Q&A

ベンチャー転職の歩き方

ベンチャー企業の魅力

1
ベンチャー企業で働く魅力は何ですか?

『当事者となって働けること』だと思います。

一般にベンチャー企業、スタートアップは会社規模も小さく、社長とも話せる環境です。自分の活躍次第で会社を大きく成長させることができますし、やりたいことは直接経営者に提案してチャレンジする機会が溢れています。自分次第でモノゴトを変えられる可能性があり、経営とも近くにいられるため『当事者』となって働くことができ、大きなやりがいにつながると思います。

大企業にいると、「決められたことだから」、「上が決めたことだから」という経営に対して『他人事』の状況がよくあります。ベンチャー企業では若くても実力があれば大きな仕事に取り組め、素晴らしい提案をすればチャレンジできることも多く、『当事者意識』を持って働くことができると思います。

2
ベンチャー企業か大企業かで迷っています

よく問われる質問ですが、私は迷わず「ベンチャーでしょう!」と答えています。

社長との相性、やりたい事業かどうか、成長性があるかどうか等の条件を考慮した上で判断すべきですが、それでもなお、私はベンチャー企業を選ぶべきだと思います。

誰かが作ったビジネスの枠組みの中で誰かが決めた仕事をして、誰かに評価される道を選ぶのか。それとも、自分で何もないところから枠組みを作り、自分で考えたやり方で仕事をして、その評価を自ら受ける道を選ぶのか。

私は断然後者をお勧めします。これからは既存の常識や組織にしがみつくのではなく、新しい常識や組織を自らが創出して、自分の能力、腕で生きていくことが求められます。ベンチャー企業には自らのサバイバル能力を高める条件が揃っています。幅広いことに対応しなくてはいけないし、大変なこともたくさんありますが、それだけ充実した時間を過ごすことができると思います。

とあるベンチャー企業はリーマンショックで業績が悪化し、解散しました。その社員の多くはその後起業し、今は経営者として活躍し、雇用を生むまでになっています。彼らはベンチャーで高いサバイバル能力を身に着けたからこそ、会社が潰れても立派に生き抜くことができているのだと思います。

3
将来の起業にベンチャー企業経験は必要ですか?

やむにやまれぬ強い問題意識をお持ちであれば早めの起業がよいと思いますが、
将来の起業を考えているのであれば、まずはベンチャー企業での就職をお勧めします。

というのは、起業して失敗した場合、破産、家族崩壊等、再起不能な致命傷になることもあり得ます。できることならベンチャー企業に就職し、経営者の疑似体験をしておくことで、そのリスクは大きく軽減できると思います。MBAを取得したり、経営本を読むこともよいですが、やはり経営は実際に関わらないと学べないと思います。

どうやって意思決定をしているのか、戦略はどうやって創っているのか、人材育成・採用はどうやったらよいのか、資金繰りはどうしているのか・・・これらの経営的なスキルやノウハウは経営者のそばにいればリアルに学ぶことができます。

とはいえ、リスクのない起業(ローコストで、少人数でスタートできるコンサルティングやITビジネスなど)もありますので、まだ若く、独身でリスクを取れるような状況であればチャレンジすることもよいかと思います。

会員登録はこちら会員登録はこちら

ベンチャー企業のリスク

4
ベンチャー転職に漠然とした不安があります。実際にはどんなリスクがありますか?

