株式会社学びエイド

教育・Edtech

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

自社プロダクト/サービスがある

VISION

「生徒の学力を本気で上げる」ということへの挑戦

会社概要

「2016年4月にサービスを開始、一般ユーザー向けサービス「学びエイド」と塾・学校向けサービス「学びエイドマスター」を運営しています。2年も経たずして、今や会員2万4000人、導入塾500校、講師100名、コンテンツ2万本にも上る一大オンライン学習プラットフォームへと成長しました。
「学びエイド」は、教材に特化した映像授業を作りたいと考えた結果、生み出されたもので「音声付き参考書」とも言える、トップ予備校講師 100 名(『鉄人講師』)の動画講義を配信するサービスです。約5分にまとめられた20000本超の動画によりピンポイントの学習を可能とします。
学習塾向けサービス「学びエイドマスター」はサービス開始から約2年で630塾に導入され、参考書と動画を紐づけた「参考書ガイド」や塾運営を円滑にする「生徒管理」、入退出管理システム「登下守」など、学習動画だけではない学習塾のインフラとしての機能も充実しています。
低料金定額制の高品質な動画授業を提供することで、より多くの生徒の学習をサポートしていきたいと考えています。

会社名 株式会社学びエイド
代表者名 代表取締役 廣政 愁一
設立年 2015年
所在地 東京都
社員数 11 〜 30人
特徴

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

自社プロダクト/サービスがある

会社HP http://corp.manabi-aid.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

廣政 愁一 (代表取締役)

「株式会社学びエイド」代表取締役社長。元予備校講師(東進ハイスクール・河合塾)。担当科目は英語。予備校講師時代、生徒の人気投票で7年連続1位をキープ。その後、教育ビジネスを立ち上げ(「RGBサリヴァン」前代表取締役社長)、放課後の高校校舎を借り、その学校の生徒に勉強を教えるという「学校内予備校」経営のパイオニアとなった。当時、「リアルドラゴン桜」と呼ばれる。現在は、現役の予備校講師や学校教員にも勉強法の指導を行う「先生の先生」としても活躍中。