リディッシュ株式会社

リディッシュ株式会社

コンシューマーbiz

リディッシュ株式会社 リディッシュ株式会社
創業フェーズ(シード・アーリー)

VISION

◆Vision
【テクノロジーで飲食の場を豊かに】
飲食業界がデータとテクノロジーの力を活用できるようにすることで、飲食経営や飲食業界に関わる人、お客さまの体験を豊かにしていきます。

◆Mission
世界に誇ることができる日本の飲食産業を豊かにするために、「飲食経営を科学する」ことを使命としています。

飲食店経営者が苦手とするマーケティング・ファイナンスの側面を我々がパートナーとなってカバーし、飲食店の経営者は自分達が得意な接客や料理に本気で向き合い、お客さんを喜んでもらうことにやりがいをもって向き合えるようになる。
そのようにして、飲食店に来るお客さんや飲食店の経営者が豊かになる。そのような世界を創ろうとしています。
また、データに基づく再現性の高い経営モデルを飲食業界に浸透させた先には、美容業界など、サービス産業全体へと広げていきます。

◆Value
1.信頼
 言葉を大事にしよう。
 僕らの世界は言葉でできている。
 言葉を通して、顧客や仲間を知ること、
 知ってもらうこと始めよう。
 そして行動によって小さい信頼を積み重ねよう。

2.共感
 自分のことのように、ともに喜び、
 ともに痛みを感じられるようになろう。

3.挑戦
 まずはやろう。
 どんな道のりも小さな一歩から。
 自分の可能性を信じよう。

会社概要

【事業内容】
ファイナンスとマーケティング事業を二軸に、飲食業界をはじめとしたサービス産業のDXを推進するベンチャー企業。
「テクノロジーで飲食の場を豊かに」をビジョンとして掲げ、飲食業界に対して、テクノロジーをベースとしたマネジメントソリューションを提供しています。

【サービス】
▶︎ファイナンスサービス:Cross point(クロスポイント)
 ● ベースの事業として、記帳代行・確定申告・事業計画策定など、飲食店を中心にバックオフィス全般を
   サポートしています。 
 ● ここでは会計の業務を最大限に効率化し、付加価値提供を可能とするBPR(業務改革)を実行し、会計
   のオペレーション領域においてもイノベーションを起こし、低価格・高付加価値なサービス提供を実現。
 ● 単にバックオフィスサービスの提供にとどまらず、会計の領域にマーケティングとテクノロジーを
   掛け合わせ、データドリブンなコンサルティングを提供していきます。

▶︎マーケティングサービス:MakeStory(メイクストーリー)
 ● 飲食店の認知拡大や集客、売上確保を可能にするクラウドファンディングを活用したマーケティング
   支援を行い、飲食店の売上を最大化させるサービスを手掛けています。
   このサービスでは累計で350件以上手掛けており、業界平均としては50-70万程度の支援金額に対して
   弊社では、お店の魅力を表現するのに培ってきた様々なノウハウを活用し平均で400万以上と
   日本トップの実績をだしています。

 ● 更にクラウドファンディングコンサルを通して蓄積したノウハウに、それにデータを活用を組み合わ
   せることで、各媒体の活用方法の最適化を実現できるサービスを展開しております。

▶︎開業コンソーシアム事業
 ● 飲食業界の社会課題を、業界の主要プレイヤーとコンソーシアムによって解決していく事業を展開しています。

 ● 弊社は飲食店の開業時におけるファイナンス支援を手掛け、会計を中心としたバックオフィスと開業前のマーケティングを請け負います。
そこで財務・マーケティングデータを集めるとともに、飲食店とのタッチポイントを握ることで、様々なビジネスチャンスを生むことを可能としています。

 ● 我々だけで解決できない課題に対しても、業界に関わる主要プレイヤーを巻き込み、一括して彼らのサービスを提供できるベンダーゲートウェイとなることで、飲食店経営に必要なソリューションを提供し、飲食業界の経営インフラとなることを目指しております。

