アマテラスに登録して
求人情報を見る

株式会社ANSeeN

IoT

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

地方スタートアップ

VISION

人は見えないものに対して、漠然と大きな不安を感じます。 原発からの放射線、航空機やトンネル等のインフラの劣化、がんなどの病変の進行、見ることができないことにより私達は日々多くの不安を抱えて生活しています。 人は目に見えない、不確かな状況であればあるほど、ますます不安になります。 当社は最先端の光の計測処理技術により、これらの不安を可視化し、世の中に安心を届けていきます。

会社概要

・放射線計測機器の設計開発・製造販売
・X線フラットパネルディテクタ(カメラ)の設計開発・製造販売

見えない不安を見える安心に変えるべく、次世代X線カメラの設計開発・製造販売を行っております。
放射線計測、核物理などの知識をベースもちながら放射線計測機器やX線の製品化ができることを最大の強みとしており、ユーザからも高い評価を受けております。製品化及び量産に向けた体制構築を行っている最中で、マーケットインをしようとしている段階です。
社内には半導体物性、集積回路、電子・電機回路、組込みソフトウェア、機械設計、ガラス・金属加工など幅広い分野・技術の人材が集まり、受託開発や製品開発を行っております。

会社名 株式会社ANSeeN
代表者名 代表取締役 小池昭史
設立年 2011年
所在地 静岡県
社員数 11 〜 30人
特徴

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

地方スタートアップ

会社HP http://anseen.com

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

小池昭史 (代表取締役)

情報学部4年次の研究室配属に、ものづくりに携わりたいとの思いから転部し電子工学研究所を選択したことで青木に出会う。 医療の大きなニーズから研究開発を行い、製品を世に出すことができることに魅力を感じ、ANSeeN設立時に取締役として参加。

メンバー

  • 青木 徹 (取締役 CTO)

    コア技術であるCdTe実装技術の開発者。結晶構造やデバイス特性、X線イメージングの最先端の科学技術から、 ギャップレスタイリングなどの生産技術まで、放射線分野において幅広い知見を持つ。

  • 木下 太郎 (社外取締役)

    2009年に住友化学に入社。食品用フィルムの研究開発、新規医療用材料事業の立ち上げ、自動車用LIB部材の事業企画等幅広い産業分野を経験。 2017年にリアルテックファンド、グロースマネージャー就任。2018年に株式会社ANSeeN取締役に就任。

  • 細窪 政 (財務顧問)

    グレートアジアキャピタル 代表、日本アジア投資株式会社 前代表取締役社長。 日本・アジア地域で28年に渡りベンチャー投資を経験。バイアウト、事業投資、産学連携などユニークな投資スキームを業界に先駆けて取り組むなど、幅広い経験を持つ。

  • Michael Harsh (技術顧問)

    マッキンゼー&カンパニー 医療機器産業シニアアドバイザー、元GE Healthcare CTO。1979年にGeneral Electricに入社。 X線や超音波、磁気イメージング技術開発を長年主導し、2009年か2015年までGE Healthcare CTOとして売上1.8兆円の事業を統括。 合わせてGE Venturesのエグゼクティアドバイザーを務め、研究開発型ベンチャー支援を経験。

  • 服部 行也 (技術顧問)

    日立パワーソリューションズX線センサシニアアドバイザー。1984年に(株)日立製作所に入社。 核融合や加速器システムの技術開発を経て2006年以降からは量子ビーム計測技術開発に従事。 経産省、文科省などの事業において、産業インフラ検査の実用化向けたの開発研究開発を指導。