アマテラスに登録して
募集案件を見る

株式会社サイカ

webサービス・メディア

拡大フェーズ(シリーズB、C)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

VISION

<ミッション> 「才能開花を支援する」
私たちは「自分自身が才能開花し、まわりの才能開花をサポートする」ことができる世の中を目指しています。そのためには「すべての準備は整った。あとは自分の才能で勝負するだけだ」と思いきり、納得感を持って行動し続けることが大切だと考えています。「あとは自分の才能で勝負するだけだ」と言い切れるほどに準備するプロセス自体も才能開花です。その先には納得感や誇りに満ちた本当の幸せが待っていると信じています。そこでサイカは、誰もが自身の可能性を信じ、信念を持って次の一歩を踏み出すためのサポートをしていきたいと考えています。

<ビジョン> 「すべてのデータに示唆を届ける」
データはそのままでは役に立ちません。そこに潜む物語の仮説から示唆を読み解くことで、初めて意思決定することにつながります。
データから示唆を読み解くためには、それぞれの経験・知識・思考に根ざした仮説を持つことが大切だと私たちは考えています。どんなにテクノロジーが発達しても、思考をすることは人の果たすべき役割であり続けます。そこでサイカでは、あらゆる事業を通じて“人のやるべきことに最大限の時間とエネルギーを投入できる状態”を作ります。あらゆる人があらゆる場面で、その人ならではのオリジナルな示唆を届ける支援をします。

<バリュー>We are DOERS!
サイカの仲間たちにとって今後の人生を切り開いてゆく「コンパス」になることを願い生まれました。
サイカで共に働いた仲間たちが、いつか自分の人生を振り返ったとき
「自分の軸は、サイカのバリュー(DOERS)によって培われた」と思ってもらえるよう、今後もバリューを磨いていきます。

【Divercity】他に誠実誠実で1人ひとりの多様性を尊重し互いを勇気づけあう
【Ownership】すべてを自分ごととして捉え自発的に挑戦する
【Expertise】一人ひとりがプロとしての自覚を持ちお客様目線から行動する
【Resilience】変化に柔軟であり逆境を楽しみチャンスに変える
【Sustainability】現状のみにとらわれずなりたい姿から遡り考える

会社概要

わたしたちは、統計学とコンサルティングの実績を活かしたニーズ特化型の分析アプリケーションの提供事業を行っております。
「すべてのデータに示唆を届け、すべての人へ幸福を届ける」をミッションに統計学×プロダクト×事業支援をソリューションに事業を展開しております。
オンライン、オフライン広告、および外部要因から統合的に分析可能なプロダクト「XICA magellan」を通して、日本のマーケッターを進化させることを目標のひとつにしております。
また、日本有数のSaaSスタートアップ企業として成長し続けており、自社プロダクトは広宣費トップ100社のうち10%以上の企業で導入していただいております。現在では、オンライン・オフライン分析ツールとして国内シェアNO.1を占めております。

日本のマーケターを進化させ、その範囲を世界にひろげていきたいと考えています。
世界の広告分析市場は現在3.24兆円にも膨らんでおり、現在も年々成長し続けています。
その広いフィールドの中で、わたしたちは「統計分析」で人類を進化させる事業を実現することを目指しております。

会社名 株式会社サイカ
代表者名 代表取締役CEO 平尾喜昭
設立年 2012年
所在地 東京都
社員数 51 〜 100人
特徴

拡大フェーズ(シリーズB、C)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

会社HP https://xica.net/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

平尾喜昭 (代表取締役CEO)

2012年慶應義塾大学総合政策学部卒業。幼い頃から音楽に触れていた生粋のバンドマン。自身の体験から「世の中にあるどうしようもない悲しみを無くしたい」と強く思うようになる。大学在学中に統計分析と出会い、卒業直前の2012年2月に株式会社サイカを創業。

メンバー

  • 彌野正和 (執行役員COO)

    新卒でゴールドマン・サックス証券に入社し株式セールストレーダーとして従事。その後転身しDeNAにてマーケティングおよび新規事業開発、スキルシェアCtoCサービスのベンチャーにてCOO、リクルートにて事業戦略、アライアンス、新規事業開発、プロモーションチームを担当したのち、2018年1月よりサイカに参画。

  • 倉林 陽 (取締役)

    富士通、三井物産にて日米でのベンチャーキャピタル業務を担当後、Globespan Capital Partners及びSalesforce Venturesにて日本投資責任者を歴任。2015年3月よりDraper NexusのManaging Directorに就任。ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営大学院(MBA)卒。