株式会社スカイマティクス

IoT

創業フェーズ(シード・アーリー)

自社プロダクト/サービスがある

VISION

スカイマティクスはSky(空)+Informatics(情報)+X(無限)に由来し、「空から無限の情報」を世の中に届ける会社でありたいという想いを込めて設立しました。

上空から見ることで、地上では見えないモノを見れるようにしたい。
上空から撮影したデータを、お客様にとって価値ある情報にしたい。
上空を使うことで、もっと効率的にモノゴトを解決したい。

「あらゆる産業の課題をリモートセンシングで解決する」という信念と使命をもって、そしてリモートセンシングデータの活用が産業界での日常となる世界を目指して、私たちはお客様に空から無限の情報を届けるべく前進してまいります。

会社概要

リモートセンシング・AIなどの最先端技術とドローンから取得されるデータを組み合わせて、産業界に新たな価値を提供するリモートセンシングサービスを企画・開発・販売をしています。
リモートセンシングとは衛星やドローンなどで遠隔から対象を測定する技術全体を指しています。リモートセンシングによって得たデータを活用することで、産業界が抱えるさまざまな課題の解決を目指しています。

葉色解析サービス『いろは』は手のひらに、いつでも葉の色をドローン画像より作物の状態を見える化。精密栽培のもとになる葉色情報を最大限に有効活用。人が農地を歩く代わりに自動で収集し、雑草・害虫・倒伏・生育ムラなど、どんな圃場でも農家の目の代わりになることで、生産性の向上に貢献します。

農薬散布サービス『はかせ』は10Lの農薬散布が可能な防水対応モデルX-F1。ドローン操作に不慣れな方でも簡単に操作でき、予め設定したフライトプランに従い飛行を支援するアシストモードを実装する次世代の農薬散布機。ドクター(はかせ)のように、適切な処方によって病気から大切な圃場を守るお手伝いをします。

『くみき』はドローンで撮影した連続写真データをクラウドにアップロードするだけで、短時間かつ自動的に3Dデータを生成し、ユーザーへ提供することができるクラウドサービスです。作成する成果物はオルソ画像、DSM(標高差)画像、点群データ等で、Webアプリケーションの機能を使って高度、距離、面積、体積、角度、断面などの情報を任意に計測・確認することができます。

誰もが簡単にドローンを使って自身の課題を解決できるよう、ハードウエア、アプリケーション、そしてクラウドサービスをパッケージにしたサービスを提供していまいります。

会社名 株式会社スカイマティクス
代表者名 代表取締役CEO 渡邉 善太郎
設立年 2016年
所在地 東京都
社員数 11 〜 30人
特徴

創業フェーズ(シード・アーリー)

自社プロダクト/サービスがある

会社HP http://skymatix.co.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

渡邉 善太郎 (代表取締役CEO)

三菱商事入社後、宇宙事業領域にて衛星画像販売事業や位置情報サービス事業の新規事業立上げ、M&Aに従事。培ったリモートセンシング・位置情報サービス分野のビジネス・技術の知見を生かし、様々なお客様や業界が「上空をもっとうまく使い、モノゴトを効率的に解決する手伝いがしたい」との考えのもと、産業界にリモートセンシングサービスを普及させるべく、2016年10月に Sky(空)+Informatics(情報)+X(無限)に由来し、 「空から無限の情報」を世の中に届ける会社でありたいという想いを込めて、株式会社スカイマティクスを設立。

メンバー

  • 植田 英明 (代表取締役CEO)