よくあるリスクとしては、以下の2つだと思います。

① 会社成長の不透明さ、不安定さ
② 少人数の組織なので経営者や周囲の人と折り合わないと居心地が悪い

① <会社成長の不透明さ、不安定さ>について

ベンチャー企業はアドベンチャーなので、先行きが不透明で不安定な状況になるのは宿命です。そのような中でも会社の事業目的達成の可能性に賭けて努力することに楽しみややりがいを感じられるのかが重要です。成功可能性を大きくするのも小さくするのも自分次第と考えることができる人はベンチャー企業向きだと思います。

業績が悪くて辞めざるを得なくなった、クビになった、ということも起こります。回数・理由にもよりますが、最後まで頑張った上での業績悪化等の会社都合退職の場合、その失敗を評価してくれる会社は多いと感じています。実際にベンチャー経営者に『どのような人材が欲しいか』と聞くと、『ベンチャー企業で頑張ったが失敗したことのある人』という回答は少なくありません。

ベンチャー企業での失敗は辛いですがその分学ぶことも多く、それを評価してくれる会社は少なくありません。アップル創業者のスティーブジョブス氏も一度アップルをクビになりますが、あの辛い経験があったから成長できたと後年話しています。

② <少人数の組織なので経営者や周囲の人と折り合わなかったら居心地が悪い>について

確かに、少人数の世界なので、経営者や周囲の人と相性が合わなければ大変居心地が悪い状況になります。感情的にもこの仲間と一緒に仕事をしたくないと思ってしまうようだとそこにいることは難しくなります。

ベンチャー企業では経営者の考え・価値観が会社全体の考え・価値観になることが良くあります。ですので、入社前に経営者とじっくり話し、経営者との相性や考えに共感できるかを見極めることが肝要です。

5
ベンチャー企業は社員数が少なくて成長できるのか不安です

この質問は大企業からベンチャー企業へ転じるほとんどの方から訊かれる質問ですが、
社員数の少なさが成長できない理由になりませんので、心配要りません。

受け身タイプの人であれば、社員数が少ない会社での成長は難しいかもしれません。ですが、自ら目標を設定し、それに対して何が必要で、何が足りないのかを考えることが出来る人であれば、問題はありません。

Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグなど大きな組織を経験することなく学生起業した人は成長していないか、といえば答えはNOでしょう。むしろ小さい所帯で問題に数多くぶつかり、それを1つ1つ主体的に解決した人の方が成長すると考えます。

ベンチャー企業では人が少なく、社長や経営幹部から直接OJTで実務に即した教育を受け、それをすぐに実践で試すことができます。実践でやらざるを得ない環境というのが正しいかもしれませんが、それこそが最高の成長の場だと考えます。

某大手企業から社員3名のITベンチャー企業に入社した方がいます。その方は少人数の会社で成長できるのか不安に思っていました。入社して2年後、彼はその会社の看板エンジニアとして社外向け講演するまでに成長しました。大手企業にいたとしたら、20代の若さで看板エンジニアとして講演することはなかったでしょう。

なぜ彼はそこまで成長できたのか?社長から実務に即した使える技術を学び、すぐに実践に移す環境があったから、と話しています。大企業の手厚い研修制度もよいですが、実務に勝るものはないと感じます。

6
ベンチャー企業での失敗経験はキャリア上の大きなマイナスになりますか?

チャレンジした上での失敗であれば、むしろプラス評価になるとアマテラスでは考えています。

多くのベンチャー経営者の求める人物像は、「経営者マインドを持った人」、「当事者意識をもって事業に取り組める人」です。
そして、経営者の多くはこういいます。「経営者マインド、当事者意識を持っている人は、責任ある立場で事業をやって大きな失敗をしたような人ですね。」
ベンチャーで事業に失敗した人は、強烈なコスト意識やメンバーに対する責任感を持つことが多いです。なぜなら、ベンチャーでの失敗は事業解散、会社倒産、クビに直結することになり、背筋が凍る思いをするからです。
これは普段ベンチャー経営者が背負っている思いにとても近いです。

大企業の新規事業での失敗とはまったく重みが違います。(大企業からベンチャーへ出向した人が、元の大企業の名刺を出してくることが多いですが、戦う前から逃げ場を用意しているようなものです。)

このような思いを経て、なおもチャレンジする人材をベンチャー経営者は必要とします。

会員登録はこちら会員登録はこちら

ベンチャー企業の働き方

7
ベンチャー企業ってハードワークですか?

