ギリア株式会社

AI・ブロックチェーン

創業フェーズ(シード・アーリー)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

VISION

インターネットによりコンピューター産業は飛躍的に拡大し、更にモバイルフォンの普及を通して、より重要な社会インフラとなりました。企業も個人もインターネットをあたりまえのこととして使い、存在さえ空気のように意識しなくなっています。
このインパクトと同等もしくは更に大きな影響を与える可能性をもつものが、AI(人工知能)です。実用化は急速に進みつつあり、新たな社会インフラとなるでしょう。

GHELIAは、このようなAI時代の本格的な到来をにらみ、最先端の深層学習技術を誰もが自在に使いこなすことのできるように、具体的なソリューションを提供しながら、より広く多くの人々がAIの恩恵を受けられるようにすることを目指しています。

会社概要

最先端の深層学習技術を使ってクライアント企業の課題解決や付加価値アップに貢献するAIソリューションの提供を行っています。これまでのクライアントは金融機関、医療業界、建設業界などの一部上場企業です。
最初に、POC (Proof Of Concept)で、AIによる課題解決の効果を確認していただいたのち、パートナー企業として具体的な協業へと進んめています。
一方で、AIの学習には、適切な教師データと多大な計算リソースが必要なため、グループにテータ作成の専門会社を持つと共に、オンサイトで扱えるハイエンドPC/サーバとしてのDeep Station、またAIの開発·訓練·検証ができるソフトウェアDeep Analyzer の販売もしています。
AI開発に必要な要素を一気通貫で用意し、それぞれのニーズに合った最適なソルーションを提供しています。

会社名 ギリア株式会社
代表者名 代表取締役社長 清水 亮
設立年 2017年
所在地 東京都
社員数 51 〜 100人
特徴

創業フェーズ(シード・アーリー)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

会社HP https://ghelia.com/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

清水 亮 (代表取締役社長)

電気通信大学在学中に米Microsoft Corp.の次世代ゲーム機向けOSの開発に関わり、1998年末に株式会社ドワンゴ入社。
1999年に同社で携帯電話事業を立ち上げる。
2002年退社し、米DWANGO North America Inc社副社長を経て2003年独立。
2005年、独立行政法人情報処理推進機構により、天才プログラマー/スーパークリエイターとして認定される。深層学習簡易言語Deelや深層学習GUI環境DEEPstationを開発。
近年は深層学習を中心とした人工知能分野を重点的に研究する。著書に「教養としてのプログラミング講座」など
2017年 東京大学工学部先端科学技術研究センター客員研究員に就任

メンバー

  • 北野 宏明 (取締役会長)

    1984年国際基督教大学教養学部理学科(物理学専攻)卒業後、日本電気(株)に入社、ソフトウエア生産技術研究所勤務。
    1988年より米カーネギー・メロン大学客員研究員。1991年京都大学博士号(工学)取得。
    1993年ソニーコンピュータサイエンス研究所入社。1996年同シニアリサーチャー、2002年同取締役副所長、2008年同取締役所長、2011年同代表取締役社長。1998年10月~2008年9月、科学技術振興事業団ERATO北野共生システムプロジェクトとその後継プロジェクトの総括責任者兼務。
    2001年4月、特定非営利活動法人システム・バイオロジー研究機構を設立、会長を務める。公益財団法人がん研究会 がん研究所 システムバイオロジー部 部長。学校法人沖縄科学技術大学院大学学園教授。理化学研究所 統合生命医科学研究センター 疾患システムモデリング研究グループ グループディレクター。慶應義塾大学大学院理工学研究科客員教授。ロボカップ国際委員会ファウンディング・プレジデント。
    2016年6月よりソニー株式会社執行役員コーポレートエグゼクティブ。