上記の企画、運営まで、その全てを弊社が先導し、業界の大手企業を巻き込みながら飲食業界の社会課題を解決できるようベースを構築しています。

会社名 リディッシュ株式会社
代表者名 代表取締役 松隈 剛
設立年 2015年
所在地 東京都
従業員数 11 〜 30人
特徴

創業フェーズ(シード・アーリー)

会社HP https://redish.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

創業フェーズ(シード・アーリー)

代表取締役

松隈 剛

松隈 剛

1995 年:監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ) 入社
1999 年:クーパースアンドライブランド(現 プライスウォーターハウスクーパース) 入社
1999 年:スパークス投資顧問(現 スパークスグループ) 入社
2010 年:スクウェアキャピタル株式会社 創業
2015 年:リディッシュ株式会社 創業

メンバー

河石泰

河石泰 (営業責任者)

 

畑野 敏宏

畑野 敏宏 (ファイナンスサービス - 補助金・助成金担当)

2020年に岡山大学を卒業後、新卒にて大手ガラスメーカーに入社。
新規事業開発部署にてマーケティングを経験。

その後Amazon専門のDtoCベンチャー企業にて新商品開発を経験し、入社3ヶ月で粗利200万/月を達成。
「スモールビジネスではなく、社会にインパクトを残せる仕事をしたい」との想いでリディッシュにジョイン。

補助金・助成金サービスの立ち上げを中心に、飲食店の課題解決に取り組む。

坂口高貴

坂口高貴 (マーケティングディレクター)

リディッシュ株式会社 マーケティングディレクター
慶應義塾大学を卒業後、コンサルティング会社に入社し、業務改善プロジェクトに従事。

その後出版社に転職し、webマーケティング、新規事業の立ち上げなどを経験。

マーケティングスキルを極め、自分が携わった仕事で人々が楽しむ瞬間を作りたいという想いで、2019年2月にリディッシュにジョイン。

クラウドファンディングを活用したレストランのマーケティング支援サービスのクリエイティブを担当し、手掛けた件数は200件以上。総支援金額は約5億3000万円。
Twitterのフォロワー数は約1万人。

世戸口逸人

世戸口逸人 (人事戦略担当)

リディッシュ 株式会社・人事戦略担当。

慶應義塾大学在学中の2020年に公認会計士試験に合格。
新卒でPwCあらた有限責任監査法人に入所。ファンド監査・会社法監査等、2年間の実務を経験。
在職中に立ち上げた飲食系サービスは失敗に終わったものの、「自身で事業を創る喜び」を忘れることができず、社内ベンチャーで経験を積みたいという気持ちが募る。
その後の2021年10月、リディッシュ 株式会社へジョイン。

飲食店向けの資金調達サービスや補助金・助成金サービスの立ち上げを経て、現在は人事・採用全般を担当する。


関 現

関 現 (マーケティング、アプリ開発担当)

リディッシュ株式会社 マーケティング、アプリ開発担当

国際基督教大学を卒業後、新卒でWeb広告事業会社に入社。広告運用管理業務、経営企画、新規事業開発などを経験。

自身の経験を「食」の分野で活かし、食文化の発展に貢献したいという思いから、2022年2月にリディッシュにジョイン。

飲食店向けのマーケティングソリューション構築、アプリ開発のプロダクトマネジメント業務に取り組む。

三宅 夏貴

三宅 夏貴 (セールス)

リディッシュ株式会社 ファイナンスサービス・セールス担当。

2012年、オーストラリアの大学在学中に、日本食立ち上げ事業に出会い、7年間を飲食業界で過ごす。
自身が名付けた日本食レストランの立ち上げを経て2018年に帰国。

帰国後3年間は、外資系商社にてセールスエンジニアとして、カメラモジュール開発のプロジェクトに関わる。
一方で、飲食業界に関わる仕事への思いが強くなり、「飲食店で働く人々の夢を形にする場にもっと立ち合いたい」と思い、リディッシュ株式会社にジョイン。

飲食店経営者向けの会計税務、融資のサービス提案をしながら、課題解決に取り組む。

創業フェーズ(シード・アーリー)

この企業の募集情報

ご登録いただくと、
全ての求人情報がご覧いただけます。

登録して求人情報を見る(無料)

既にアカウントをお持ちの方はこちら

ログインする