株式会社メタジェン

ヘルスケア・シニアサービス

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

地方スタートアップ

VISION

“最先端科学で病気ゼロを実現する”

医療の発展により平均寿命が延伸する現代社会において、病気を予防し健康に生涯を全うすることが大切であると考えています。

私たちは、病気の発症や予防に関連する因子の分子メカニズムを最先端科学により解明し、世界中の人々が健康で幸せに暮らすことのできる、病気ゼロ社会の実現を目指しています。

会社概要

健康維持や疾患予防、治療における腸内環境の重要性が明らかとなり、日本に限らず世界中で腸内環境研究が進められ、次々に新たな知見が報告されています。

しかしその一方で、貴重な研究成果が日常生活へ存分に活かされているとは言い切れない側面もあり、研究者として葛藤を抱えていました。

そのような研究と実生活の乖離を埋め、基礎研究の成果を社会へ還元するために私たちは活動しています。

【事業内容】
病気ゼロ実現のために私たちが焦点を当てたのは、腸内細菌です。私たちの腸内におよそ100兆個も生息しているとされ、病気の発症や健康維持に密接に関わっています。

腸内環境は人により大きく異なるため、多種多様な腸内環境を評価するには、腸内細菌の遺伝子情報解析(メタゲノミクス)と腸内の代謝物質解析(メタボロミクス)、そこから得られた情報の統合解析(バイオインフォマティクス)の技術が重要になります。

そこで私たちは、それらの技術を統合した独自の腸内環境評価技術「メタボロゲノミクス®」を確立し、上記の技術単体では成し得ない”腸内環境の制御”までを念頭に置いた腸内環境解析を行っています。

(1)最先端技術と臨床試験を用いた研究開発事業
メタボロゲノミクス®を駆使し、食品摂取における腸内環境への複雑な影響を評価します。腸内細菌叢や腸内代謝物質だけでなく、様々なメタデータの統合解析を行います。

(2)試験運用・データ解析についてのコンサルティング事業
各企業が実施した臨床試験や動物実験の過去データをもとに、弊社の知見を活かした再解析や新たな研究計画の立案などのコンサルティングを行います。

(3)有用素材のスクリーニング事業  
弊社の培養・評価技術を活用し、各企業が持つ新規素材候補中から有用素材をスクリーニングし、商品開発をサポートします。

(4)腸内デザイン推進事業
多種多様な腸内環境タイプに合わせた個別化ヘルスケア「腸内デザイン」を推進し、病気ゼロ社会の実現に向けた「腸内デザイン応援プロジェクト」を実施しています。参画企業との連携を図り、腸内環境研究に関する最新情報の共有、共同研究開発に向けたディスカッションなどを行います。

法人向けサービスに限らず、将来的には個人向けサービスの展開も予定しています。さらには、アジア諸国をはじめとした国外でも各事業を展開していく見通しです。


【求める人物像】
複雑な腸内環境を理解するためには異分野の知見が欠かせません。微生物学・情報工学・数理生物学・生理学・免疫学・医学・農学・生態学など、様々な分野と結びついているため、そのような幅広い分野からの応募を歓迎します。

研究で世界に貢献したい!病気ゼロ社会を実現したい!
私たちは、そのような想いを持った仲間と共に、新しい未来を創りたいと思っています。

会社名 株式会社メタジェン
代表者名 代表取締役社長CEO 福田 真嗣
設立年 2015年
所在地 山形県
社員数 11 〜 30人
特徴

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

地方スタートアップ

会社HP https://metagen.co.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

福田 真嗣 (代表取締役社長CEO)

2006年、明治大学大学院農学研究科博士課程を卒業後、理化学研究所基礎科学特別研究員などを経て、2012年より慶應義塾大学先端生命科学研究所特任准教授。2015年より科学技術振興機構さきがけ研究者、2016年より筑波大学医学医療系客員教授、2017年より神奈川県産業技術総合研究所グループリーダーを兼任。2013年文部科学大臣表彰若手科学者賞受賞。2015年文部科学省科学技術・学術政策研究所「科学技術への顕著な貢献2015」に選定。同年、ビジネスプラン「便から生み出す健康社会」で第1回バイオサイエンスグランプリにて最優秀賞を受賞し、株式会社メタジェンを設立。同年、株式会社メタジェン代表取締役社長CEOに就任。専門は腸内環境制御学、統合オミクス科学。

メンバー

  • 山田 拓司 (取締役副社長CTO)

    2006年、京都大学大学院理学研究科博士課程終了。博士(理学)。京都大学化学研究所特任助手、欧州分子生物学研究所研究員、東京工業大学大学院生命理工研究科講師を経て、2016年より東京工業大学生命理工学院生命理工学系准教授。2015年、メタジェン取締役副社長CTO就任。専門は生命情報科学。