FLENS株式会社

教育・Edtech

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

自社プロダクト/サービスがある

VISION

私たちは、「学びの場」 をオープンにすることで、こどものやる気を飛躍的に高め、一人一人の可能性を最大限に引き出します。

我々は、タブレットを使って、子どもたちを繋げていきたい。かつ、子どもたちと社会を繋げていきたいと思っています。子どもがいちばん刺激を受けるのは、やはり子どもたちのつながりであり、良い場を提供するというのが、親や先生そして社会の最大の役割。我々は、「学びの価値を高める場を提供していく」というビジョンがあり、それに付随するサービスを今後展開していきたいと思っています。ただ、各塾さんや教育機関がインフラを入れる際に、何に使うのかというのが見えないと、導入してもらうのは難しいので、まずはFLENSのような「ドリルが対戦型で出来ます、モチベーションが上がります」という分かりやすいタブレットを活用できるサービスから入ってもらう。今、我々が提供しているサービスは、我々のやりたいことをやるための入口をこじあけるツールであり、それによってインフラが入ると、世界中の子どもたちを繋げることができる。

例えば、子どもが何かに興味を持った時に、同じ夢を持つ人が近くにいれば、インスパイヤーされていく。身の回りでは出会えなかったとしても、インターネットという大きな世界があれば、遠く離れたところで「僕も、私も」という声が上がり、「こういう本や映画が良かったよ」「こういうイベントやっているよ」と繋がっていける。そういう場を提供したいと思っています。

会社概要

タブレットを活用して全国の教室をネットワークで結ぶ、リアルタイムの対戦型の学習サービスを開発・運用しています。
学校、学習塾、家庭において、子供が自ら興味・関心を持ち、目標を持って学習に取り組む姿勢を育むことを大切にしています。
閉鎖的な教育現場をネットワークを活用し、オープンな「学びの場」へと進化させる画期的な学習サービスです。
また、タブレットとネットワークの活用により、事務・管理業務における先生方の負担を大幅に軽減し、教育効果の高い仕事に集中できるようになります。
海外展開も進め、2025年にアジア地域でNo1の学習プラットフォームを目指しています。

会社名 FLENS株式会社
代表者名 代表取締役社長 大生 隆洋
設立年 2012年
所在地 東京都
社員数 11 〜 30人
特徴

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

自社プロダクト/サービスがある

会社HP https://flens.ne.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

大生 隆洋 (代表取締役社長)

『志有れば、道、自ら開く』『人生に主体性を!』をテーマに教育業界で活動する。 中学時代は新聞配達をしながら進学塾に通い、15歳で親元を離れ九州から上京する。 (株)湘南ゼミナールで8年間、教師、マネジャー、事業部長を経験し、その後10年間を経営企画部長、取締役として教育サービス企業の経営を経験する。 2008年から2010年の2年間グロービスでビジネスを学ぶ。(経営学修士:MBA) 2012年9月からは、FLENS株式会社をスピンオフベンチャーとして起業。ネットワーク×タブレット×反復学習を第一弾サービスとして、open-ラーニングという新たな教育メソッドで教育業界の革新を目指す。 現在はFLENS株式会社 代表取締役社長。

メンバー

  • 小泉 雅大 (取締役)