基本的にはハードワークです。
ベンチャーでの仕事は『自転車』のようです。漕ぐほどに進みバランスも安定しますが、
漕ぐのを止めると不安定になり止ります。多くのベンチャー企業はビジネスモデルや仕組み、
看板(ブランド・信頼)がまだ整っておらず、その確立に向けて社員が必死に働いている状況です。

アマテラス登録企業の労働環境は凡そ以下のような状況です。

□ アーリーステージ(創業から2、3年程度)

・毎日遅くまで働き、週末も働くことが多い。
・社員数が少なく、やることも膨大。事業が不安定で、坂道を必死に駆け上がるフェーズ。

□ ミドルステージ(創業から4年以上)

・帰りは20~22時くらい。週末は基本休み。
・経営基盤が出来つつあり、坂道の角度がやや緩やかになるフェーズ。

□ レーターステージ(2年以内に上場)

・通常は20時前には退社。週末は基本休み。
・ビジネスモデルが整い、経営効率を追求し始める。加速がつき始めるフェーズ。

アマテラス登録企業社員の多くはハードワーカーです。仕事が忙しいこともありますが、自身が成長したい、会社に貢献したいという思いから自らWork Hardを課しているようです。
一方、ベンチャーで働きたいが、育児や介護といった家庭状況から長時間勤務は難しい方もいると思います。諦める必要はありません。労務環境は会社によって異なるので、関心がある企業には個別に確認することをお勧めします。経営者の理解が得られれば柔軟にワークスタイルを構築できるのもベンチャーの特徴です。(アマテラスは企業の労務環境についてもヒアリングしていますので、アドバイス可能です。)

8
ベンチャー企業内でのキャリアアップはどのようになりますか?

リクルート創業者、江副浩正氏が遺した有名な社訓があります。
“自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ”

ベンチャー企業でのキャリアアップはまさにこの言葉の通りだと思っています。
例えば新規事業プロジェクトを立ち上げられるようなマネジメントスキルを付けたいと望まれるのであれば、経営者や経営会議に自らアイデアを提案し、了承を取ることができれば、そのチャンスを得られます。アマテラスを介してある教育ベンチャーに入社したMさんは1年間営業でしっかり結果を出した後、志願してベトナム事業立ち上げのプロジェクトリーダーになりました。

まずはなりたい自分の姿をしっかりイメージすることができれば、そこに至るまでに必要なスキルや経験を洗い出し、それを得られるような機会を自ら創っていくことです。
入社する前に、そのベンチャー企業は、やる気と実力次第で、チャレンジを受け入れてくれる会社か、実際にそのような社員がいるか等について面談時に確認しておくことが重要です。

9
ベンチャー企業経験者のキャリアプランはどのようになりますか?

人によって様々ですが、ベンチャー人材のキャリアは大きく以下のようになっています。

① 今いるベンチャーで経営幹部としてやっていく
② 起業独立
③ 他のベンチャーの幹部へ
④ 大企業に戻る

私がこれまで見てきた感覚で言えば、大企業のビジネスパーソンよりもベンチャーでやってきた人の方が『つぶしが利く』と思います。というのは、ベンチャーでは会社の体制が整っていないため一人が対応する範囲が広範に渡り、イレギュラー対応も多くて大変ですが、その分幅広い経営知識が身に付き、問題解決能力が磨かれます。

また、ベンチャーはブランド力がないことが多いため、営業人材であればブランドに頼らない営業力・創意工夫力が磨かれますし、経営幹部も会社存続のために極度のプレッシャーで経営判断をしていきます。

そのような厳しい環境でサバイバルする力を付けた人々こそ、これからの企業が欲する人材ではないでしょうか。大手企業で活躍してきたビジネスパーソンがベンチャーでは全く通用しないことがよくあります。先行き不透明なこれからの社会では、ブランドと抱負な資金力のもとでの業務遂行より、ゼロベースで仕事を創り価値を創出していく能力が求められると考えます。

10
ベンチャー企業に転職すると給与は上がるの?下がるの?

