アマテラスに登録して
求人情報を見る

株式会社ステムセル研究所

ヘルスケア・シニアサービス

拡大フェーズ(シリーズB、C)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

VISION

「あたらしい命に、あたらしい医療の選択肢を。」
うまれてくる命のために、そのご家族のために、わたしたちができること。
それは、さい帯血はじめ、一生に一度きりの命の財産をおあずかりすることです。
このうまれたての可能性が、あたらしい医療の選択肢になる世の中へ。
これが、わたしたちステルセル研究所の願いです。

-ミッション-
「さずかった希望を、たくされている。」
なにより安全に、そして丁寧に。
ご家族からたくされた想いを胸に、ちいさな命をさずかった、命の財産を大切におあずかりします。

会社概要

赤ちゃんの「さい帯血」をお預かりする、民間さい帯血バンクのパイオニア企業です。
現在、さい帯血の他、さい帯等、周産期の組織に由来する幹細胞を中心とした「細胞バンク事業」の拡大とそれらの細胞を用いた新しい治療法の開発に取り組んでおります。

■日本初の「さい帯」保管サービス
「さい帯」とは、お母さんと赤ちゃんをつないでいる「へその緒」のことです。近年、そのさい帯に再生医療の分野で広く研究されている「間葉系細胞」が多く含まれている事が分かってきました。この「さい帯」を生きたまま凍結保管できるのが、ステムセル研究所の「さい帯保管サービス」です。
間葉系細胞はからだで炎症が起きている場所に駆け付けて炎症を鎮めたり、傷ついた組織を修復する力を持っています。ご出産の機会にさい帯を凍結保管しておくことで、お子さまとご家族の医療などに役立てることができる可能性があります。
細胞にダメージが少ない手法で凍結した後に、超低温(マイナス190℃)の液体窒素タンクで保管します。この状態で半永久的に保管可能であると考えられています。

当社は今後も、周産期に関連する細胞ならびに組織の保管技術の向上と、その臨床応用への道を切り開き、社会への貢献と医療の進歩に寄与できるよう、より一層の努力を続けてまいります。

会社名 株式会社ステムセル研究所
代表者名 代表取締役社長 清水崇文
設立年 1999年
所在地 東京都
従業員数 51 〜 100人
特徴

拡大フェーズ(シリーズB、C)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

会社HP https://www.stemcell.co.jp/corporate/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

清水崇文 (代表取締役社長)

 

メンバー

  • 乃一 進介 (取締役)

     

  • 山田 智男 (社外取締役)

     

  • 安藤 公秀 (社外取締役)

     

  • 坂井 和夫 (常勤監査役)

     

  • 香山 昭人 (社外監査役)

     

  • 藤川 義人 (社外監査役)

     

  • 石井 衛 (執行役員)

     

  • 土山 覚史 (執行役員)

     

  • 佐藤 英明 (執行役員)