アマテラスに登録して
求人情報を見る

株式会社人機一体

モビリティ・ロボティクス

創業フェーズ(シード・アーリー)

自社プロダクト/サービスがある

地方スタートアップ

VISION

パッション:あまねく世界から、フィジカルな苦役を無用とする
ミッション:ロボット工学の社会実装

フィジカルな苦役を無用とするためには「力学ベースのロボット工学技術」の社会実装が不可欠であり、
それによって十分に解決可能です。

しかし今、先端ロボット工学技術が膨大に蓄積されていく一方、社会実装は全く不十分です。

その証拠に、未だに多くの現場で、多くの方が、血と汗と涙を流しながら肉体労働に従事している…。
決定的だったのは、東日本大震災と福島第一原発事故です。被曝すると分かっていながら、人が行かざるを得ない状況。
我々は、苦役を無用としうるロボットを実は持っていなかったのだ、という現実が突き付けられました。

人機社は「人型重機の社会実装」というシンボルプロジェクトを通して、
ビジョンを強烈に訴え、ロボット工学技術を社会実装します。

会社概要

株式会社人機一体は、金岡博士の理念と先端ロボット制御工学をコアに、
パワー増幅マスタスレーブシステムとしての「人型重機」を開発・社会実装することにより
「あまねく世界からフィジカルな苦役を無用とする」ことを目指す 立命館大学発 リアルテックスタートアップ です。


テック系スタートアップのほとんどは、
自社製品を研究開発し世に送り出すビジネススタイルですが、当社は違います。
在庫や生産ラインを抱えない、また単なるファブレスメーカでもない、
先端ロボット工学技術スタートアップの新しいビジネスモデルとして、
「人機プラットフォーム」を構築しております。

機械メーカーや建築/土木、鉄道インフラ、倉庫、工場などの分野を対象に、社会課題としての「重労働」の解消を目標に掲げています。


2007年に設立しましたが、現在の社名に変更し、人を採用し始めたのは、2015年。
メンバーには、開発・管理部門の垣根を超えて、事業・経営に深くかかわっていただきます。


今、マスコミにも注目され、非常に良い追い風を受けているロボットベンチャーです!

会社名 株式会社人機一体
代表者名 代表取締役 金岡博士
設立年 2007年
所在地 滋賀県
社員数 10人以下
特徴

創業フェーズ(シード・アーリー)

自社プロダクト/サービスがある

地方スタートアップ

会社HP http://www.jinki.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

金岡博士 (代表取締役)

株式会社人機一体 代表取締役
兼 立命館大学 総合科学技術研究機構 ロボティクス研究センター 客員教授。

ロボット制御工学博士、発明家、起業家。時に武道も嗜む。専門は、パワー増幅ロボット、マスタスレーブシステム、歩行ロボット、飛行ロボット等。ロボット研究開発の傍ら、辛口のロボット技術論を吼えることがある。マンマシンシナジーエフェクタ(人間機械相乗効果器)という概念を独自に提唱し、あまり相手にされないながら十五年来一貫してその実装技術を研究・蓄積してきた。2015 年に株式会社人機一体を立ち上げ、ビジネスとしての「人型重機」の社会実装に挑む。

メンバー

  • パソコンオタク ( 統括ロボットエンジニア / 社員第一号の人 )

     

  • ふみえさん ( 会計・労務 / 元花屋の人 )

     

  • DJ9 ( メカニックエンジニア / バーテンダーだった人 )

     

  • 遅めの走り屋 ( メカニックエンジニア / 義手作ってた人 )

     

  • ちぇりー ( ロボット工学エンジニア / From カナダ の人 )

     

  • たぬき ( 人事・広報・営業 / 猫を追いかけ回す人 )

     

  • めろん王子 ( 電気エンジニア / 鉄道の人 )

     

  • めがね ( 電気制御エンジニア / 旅慣れてる人 )

     

  • しがらき ( 総務 / ろくろを回す人 )