どちらもあり得ます。
重要なことは、『自分次第』だと認識する事です。

自分自身が貢献することで会社を成長させ、利益を捻出することで自分の給与を上げるというのが、ベンチャーでのあるべき思考だと思います。

会社の成長に貢献できれば、大企業では得られないような高い報酬を得ることもベンチャーの魅力の1つです。創業メンバーや上場前に幹部になればストックオプションを取得することも可能です。

営業人材であれば会社の業績向上に貢献するような売上をあげること、管理人材であれば通常3人でやっていた仕事を1人でやれる仕組みを創ってコスト削減を実現する等、成果を出すことで自らの価値を証明し、報酬を上げていく例を多数見てきました。他方、パフォーマンスを出せず、会社に貢献できなければ、給与が下がっても仕方がありません。

また、入社前から高い給与を要求する方がいますが、最初は社内秩序を守った水準で入社し、結果を出すことで給与を上げていくべきだと思います。入社時に「○○を達成したら給与を幾らに上げる」という約定をすることも一つの方策でしょう。

とある優良ベンチャー企業は、優秀な方でも敢えて最初の給与を低めに抑えて提示しています。その意図は、仕事内容・理念に本当に共感して働いてくれる人かどうかを見るためです。金銭が目的で入る人は優秀であっても長続きしないことが多く、結局は理念共感度の高い人が活躍するということが多いため、高い給与を提示したくても敢えてそうしているということでした。結果的には、優秀な人はすぐに相応の報酬になるようです。

11
ベンチャー企業で活躍している方に共通する要素はありますか?

一概にいうことは難しいですが、
ベンチャー経営者が欲する人材イメージとベンチャーで活躍している人を見て感じる特徴は以下の3点です。

① 行動力がある:「なんでもやる」という気概があり、まずはやってみるという行動力
② 創意工夫する:目標達成のためにどうしたら達成できるのかをゼロベースで考える
③ 原因自分論 :何があっても他人、会社のせいにしない。当事者意識をもって事を進める

また、ベンチャー経営者から「ベンチャー企業でチャレンジして、成功もしたが失敗したことがある人がいい」と言われることが多いです。ベンチャー企業で失敗した方は経営者意識やコスト感覚を強烈に意識することになります。いわゆる経営者が欲しがる『経営者感覚を持った人』です。そのような感覚を持った人がチャレンジする気持ちを持てば、成功することが多いように思います。

他方、以下のような方はベンチャーでの長続きが難しいと感じます。

会員登録はこちら会員登録はこちら

ベンチャー企業の選び方

12
『継続成長』するベンチャー企業の特徴を教えてください

アマテラスではベンチャー企業を見る際、『継続』して成長する会社か、『一時的』な成長に終わる会社かを見極めています。当然、前者の『継続成長』する会社を見定めるようにしています。

私はこれまで2,000社以上のベンチャー企業と実際に接してきましたが、『継続成長』する会社の特徴として、社会の発展に貢献し、人の役に立ち、社会的課題を解決しようとしている志があることが挙げられます。アマテラスではベンチャー経営者に「御社はどのような社会的課題を解決していますか?」と質問しています。事業を行っている本当の動機や目的が強い問題意識に基づき、私利私欲なく社会発展・社会的課題解決のためであればよい仲間が集まり、賛同者・協力者も集まって『継続成長』する可能性が高いと考えます。

一方で、「(単に)儲かりそうだから」、「上場して金持ちになりたいから」、「起業したいから」、「自己を証明したいから」といった私利私欲が目的で、社会的価値を追求しないベンチャー企業は、一時的に儲かっても『継続成長』しない傾向があります。

