会社の特徴

レボーンは、「においの“なんとなく”をなくす」をミッションに掲げ、においセンサーとAIを用いたにおいソリューションを提供しています。

■においセンサー”OBRE”(https://www.revorn.co.jp/odorsensor)
QCM(水晶振動子)を用いたにおいセンサ。センサに搭載された水晶振動子の表面には、におい成分をとらえるための16種類の感応膜を塗布しています。
それらの感応膜がにおい成分を吸脱着した際の周波数変化を計測してパターン化することでにおいを捉えることができます。
センサーで測定後、においデータは即時にiinioi® coudに転送、保存され、いつでも確認できます。

■iinioi® cloud(https://www.iinioicloud.com/)
においセンサで測定したセンシングデータの管理、分析が可能なプラットフォーム。
iinioi® cloudに実装されている多様なAIモデルにデータを学習させることで、商品開発や品質管理、研究等でのにおいデータの活用を実現します。
AIモデルとしては、以下のようなモデルを搭載しております。

・識別AI
未知のにおいに対し、そのにおいがあらかじめ学習させたにおいのうち、どのにおい種なのかを予測するAIです。
例えば、バナナ、りんご、みかんというにおいを学習させていれば、未知のにおいを取得したときに、その3種類のにおいのうち、どのにおいなのかを予測します。
・官能評価AI
あるにおいに対し、そのにおいを人間が嗅いだ時にどのような評価をするかを予測するAIです。
例えば、ワインのにおいを測定すると、「フローラル:4.2、フルーティ:3.5、グリーン:2.3…」といった形で予測します。
・異常検知AI
あるにおいに対し、正常なにおいを学習させておくと、そのにおいと異なるにおいを測定したときに異常と判定するAIです。
品質管理の現場などで利用することを想定しています。
・調香AI
作りたい香りをイメージするキーワードと、そのキーワードに対する強さを設定すると、香りのレシピを出力するAIです。
アロマオイルや香水をはじめ、ハーブティーやスパイスミックスなどにも応用可能です。

HONGO AI Award 2022にて、三井住友銀行賞を受賞。ILS2022ではTOP3に選出、未来X(mirai cross)2023では3賞(トーヨーカネツ賞、未来社会賞、デジタル戦略部 D X-link賞)受賞と、各プログラムでも成果を残し、勢いを増して成長中の企業です!

マスコミ取材多数(NHK、TBS、テレビ東京、日経XTECHなど)、今世界中から注目される企業です。

VISION

ーレボーンはにおいの民主化を目指します​ー

医療従事者は、患者が発するにおいで、病気や死期を予感することがあるといいます。

空港では、何年もの厳しい嗅覚訓練を受けた麻薬探知犬が、私たちの安全を守っています。

数多存在する香りの特徴を理解し、嗅ぎ分け、想像の中の香りを具現化することは、
長年嗅覚の訓練をした調香師にしか行えません。

私たちの身の回りには、常ににおいがあります。
しかし、私たちはそれらにおいを、自在に扱うことができているといえるでしょうか。

『においの民主化』が実現すれば、すべての人が自由ににおいに触れ、活用できる世界となります。
レボーンは、『においの民主化』を推進することにより、人々がより豊かになり、においが新たな文化を創る未来を目指しています。

会社概要

会社名 株式会社レボーン
代表者名 ​代表取締役 松岡 広明
所在地 東京都
会社URL https://www.revorn.co.jp/
設立 2018年
従業員数 11 〜 30人
ファイナンス情報 ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

主要メンバー紹介

松岡 広明

​代表取締役 松岡 広明

詳細を見る

1990年生まれ。2004年ポルトガルで行われた第8回RoboCup世界大会に参加し、僅か13歳で準優勝を成しえた鬼才。長崎大学工学研究科へ進学後、主にドローンなどを使った災害時におけるシステムの研究・開発を行う。大学院在学中に、株式会社レボーンを創業。IoTやハードウェア領域における研究開発や、ソリューション開発を行う。

澤田未来

コンサルティング課長 澤田未来

詳細を見る

臭気環境分野での初の国家資格、臭気判定士の資格を持つスペシャリスト。 製薬会社での品質管理・保証や環境化学分析・皮膚ガス研究など広い業界での経験を活かし、レボーンのにおいソリューションの事業拡大を推進。

コンサルティング営業としても大型受注を数々獲得。広報としても活動をし、マルチに業務を遂行する。

永田富治

商品開発 統括 永田富治

詳細を見る

大手の嗜好品メーカー研究所で副所長を務め、これまで嗜好研究、官能化学、感覚科学、感性科学、生物資源工学、データサイエンス、UX /UI、領域横断プロジェクトなどあらゆる方面での多彩な経験の持ち主。調香師としての技能も生かし、レボーンのさらなる成長を促すけん引者。

一藤裕

技術顧問 一藤裕

詳細を見る

2010年東北大学大学院情報科学研究科博士後期3年の課程修了。博士(情報科学)。
同年、情報・システム研究機構新領域融合研究センターの特任研究員を経て、2016年4月より長崎大学ICT基盤センターの准教授として、観光に関するデータ分析に関する研究に従事。2021年にREVORNの技術顧問として就任。

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載

株式会社レボーンの求人を見た方が同時に見ているスタートアップ

対話をデータ化して 経営を変革する。

株式会社ブリングアウト
  • AI
東京都

【事業内容】
大規模言語モデルを活用した、対話データ解析サービスの提供

◆対話をデータ化して経営を変革する。
対話データの解析はデータドリブン経営における最重要なトピックです。
ハイパフォーマーの商談分析から営業の勝ちパターンを見出すこと。
感覚に頼らず、顧客の生の声を踏まえたサービス開発を可能にすること。
面接官の好みによらず優秀な人材を採用すること。…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある

世界を変える酵素を、迎えにいこう。

株式会社digzyme
  • 新素材・バイオテクノロジー
東京都

◆バイオインフォマティクスを基盤技術とする東工大発ベンチャー。

【酵素の情報解析プラットフォームを提供】
今、世界中の生命科学の研究者たちによって膨大な研究データが蓄積され続けています。その中には、うまく利用することで、世の中を変えられるような「宝」が眠っています。digzymeは、酵素の情報解析プラットフォームを提供することで、蓄積された遺伝子や実験データと…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある

HEALTHY & WEALTHY

株式会社HEALTHREE
  • 医療・ヘルスケア / 金融・Fintech / コンシューマーbiz / エンタメ
東京都

Astar Network上のweb3ヘルスケアアプリ「HEALTHREE(ヘルスリー)」を運営。

「HEALTHREE」は、GameFi要素を兼ね備えたAstarChain No.1 web3ヘルスケアアプリ。
運動・睡眠・食事の3つの習慣化にアプローチすることで人の健康に貢献する。
ユーザ自身がトークン(FT/NFT)を自由に売買したり、ユーザがゲームイベントを企画したりするなど、ユーザーへトークン獲得の機会を提供するこ…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある
  • 競争優位性のあるコアテクノロジーがある
  • 英語力を活かせる環境がある

在宅介護のラストワンマイルを叶える

イチロウ株式会社
  • 医療・ヘルスケア / シニアサービス
東京都

誰もが幸せな最期を迎えられる世界の創造を目指し、イチロウ株式会社は、介護士オンラインマッチングサービス「イチロウ」を開発・運営。
「イチロウ」では、自宅への訪問介護、家事代行、病院・通院の付き添いなど、利用者の好みや生活スタイル、要望に合わせたオーダーメイドのサービスを提供。

イチロウは、創業者の祖父の名前からとった名称です。

創業者は、特別養護老人ホ…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載