アマテラスに登録して
求人情報を見る

株式会社アプトポッド

IoT

拡大フェーズ(シリーズB、C)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

英語力を活かせる環境がある

VISION

“a project to prove one’s delight” = “各々の喜びを証明するプロジェクト”

Corporate Philosophy
アプトポッド (aptpod) の社名は “a project to prove one’s delight” = “各々の喜びを証明するプロジェクト” の頭文字で構成されています。未来を切り拓き、革新的で、時には前人未到のシステム/アプリケーションの実現を、ユーザーであるお客様、開発・提供する社員、パートナー様と一体になって実現するプロジェクト。それぞれの立場で各々の存在意義を喜びとして証明していくプロジェクトを常に続けて行きたい。そんな思いが込められています。

会社概要

アプトポッドは、日本のIoT、M2Mを牽引するテクノロジーカンパニーです。
「ファストデータ」と呼ばれる膨⼤かつ短周期な⾼粒度データを⾼速で伝送、収集することを強みとしており、自動車、産業機器、ロボティクス等の遠隔制御やセンサーデータの可視化をするプロダクトの開発を行っています。

【プロダクト】
■Visual M2M
リアルタイムにクラウドに収集した高粒度のセンサーデータを、解析・分析するSaaSです。解析用途に応じてカスタマイズ可能で、UI/UXデザインにも拘ったユーザーフレンドリーなインターフェースを提供しています。

■intdash
自動車や産業機器と遠隔操作端末などの機器との間でやり取りされる短周期データをモバイル回線を介して、リアルタイムに、そして"双方向"に伝送するためのIoTフレームワーク(Paas)です。 intdashにより、操作、制御、可視化などといったエッジ間をつなぐ、超低レイテンシーの高粒度データの双方向伝送を実現します。

■EDGEPLANT
EDGEPLANTは、産業DXに不可欠な、AI/IoTにおける高度で堅牢なエッジコンピューティング環境を提供するハードウェアブランドです。EDGEPLANTは、GPU搭載のエッジコンピュータと、各種制御バスやセンサーネットワークに接続するためのインターフェイス機器、カメラシステム(予定)などで構成されます。

会社名 株式会社アプトポッド
代表者名 CEO 坂元 淳一
設立年 2006年
所在地 東京都
従業員数 51 〜 100人
特徴

拡大フェーズ(シリーズB、C)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

英語力を活かせる環境がある

会社HP https://www.aptpod.co.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

坂元 淳一 (CEO)

大手外資系ソフトウェアベンダーのプロダクトマーケティングなどで活躍。
2006年アプトポッドを設立。コンサルティグ、ソフトウェア開発などを中心に、エネルギーやモビリティ、スマートシティなどの社会実証事業やPoCプロジェクトに従事。2013年よりM2M/IoTのファストデータ処理に特化したエンドツーエンドの汎用フレームワークとクラウドサービスを自社製品として提供を始め、自動車分野やロボティクス分野など、産業機械製品のコネクテッド化を推進する事業を展開している。

メンバー

  • 梶田 裕高 (取締役)

     

  • 井上 拓也 (取締役)

     

  • 下平 達也 (取締役)