13
『優良ベンチャー企業』の見分け方を教えてください

意中のベンチャーを見つけるためには以下のことが必要です

・ベンチャー業界動向のマクロ・ミクロ分析 等
・希望業界の構造分析、市場分析、主要・競合プレーヤー分析、評判
・経営者に直接会って、想い・ビジョン。相性を確認

しかし、個人では上記調査を行うには限界があると思います。なぜなら

成長して新興市場に上場するのは毎年わずか数十社。創業10年後に活き残る会社は6-7%というのが現実です。個人でこういった状況を見極め、「これぞ」という1社に絞り込むには、膨大な時間と労力がかかります。

ですので、多数のベンチャー経営者に会って、ベンチャービジネスを常日頃ウォッチしている弊社のようなベンチャー企業転職専門のプロに相談することがよいかと思います。

また、企業を選ぶにあたって 「上場を目指している会社に就職すべきですか?」とか「巷のベンチャー企業ランキングを参考にすべきですか?」といった質問もよく聞かれます。

まず、上場について言うならば、大きな目標を目指している会社にとって上場は通過点や手段であり、目的ではありません。
上場は素晴らしいことですが、上場自体が目的になっているような会社はお勧めできません。私は上場して、『燃え尽き症候群』になったような会社を多数見てきました。

『上場を目指す』とは多くの経営者がいうことですが、本当に実現できるのはごく一部の人だけです(日本には約400万の会社がありますが、上場企業は約3,500社です。つまり企業のうち0.1%程度しか上場していません)。入社後に上場が難しいことがわかり、やる気を無くしては本末転倒なので、あまり上場という言葉に振り回されない方が賢明です。

あくまで、会社の理念や事業内容、経営者、ビジネスモデルを見極めることを最優先に検討されることがよいかと思います。

”ベンチャー企業ランキングに惑わされるな”とも私は常々言っています。「ランキング上位の会社は元気なんだな」程度の認識でよいと思います。

評価項目が明確で、それぞれ定量化した評価がなされているランキングなら参考になりますが、現在出ているベンチャーランキングの殆どは根拠が明確でなく、主観に近い選び方をしているように思われます(ランキングを発表しているメディアに広告を出している等の理由でランキング入りしている会社も少なくありません)。

誰かが作ったランキング軸で企業選ぶのではなく、自らが大事にする価値観や事業への想いという自分の評価軸を明確にして、あなたにベストな会社を探していくことが重要だと考えます。

転職エージェントに相談する際には、まずは企業を絞り込むための『あなたの評価軸』を策定していくところからお手伝いしてくれるのか、ここを見極めることも重要です。

14
転職年齢によってベンチャー企業の選び方は変わりますか?

キャリアプランや目的によってベンチャー企業を選ぶ理由は異なると思いますが、
多くの場合、年代によってベンチャー転職の視点は変わってくると思います。

[アマテラスが考える年代ごとのキャリアプラン]

20代(修行時代) :ビジネスの基本を身に着ける
30代(修羅場時代):チャレンジしてボコボコになる。失敗してもまだやり直しは効く

40代(貢献時代) :自身の強み、経験を活かして社会に貢献する
50代(熟成時代) :何か一つのことを成し遂げる。後進に伝承、育成

当社サイト登録者の多く方が20代、30代ですので、ここではこの2世代について述べます。

20代は修行時代です。貴方の成長角度を最も上げてくれるのは、優秀なメンター(つまり社長)がいる環境です。貴方の視座を高め、気付きをもたらすような経験豊富な社長がいるスタートアップがお勧めです。もちろん貴方自身が自発的に努力し、人から学び取ろうという姿勢は必須ですが。

30代は修羅場時代です。ベンチャーでは責任ある立場で思い切った仕事ができる年代ですが、それゆえにボコボコになる、背筋が凍る思いを最も経験できる素晴らしい年代です。
30代でどれだけボコボコになったか、背筋を凍る思いをしたかが、貴方の40代以降を素晴らしいものにするかを決定するといっても過言ではありません。そもそも会社がチャレンジしているか、社長が人に任せられる人か、チャレンジする風土があるかという視点で企業を見ることは重要です。

ベンチャーでは若くして成功や一攫千金という考えもありますが、私はそうは思いません。ベンチャーでも大企業でも何か大きなことを成し遂げようとするには、最低でも10年はかかると私は考えています。焦らずじっくり修行をして、多くの修羅場を経験することが貴方の人生の根を深くし、大きな成長をもたらすでしょう。

15
いろんなベンチャー企業があってなかなか一つに決められないのですが…?

