株式会社Splink

ヘルスケア・シニアサービス

創業フェーズ(シード・アーリー)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

VISION

脳科学とテクノロジーを通じて、人々の生活を豊かにする

会社概要

高齢化課題先進国である日本から世界最先端の健康モデルを作るべく「長く、快適に、安全に生きられる国」を目指しています。

身体の健康だけではなく“脳健康”を見える化し、各人が持つ健康課題を医学的・科学的に解決する事で人々の生活を豊かにするため、認知症リスク超早期発見を実現するクラウドサービスを企画・開発しています。
認知症は誰しもが平等になる病気、治療方法のない病気、とされてきました。しかし、最近の脳科学研究では、疾病リスクの早期発見及び予防介入により疾病を未然に防ぐことができることが明らかになっています

当社は、世界的な高齢化が進む中で、日本ならではの技術開発をしています。
認知症という社会課題に対して、人々の脳疾患への考え方を覆すような技術開発を進めていきます。

会社名 株式会社Splink
代表者名 代表取締役 青山 裕紀
設立年 2017年
所在地 東京都
社員数 10人以下
特徴

創業フェーズ(シード・アーリー)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

会社HP http://www.splinkns.com/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

青山 裕紀 (代表取締役)

慶應義塾大学法学部卒業後、株式会社キーエンス入社。
入社二年目時、全社営業ランキング1位を受賞。同社史上最年少にて営業マネージャーとして国内営業拠点及び海外現地法人にて営業組織作りに従事。シカゴ駐在時以降、北米三大世界自動車メーカーの世界戦略プロジェクト責任者、その後ブラジル現地法人立上げ、メキシコ現地法人責任者等を歴任。シリコンバレーVC・Draper Nexus Venture PartnersにてEiR (Entrepreneur in Residence)を経て、2017年瀧と共に株式会社Splinkを創業。ダートマス大学経営修士終了。

メンバー

  • 瀧 靖之 (CSO(Chief Science. Officer 最高科学責任者))

    医師、医学博士。放射線科専門医、核医学専門医。日本核医学会評議員、日本老年医学会代議員。東北大学スマート・エイジング学際重点研究センター・副センター長、東北大学加齢医学研究所・機能画像医学研究分野・教授、東北大学東北メディカル・メガバンク機構・地域医療支援部門・脳画像解析医学分野・教授。東北大学医学部卒業、東北大学大学院医学系研究科博士課程修了後、東北大学病院医員、東北大学加齢医学研究所助教、准教授を経て、平成24年より現職。東北大学にて小児~高齢者の脳 MRI画像を用いたデータベースを作成し、脳の発達や加齢のメカニズムを明らかにする研究者として活躍。「脳の発達と加齢に関する脳画像研究」「睡眠と海馬の関係に関する研究」「肥満と脳萎縮の関係に関する研究」など多くの論文を発表。学会賞、論文賞受賞は8回に及ぶ。2017年青山と共に株式会社Splinkを創業。