株式会社 CambrianRobotics

IoT

創業フェーズ(シード・アーリー)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

VISION

“Optimize the World with Technology”

会社概要

CambrianRoboticsはIoTのバリアフリー化を進め、すべての人がもっと簡単にIoTの恩恵を受けられる世界を目指しています。
そして、「obniz(オブナイズ)」というIoTのためのクラウドサービス「obniz cloud」やプラットフォームデバイス「obniz board」、それらを使ったkitを企画開発・運営しています。

「obniz(オブナイズ)」とは、電子回路や製品をインターネットに接続し操作を可能にするIoTオールインワンサービスです。
インターネット経由でどんなプログラム言語からでも電子回路を制御できるようになる新しい仕組みのサービスで、世界で唯一ハードウェアからクラウド上APIまでを全て提供しています。これにより機器のIoT化も圧倒的に早くかつセキュアに行うことができます。

また、それだけでなく「ブラウザ上でプログラム」も可能になることで敷居をさげることができ、プログラム教育での利用や電子工作など趣味の世界などのものづく
りツールとしての利用も可能です。

・自社開発の電子回路とクラウドサービスを提供
・obnizの仕組みは2017年から開発開始。日本で特許取得済み/US出願中
・kickstarterで2018年1月に達成後、2018年5月から一般販売開始、8月に単月経常黒字を達成
・販売開始から半年で数千台の販売実績

〔obnizを応用したサービス展開〕
・「obniz make」DIYなど趣味のツールとしての事業
・「obniz education」 プログラミング教材として。企業の研修も支援
・「obniz solution」 企業のobnizの導入支援やIoTの共同開発

これから開発を続けると共に、各取り組み領域へのより深いリーチ、そして海外への展開をより強化していきます。

会社名 株式会社 CambrianRobotics
代表者名 CEO | Co-Founder & Engineer 佐藤雄紀
設立年 2014年
所在地 東京都
社員数 10人以下
特徴

創業フェーズ(シード・アーリー)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

会社HP https://obniz.io/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

佐藤雄紀 (CEO | Co-Founder & Engineer)

早稲田大学創造理工学部卒。在学中に木戸とアプリ「papelook」を開発、創業。12年、株式会社Spotlightに参画。超音波技術を用いたビーコンデバイスやアプリの開発にエンジニアとして携わり、M&Aを経験。14年電子回路のAPI化を進めるため、株式会社CambrianRoboticsを創業、obnizを発案。電子工作・プログラムは子どもの頃から親しんでいる。

メンバー

  • 木戸 康平 (Co-Founder & Engineer)

    早稲田大学大学院創造理工学研究科卒。在学中に佐藤とアプリ「papelook」を開発、1000万ダウンロードを達成。卒業後大手通信会社に入社、物流の最適化を担当。IoTを自らの手で発展させるべく、18年、株式会社CambrianRoboticsに参画。学生時代にロボコンに没頭していく中でハードウェア・ソフトウェアの両面を学ぶ。

  • 鈴木 将 (Engineer)

     

  • 徳毛郁子 (Creative Director)