『Mement mori(メメント モリ)』――ラテン語で『死を思え』という言葉があります。
人はいずれ死ぬので、自分のやりたいことを好きなようにやるのがよい。
“全力で今を生きる”という考えにも通じ、そうした視点を持つことで、判断できることが多いと感じます。

人生を充実させるために、仕事の充実はとても大切な要素です。転職は人生の大きな転換点になりますので、あなたの人生を後悔しないものにするため価値観や生き甲斐、モチベーションの源泉など人生の棚卸しをしてください。しかし、それを行ったとしても、「本当にこの判断で正しいのか?」と不安になることは多いと思います。そこで私が転職希望者にお伝えしているヒントが先程の『Mement mori(メメント モリ)』です。

実際に起業家が起業するときに、『Mement mori』と何度も自問自答し、情熱が恐怖に打ち克ったというお話をよく聞きます。
「この社長となら失敗しても後悔しない」「この事業に賭けてみて失敗しても後悔しない」
そのような覚悟が生まれるまで考え抜いて欲しいと思います。

一方で、『未来先行思考』――「将来このような世の中になって、このような会社は上場しそう/成長しそうだからこの会社にしよう」という考えで決めることは、必ずしも良い結果になりません。ベンチャー企業の仕事は変化が大きく、ビジネスモデルや事業内容が変わることも多いです。景気等の環境要因で成長速度や上場スケジュールも変わります。会社の軌道修正の度に離れていくのは、未来先行思考で決めた方です。

ベンチャーで働くことは、誰かに貢献することであり、誰かの役に立つことだと、私は考えます。未来も大事ですが、今取り組んでいるプロダクト・サービスが好きだから、一緒に働いている人が好きだから、今一生懸命出来ることを積み上げて、最終的に素敵な世界を作るといったような演繹型の人が結果的に成功していると思います。

16
ベンチャー企業では経営者との相性が大事と言われます。なぜですか?

経営者の不足している部分はサポートし、共に進んで生きたいと思えるかどうかはとても重要です。

大企業と違い、ベンチャー企業では意思決定の仕組や業務フローが固まっていないことが多く、経営者が1つ1つ意思決定をしていくことが多いです。経営方針や人事や物品購入に至るまで、社員の見えるところで行われることが少なくないです。

そのような状況で経営者に対して共感や尊敬の念がない場合には、気持ちが折れかねません。経営者も人間ですから完璧ではありません。経営者の不足している部分はサポートし、共に進んでいきたいと思えるかどうかはとても重要です。時には経営者に意見することも必要ですが、人間的に合わない、感情的に好きになれない状況では、ことあるごとに衝突してやる気もなくなってしまいます。

例えてみれば、ベンチャー経営者は北極星のようなものです。北極星を中心に星が動くように、社内においても経営者を中心に社員がそれぞれ立ち位置を考え、動いていきます。北極星を無視して流れ星になってしまうようでは、その会社にいる意味・価値がなくなってしまいます。

17
転職先のベンチャー企業がネット上でブラック企業と書かれていました。辞退すべきですか?

