続など、様々なデジタルマーケティングへのチャレンジも始めています。アメリカではすでに約10億円の資金調達を行っており、今後もメディアマーケットを圧倒的に進化させることをミッションに、日本でも2兆円弱の規模を誇るテレビメディア広告市場を進化させるべく、TVISIONはこれまでに無かった指標を投入していきます。

会社概要

弊社は、テレビの「視聴質」を計測する会社です。
TVisionが開発した最先端の人体認識技術を活用し、リビングルームでのテレビの視聴態勢を取得してデータ化する手法は世界的にも稀であり、既存にはない極めてユニークなデータセットを創業以来取得・蓄積してきました。
現在はグローバルに拠点を広げ、東京・ボストン・ニューヨークにて展開しています。
異なる市場でのチャレンジに挑みつつ、テレビの持つ本来のポテンシャルを顕在化すべく、急速な成長を続けております。

会社名 TVISION INSIGHTS株式会社
代表者名 代表取締役 郡谷 康士
設立年 2015年
所在地 東京都
従業員数 31 〜 50人
特徴

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

英語力を活かせる環境がある

会社HP https://tvisioninsights.co.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

郡谷 康士 (代表取締役)

東京大学法学部卒
マッキンゼー・アンド・カンパニーにて、事業戦略・マーケティング戦略案件を数多く担当。
リクルート中国の戦略担当を経て、上海にてデジタル広告代理店游仁堂(Yoren)創業。
2015年よりTVISION INSIGHTS (TVision)を創業し、代表取締役に就任。

メンバー

  • 森下 光之助 (データサイエンティスト マネージャー)

    東京大学大学院 経済学研究科修士課程 卒

    AIベンチャーを経て、2018年 TVISION INSIGHTSにジョイン。
    テレビの視聴データを分析をしています。クライアントにとっての重要な課題は何か、課題を解決するためには何をすればいいか、課題をどうやって統計分析に落とし込むか、また分析結果をどう見せればわかりやすく伝えられるかを考えています。

  • 福島 江里奈 (カスタマーサクセス(データコンサルタント))

    青山学院大学 社会情報学部 卒

    カタログ通販会社やマーケティングコンサルティング会社を経て、2019年 TVISION INSIGHTSにジョイン

  • ひがしの あきひろ (カスタマーサクセス マネージャー)

    京都大学 卒業

    ECサイト運営企業にて3年間営業に従事したのち、コンサルティングファームにて経営コンサルティング業務に3年間従事。テレビが大好きなことがきっかけでTVISION INSIGHTS株式会社にジョインし、クライアントへの分析の提供などを担うカスタマーサクセスにて、広告主、広告会社、放送局の課題解決に努める。