iHeart Japan株式会社

新素材・バイオテクノロジー

創業フェーズ(シード・アーリー)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

地方スタートアップ

VISION

細胞医薬を実現し、心臓移植が要らない社会を作る。

細胞医薬を普及させ、「特別な治療」から「当たり前の治療」に変える。

会社概要

京都大学のiPS細胞分化誘導技術を応用して、心臓の再生医療をおこなうベンチャー企業です。
京都大学の動物実験にて、高い心機能回復効果を発揮することが確認されています。

心臓移植が必要なほど重篤な心不全患者が約20万人いるのに対して、年間に実施される心臓移植は約50件です。
私たちが開発している心血管系細胞の多層体が完成すれば、20万人全員さえ治療できるようになります。
現状、細胞医薬はまだ十分に浸透しておらず、誰でも気軽に受けようと思える治療とは言えません。
体調を崩したときに点滴を打つぐらいの気軽さで、細胞医薬による治療を受けられる社会の構築を目指します。

会社名 iHeart Japan株式会社
代表者名 代表取締役 角田 健治
設立年 2013年
所在地 京都府
社員数 11 〜 30人
特徴

創業フェーズ(シード・アーリー)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

地方スタートアップ

会社HP http://iheartjapan.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

角田 健治 (代表取締役)

8年間にわたり、日本、北米、西欧を中心とし、バイオテクノロジー分野のVC投資を担当。ベルギーの細胞治療ベンチャーであるPromethera Biosciencesの取締役を務めた。2013年、iHeart Japan株式会社を設立し、代表取締役に就任。
京都大学大学院農学研究科修士課程修了、京都大学農学部卒業。

メンバー

  • 鈴木学 (取締役)

    日科機バイオス株式会社 代表取締役。以前は、アプライドバイオシステムズジャパン株式会社 代表取締役 社長。

  • 三澤宏之 (取締役)

    株式会社ティッシュエンジニアリングイニシアティブ、株式会社TEIを経て、日本アジア投資株式会社ゼネラルマネージャー。みやこキャピタル株式会社 投資パートナー。