ネット上でのベンチャー企業の評判・口コミは確からしいものもあればデタラメもあります。
不安なことがあれば、納得いくまで自身の目と耳で確認すべきだと思います。

例えば、急成長を遂げている過渡期のベンチャーによくあることとして、成長を支える優秀な社員グループと変化に対応出来ない社員グループに二極化し、後者が非難を書き込んでいることもあります。このような場合、ネガティブな意見だけを鵜呑みにするのは大きな間違いになるでしょう。

やはり、納得いくまで社長と会い、現場・社員の様子を見て判断することが一番かと思います。その企業をよく知るエージェントに詳細確認することも有効です。弊社ではそのあたりの確認も行っております。

経験則からいえば、成長著しい会社ほど悪い評判を投稿されていることが多いように思います。他社の僻みもあると思います。私個人でいえばネット上の口コミはあまり信頼していません。

会員登録はこちら会員登録はこちら

ベンチャー企業の就職活動

18
ベンチャー企業への転職スケジュールや採用プロセスについて教えてください

転職活動には、書類応募してから内定獲得までに3回程度の面談、約2か月程度かかります。
その後、勤務先に退職の申出や交渉をしてから退職日までが約2か月
(一般的な職務規定では退職の申し出から翌月末日に退職となっています)。
トータルでは書類応募から新しい会社に入社するまで3~5か月はかかります。
新しい会社への初出社日を想定して動き始めてください。

<一般的なベンチャー転職の採用プロセス>

[一次面談] 人事、現場マネージャー
[二次面談] 役員、現場リーダー
[最終面談] 社長

これに対してアマテラス紹介の場合、一次面談が社長面談になることが殆どです。

<アマテラス紹介の場合の面談プロセス>

[一次面談] 社長
[二次面談] 担当役員、現場リーダー
[最終面談] 社長+候補者が希望する人

最終面談後に社長や社員との飲み会をセットし、慎重に相性を確認する企業も少なくありません。

アマテラスで主に対応している経営幹部候補の場合、例え内定を頂いたとしても、数回の面談での意思決定は難しいという方が多いです。その場合、内定後も再度社長と膝詰めで話す場を設けたり、現場を見て頂いたり、現場社員と話す場を設けたりすることもしております。

また、弊社が心掛けていることは、内定を得るためのサポートだけでなく、候補者にとって「人生を賭けられる会社かどうか」を見極めて、納得がいく意思決定までお手伝いさせて頂くことです。

19
ベンチャー就職に有効な履歴書・職務経歴書のポイントを教えてください

ベンチャー転職の履歴書・職務経歴書で最も特徴的なことは、その資料を「社長が読む」ことです。
つまり、社長目線の職務経歴書を作成する必要があります。
巷にある職務経歴書の作成本やグーグル検索で出てくる履歴書・職務経歴書のサンプルは大企業向け、
つまり人事部向けです。『ベンチャー経営者』と『大企業の人事部』の視点は全く異なります。

<ベンチャー経営者が中途採用する時の視点>

<人事部の視点(サラリーマン視点)>

上で述べた『ベンチャー経営者』の視点で職務経歴書を作ってください。
具体的には以下2つのポイントを意識してください。

□ POINT ①

会社にどのような貢献ができるのかを経営指標の数字に落とし込み、職務経歴書のトップにサマリーとして記載する。

数字のない職務経歴書は三流です。経営者は常に財務諸表を意識しているので、自身が入社することで経営指標や決算書がどう変化するのかを数字でイメージさせることで判断がしやすくなります。

□ POINT ②

社長へのラブレターのつもりで書く。

ベンチャー経営者にとって会社は自分自身、もしくは子供のようなものと書きました。HPやメディアで述べられているビジョンや創業の思い等をしっかり読んで、社長の思いにいかに共感し、一緒に働きたいかを伝えることはとても重要です。

逆にベンチャー経営者にとって魅力的ではない履歴書・職務経歴書とは、以下のようなものです。

20
企業の採用ページに希望するポジションでの募集がありません。応募できますか?

