株式会社タベルモ

新素材・バイオテクノロジー

創業フェーズ(シード・アーリー)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

VISION

私たちの地球上に存在するあらゆる生命に健康と調和 、そして希望をもたらしたいという情熱があります。
スピルリナをより栄養価の高い生きたまま状態で人々に届ける。
それが、スーパーフードとしてのスピルリナの価値を高め、さらに、どの家庭にも常備されるたんぱく源として食生活を変えていく。
私たちタベルモは、そんな未来を描いています。

会社概要

変化していく食生活に対して、地球上に残された畜産や農業に適した土地は実は少なく、将来、たんぱく源が枯渇することは、ほぼ間違いないと考えられています。
その時、私たちは何を食べるのか。
そこで私たちは、「藻」に着目しました。

藻類は光合成のみでの増殖が可能で、単位面積あたりの生産性が非常に高いことから、新たなタンパク質源として注目されています。特に、スピルリナはタンパク質含有量が65%(乾燥重量ベース)と圧倒的に高く、それ以外にも、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを豊富に含む栄養価の高い新時代の食品です

タベルモは、ちとせグループが蓄積してきた生き物(微生物、藻、動物細胞など)を育種、培養する技術に加え、スピルリナを加工する技術を開発し、タンパク質が豊富で栄養価の高いスピルリナの特徴を最大限に活かした「生スピルリナ」商品開発をおこなっています。培養においては、従来、藻類の培養で一般的なオープンポンド方式に加えて、新たに経済的かつ量産化可能な薄型パネル構造の閉鎖型PBR(Photo Bio Reactor:微細藻類を含む光合成を行う生物を培養する装置)を開発。本PBRにおけるタンパク質生産性は、大豆(※)の20倍程度を達成しています。

スピルリナの量産と世界的普及を目指します。


会社名 株式会社タベルモ
代表者名 代表取締役社長 佐々木俊弥
設立年 2014年
所在地 神奈川県
社員数 10人以下
特徴

創業フェーズ(シード・アーリー)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

会社HP https://www.taberumo.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

佐々木俊弥 (代表取締役社長)

奈良先端科学技術大学院大学博士課程修了。
バイオサイエンス博士。
2012年にちとせ研究所に入社。
子供の頃から自然に囲まれて育ち、バイオテクノロジーを人々の生活に役立てる仕事を生業にすることを志す。大切に育てた生のスピルリナの癖のない味わいに惚れ込み、タベルモを多くの人の毎日の食事に広めるため、自ら事業を率いることを心に決める。
栽培技術の開発当初からチームを率い、タベルモ設立後は、五つ星ホテルへの導入、高級コールドプレスジュースショップとのコラボレーションを始め、ローフードやオーガニックフード業界への広いネットワークを活かし、販売拡大を精力的に牽引する。

メンバー

  • 藤田朋宏 (取締役会長)

    1973年生まれ。
    東京大学大学院農学生命科学研究科修了後、アクセンチュア株式会社を経て、2004年にちとせ研究所に入社。
    千年後からからみて、現在の人類が取り組んでおくべきバイオ技術は何かという視点で、先端のバイオ技術を事業に変え社会に提供するための器として、2011年にバイオベンチャー企業群「ちとせグループ」を創立する。
    様々なバイオ関連ベンチャー企業を設立し、育成してきた経験からタベルモの事業拡大を支える。

  • 桐栄聡子 (執行役員副社長)

    1980年生まれ。
    東京工業大学大学院有機・高分子物質専攻修了後、三井化学株式会社での研究員を経て、米国タフツ大学にてバイオテクノロジーの研究と出会う。ベンチャー企業への興味から2011年にちとせ研究所に入社。
    バイオ素材を活用することで多くの人の毎日をより豊かにすることに熱意を持ち、藻類を活用した商品開発や技術コンサルティングなどの経験を積む。
    タベルモ参画後は、販売企画およびメディア・広報戦略策定、実施に従事する。

  • 中原剣 (執行役員)

    1977年生まれ。
    奈良先端科学技術大学院大学博士課程修了。
    中学生の頃に、光合成が物質循環の根幹であることに強く感銘を受け、卒業後は、カナダでの自給自足コミュニティや宮大工の仕事を通じて、光合成を起点として生活へ繋がる物質の流れを実体験として学ぶ。
    ちとせ研究所参画後は、物質循環のバランスが崩れている現在の産業に対し、光合成が生み出す産業を広げることで、持続的な社会を作るべく、多数のプロジェクトにて、研究から事業化までを一環して指揮する。

  • 相澤稔 (社外取締役(三菱商事株式会社))

     

  • 吉村修一 (社外取締役(株式会社INCJ))