株式会社Live Smart

IoT

創業フェーズ(シード・アーリー)

VISION

「世界中の人々が抱える課題を解決する新しい社会インフラになる」
Live Smartは、高齢化社会における不安の解消、家事や子育てにおける負担軽減、日常生活で抱えるストレス軽減など、世界が日々直面している多くの社会課題を解決するために、生活空間におけるサービスプラットフォームを提供することで、新しい社会インフラを目指します。

会社概要

生活空間におけるサービスプラットフォーム事業を展開し、スマートライフを実現するIoTサービスを提供しています。

個人向け事業として「LS Mini」のデバイスを中心に、アプリやスマートスピーカーから家電を操作できるプラットフォーム「LiveSmart」のソフトウェア開発を行っています。
LS Miniは、家にお持ちの家電をAI搭載家電にすることができます。寝苦しい夏の日に快適な睡眠環境を自動で構築します。また、外出先からスマートフォンでエアコンを操作したり、Amazon Echo(アマゾンエコー)やGoogle Home(グーグルホーム)に話しかけてテレビや照明を操作することもできます。

また、法人向けに、より多くの通信規格との接続ができる「LS Hub」のデバイスを中心に、デベロッパー様向けに管理画面やライフアシスタントボットのソフトウェア開発を行っています。より快適で質の高い生活を実現し、自由で心豊かな社会を創るために、人々の生活空間におけるナンバーワンIoTプラットフォームとなることを目指しています。

会社名 株式会社Live Smart
代表者名 代表取締役CEO ロイ・アショック
設立年 2016年
所在地 東京都
社員数 10人以下
特徴

創業フェーズ(シード・アーリー)

会社HP https://www.livesmart.co.jp/pages/company

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

ロイ・アショック (代表取締役CEO)

1971年インド・オリッサ州生まれ。インド工科大学卒、米国ペンシルベニア大学・経営大学院・ウォートンスクールMBA取得。米国投資銀行勤務後、米国インテリグループ(年商1.8億ドルのITサービス企業)副社長、2003年にSycamore Ventures(3.2億ドルの運用資産を有する米中をターゲットとしたPEファンド)勤務、パートナーを務める。06年に米国India STAR(インドにフォーカスした1億ドル規模のPEファンド)共同ファウンダー&パートナー。2011年大和クオンタム・キャピタル株式会社マネージングディレクターを務める。