はい、全く問題ありません。関心ある会社であれば遠慮せずに、まずはアプローチしてみてください。
概してベンチャー企業ではポジションに人を当てはめるというより、良い人がいればその人のためにポジションを創出します。

ベンチャー経営者がアマテラス登録人材に求める典型的求人依頼は以下の様なものです。
「現在、弊社には空いているポジション(職)はありません。でも、とにかく応募してみてください。面談して、会社のためにできること、そして、どうやったら会社がそのポジションを作り出せるのか提案してください。」

また、ベンチャー企業では環境変化に応じて会社も変化しなければならず、1人が対応する業務が広範になりがちです。入社前に想定していたポジション以外の仕事をすることも多く、ミスマッチを防ぐために敢えて募集ポジションを明記しないことも一般的です。

特に大企業出身者の方は、仕事に対して明確な業務内容やジョブディスクリプション(職務記述書)を求めるため、希望するポジションが記載されていないという理由で応募を諦めてしまう方が少なくありません。
大事なことは貴方がその会社にどのような貢献をしたいかを伝えることです。
ベンチャー企業では一部の専門的なポジション(プログラマや財務経理等)を除き、ポジションは自分で創出し、確立していくものです。
道(ポジション)を切り拓いてください。

21
人材エージェントに相談するメリット、デメリットをおしえてください

人によって様々ですが、以下のような点が上げられます。

[メリット]
・企業内の情報、経営者の情報を詳細に教えてもらえる。自身では取得できないような情報を得られる。
・エージェントを通すことで、経営者、経営陣に直接応募できる(アマテラスは経営陣にダイレクトアクセスするのが強みです)。エージェントを通さずに直接応募すると、先方窓口が人事総務部門になることが多く、自身の良さが伝わらずに、話が進まなくなることがある。
・面談後、何が評価されたのか、評価されていないのか、などのフィードバックをもらえる
・面倒な交渉をエージェントにやってもらえる。年収交渉、入社日交渉など

[デメリット]
・企業としっかりした関係を作れていないエージェントを通じて応募するとむしろ話が進まなくなることがあります。

エージェントがしっかりと企業・経営者と関係構築できているか見極めてください。

22
ベンチャー企業で働きたい。志はあるのですが、経験が乏しい。難しいでしょうか?

良いベンチャー企業ほど高い理念共感を求めるので、
漠然としたベンチャーへの思いだけでは良い企業からの内定を得ることは難しいでしょう。

しっかりした会社にはそれぞれ存在理由があり、強い思いがあって経営者がリスクを負って創業したという背景があります。よって、会社を応募する側(候補者側)も「何をしたいのか」、「どんな道を究めたいのか」、「どんな理念に共感したのか」等を明確にする必要があると思います。

今は漠然とした思いであっても、その思いを明確にしたいという意思があれば、弊社のようなエージェントと相談することで道筋が見えて、よいマッチングに結びついたことも少なくありません。

また、「経験が少ない」といった点でのご相談も多く頂きます。志があれば、躊躇なくアマテラスに相談してください 。スキルや経験も大事ですが、それ以上にベンチャーでは理念への共感や経営者と夢を共有できることが重要です 。未経験でも、人間性や理念共感度を見て採用をするベンチャークライアントもありますので、やりたいことが明確であれば遠慮なくご相談ください 。

【事例:エネルギー効率化コンサルティングのベンチャー企業】
仕事内容は非常にスキルフルでありながら、社員に対しては理念共有と多様性を重視する会社で、業界知識無し・民間企業勤務未経験の自衛隊出身者(30代半ば)を採用

優良ベンチャーのCEOと
直接つながる転職サイト

アマテラスに会員登録すると
ベンチャー幹部を志す人材と
優良スタートアップ
ベンチャーを繋ぐ転職支援サービスを
ご利用いただけます。

会員登録(無料)

グループサービス

「ママ」も「キャリア」も楽しむ
女性のためのお仕事サイト

ママテラスはキャリアを積んだ女性が
ライフステージを問わず働ける企業を
マッチングするサービスです。

お仕事探し