アマテラスに登録して
求人情報を見る

アイペット損害保険株式会社

金融・Fintech

拡大フェーズ(シリーズB、C)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

VISION

ペットとの共生を図り、ペットの社会的地位を向上させたい。

ペット産業にイノベーションを創出するため、私たちは志を持って歩みを続けます。
私たちが継続してペット産業や社会全体に対し、ペットの社会的地位を向上させる取り組み・働きかけを行います。

会社概要

当社は「ペットと⼈とが共に健やかに暮らせる社会をつくる」ことを経営理念に掲げ、
ペット保険が世の中で当たり前になる社会をつくっていきたいと考えています。

進む少子化によって、15歳未満の子どもの数よりも今はペットの数の方が多く、
また高齢化や昨今のコロナ禍を受けた働き方改革によってペットの家族化がすごい
スピードで進行しています。

しかしながら、日本の場合は歴史も浅くペット保険の認知度は低く、
加入率はまだ10%程度です。国内でも珍しいブルーオーシャンと言えます。

ペット保険の先進国であるスウェーデンの65%を筆頭に、軒並み欧米圏の
加入率は高く、日本もこれから歴史をかさねこの数字を追従していくことになります。

もはや人向けの商品やサービスは飽和状態にあり、これからの時代成長・拡大していく
可能性を大いに秘めた金融ベンチャー、それが私たちアイペット損害保険です。

【当社について】
2004 年よりペット保険事業をスタートし、ペット共済事業会社→ペット少額短期保険業者→損害保険会社へと
着実に成長を遂げてきました。現在私たちの契約者数は業界第2位。創業以来ずっと右肩上がりの成長を続けています。

動物医療は、自由診療のため価格設定が自由となっており、また国民健康保険の対象外であるため
医療費が100%自己負担となっています。

こうした背景を受け、また、前述したようにペットの家族化が進む中、
今まさにこの医療保険に注目が集まっています。

私たちは、お客さまが抱える“うちの子”の病気やケガに対する不安や経済的負担を軽減することを
第一の存在意義とし、これまでペット保険の普及に努めてまいりました。

また、当社は2020年度を初年度とした2022年度までの3年間を対象とする中期経営計画を 2020年 5 月に策定し、
本年 10 月には持株会社体制へと移行。

旺盛なペット需要のもと、ペットショップをはじめとする代理店チャネルの貢献、
注力するインターネットチャネルの利用拡大なども伴い、多くの皆さまにご支持をいただいた結果、
新規契約件数の順調な推移、業界トップクラスである約 90%という高水準の契約継続率の維持など
により、保有契約件数は過去最速の直近約 5 か月で 5 万件増加し、55 万件に到達しました。

≪ペット保険業界について≫

・ペット保険業界の市場規模は全体で約490億円
・市場規模は毎年20%前後の成長率で伸びている
・業界が成長している背景として、「ペット保険の認知向上」「ペットの家族化」等が挙げられる

会社名 アイペット損害保険株式会社
代表者名 代表取締役 山村 鉄平
設立年 2004年
所在地 東京都
社員数 101人以上
特徴

拡大フェーズ(シリーズB、C)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

会社HP http://www.ipet-ins.com/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

山村 鉄平 (代表取締役)

立教大学卒業後、明治安田生命保険を経てアイペットへ入社。
当社では新規チャネル開発を担うマーケット戦略部を急拡大させ、
インターネットやテレマーケティング、法人代理店などの新規チャネルを確立。
営業企画管理本部長を歴任後、2014年10月より取締役に従事。
業務オペレーションを含むコーポレート部門の統括を経て、2016年6月より代表取締役に就任。