アマテラスに登録して
募集案件を見る

ニューラルポケット株式会社

AI・ブロックチェーン・量子

拡大フェーズ(シリーズB、C)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

VISION

AIエンジニアリングで未来の社会を形にする

会社概要

画像や動画における物体検知、種別分類、空間認識や人体・動態解析、表情・閲覧解析などの多様なAI技術を独自に開発・保有しています。
同時に、AI解析により得られたビッグデータを、専用のデータアナリティクスプログラムで解析し、空間情報や人の属性情報を定量化・可視化することで、新規サービス構築や付加価値づくりに活用するサービスを提供しています。

具体的には、
①AIを用いたファッション・コーデの解析技術を活用したファッションのトレンド予測やアパレルのEコマースやカスタムオーダー、アパレル企業の需要予測やMD最適化
②鉄道事業者や商業施設向け、消費者属性・動態・ファッションセグメント解析サービス
③スマート広告。デジタルサイネージのターゲット広告プラットフォームの提供
等のサービスを提供。

会社名 ニューラルポケット株式会社
代表者名 代表取締役社長 重松 路威
設立年 2018年
所在地 東京都
社員数 11 〜 30人
特徴

拡大フェーズ(シリーズB、C)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

会社HP http://www.neuralpocket.com/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

重松 路威 (代表取締役社長)

東京大学工学部卒業、東京大学大学院修了。
マッキンゼー・アンド・カンパニー東京支社、独フランクフルト支社、米シカゴ支社を経て、2016年に同社パートナー(共同経営者)に就任。AI・IoTをグローバルでリードし、多様な産業におけるAI活用や事業化を支援。
洋服検知や需要予測、街づくりやターゲット広告等の多様なAI技術を通じて、様々な生活シーンにおける消費者のライフスタイルを革新すべく、2018年にニューラルポケットを創業。

メンバー

  • 佐々木 雄一 (取締役CTO(最高技術責任者))

    東京大学理学部物理学科卒業、東京大学大学院にて理学博士を取得。
    宇宙のあらゆる現象を記述する大統一理論の完成を目指し、スイスの欧州原子核研究機構(CERN)において、ブラックホールや超対称性粒子等の研究を主導。
    世界最大級のビッグデータの分析や、AI開発を世界に先駆けて行い、後にノーベル賞を受賞するヒッグス粒子の発見にも共同研究者として貢献。
    世界最高水準のAI研究の知見を、社会へと還元したいとの想いから、製造業等におけるAI開発 (ロボット開発・故障予測)を経て、ファッション領域に最先端の科学を持ち込むべく、ニューラルポケットに参画。

  • 染原 友博 (取締役CFO(最高財務責任者))

    一橋大学商学部卒業、公認会計士。
    優成監査法人(現、太陽監査法人)を経て、野村證券投資銀行部門では、多様な産業におけるM&Aアドバイザリー業務を主導。2012年に公認会計士として独立開業後は、新興スタートアップのCFOや上場ベンチャー企業の社外役員や、東京大学エッジキャピタルのベンチャーパートナーを歴任。国内発のグローバルAI企業の立ち上げ・成長にフィナンシャルな視点から貢献したいとの想いから、ニューラルポケットに参画。

  • 周 涵 (執行役員 CSO(最高戦略責任者))

    大阪大学経済学部卒業。
    マッキンゼー・アンド・カンパニーにおいて、主に先端産業・ハイテク業界を中心にAIやデジタル活用等のプロジェクトを担当。
    複数の国・地域に跨って、テクノロジーのビジネスにおける活用に関する取り組みに従事。先端的なテクノロジーをより生活に近い所に応用をして、社会やライフスタイルを革新していくことを目指して、2019年よりニューラルポケットに参画。