株式会社カーボンフライ 株式会社カーボンフライ
創業フェーズ(シード・アーリー)

VISION

奇跡の素材”カーボンナノチューブ(CNT)‘’をくらしへ、空へ、宇宙へ

会社概要

従来の常識をはるかに超える多くの物理的・化学的な性質(力学・電気、熱伝導性など)をもった『奇跡の素材』
カーボンナノチューブ(CNT)。
私たちはこのCNTを独自の技術と製法(CVD法=化学気相蒸着法)によって、素材の特性を制御し、高品質ならびに安価に製造することに成功しました。

私たちのCNTは、次世代の炭素繊維として航空宇宙産業やスポーツレジャー産業での活躍が期待され、近年バッテリーや電子部品やセンサー、バイオマテリアルなど様々な分野での応用研究が進んでいます。

-カーボンナノチューブ(CNT)とは
グラフェンをある軸に対して丸めてチューブ状にしたナノ材料であり、一層のものを単層カーボンナノチューブ、複数層のものを多層カーボンナノチューブといいます。​直径は0.6~数十nmであるのに対し、長さはミクロンオーダーであり、一次元のナノ材料といわれています。カーボンナノチューブは従来の常識を超える多くの物理的性質(力学・電気・熱)や科学的特性を持っています。
特に力学的性質は​人類が発見した材料の中でも最も優れていると言われています。例を挙げると、鋼鉄と比較して引張強度は100倍、ヤング率は5倍もあり、密度は6分の1です。​これらの性質は同じ炭素原子からなる炭素繊維生地も上回っています。

会社名 株式会社カーボンフライ
代表者名 代表者 鄧 飛
設立年 2022年
所在地 東京都
従業員数 11 〜 30人
特徴

創業フェーズ(シード・アーリー)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

英語力を活かせる環境がある

会社HP https://carbonfly.co.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

創業フェーズ(シード・アーリー)

代表者

鄧 飛

鄧 飛

学歴(大学から) 
1999年4月 筑波大学第三学群工学基礎学類 入学
2003年4月 筑波大学修士課程       入学
2005年3月 筑波大学修士課程修了、修士(工学)
2005年10月 東京大学大学院博士課程    入学
2008年12月 東京大学 博士号取得(科学)

職歴
2008年 日本学術振興会特別研究員(受け入れ先:東大)
2009年 オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)招聘科学者
2010年 アメリカデラウェア大学ポストドクター
2012年 アメリカデラウェア大学パーマネント研究職員
2016年 中国、深センシーワンテクノロジー株式会社
    (深圳烯湾科技有限公司)創立者
2016年 アメリカ、スーパーシー有限会社(SuperC Inc.)創立者
2017年 日本、シーワン・ジャパン株式会社
    (現シーワン・テクノロジー・ジャパン株式会社)創立者

この企業の求人情報

縫線担当

【最先端素材メーカーでの研究開発職】研究開発部にてカーボンナノチューブを応用した繊維複合材料の商品開発をお任せします!

正社員(無期) フレックス可 研究・開発
address 東京都江東区

営業(リーダー候補)

奇跡の素材、カーボンナノチューブの営業リーダー候補を募集

正社員(無期) 一部リモート可 フレックス可 営業・CS(法人向け)
address 東京都江東区

技術系オープンポジション

ご経験に応じてご担当いただく職種を決定致します!

正社員(無期) フレックス可 その他エンジニア 研究・開発
address 東京都江東区

生産設備の設計・立上げ(電気/制御)

セカンド・ジェネレーション量産技術をゼロから一緒に作り上げてくれる人材を求めます!

正社員(無期) 一部リモート可 フレックス可 制御・組込エンジニア その他エンジニア
address 東京都江東区

樹脂混錬実験員

次世代新素材CNTの性能開発//新材料開発に向けて樹脂混錬作業を行える実験員募集!

正社員(無期) 時短正社員 業務委託(フリーランス) フレックス可 生産・事業オペレーション 研究・開発
address 東京都江東区

知的財産担当

【一人目知財担当】素材メーカーベンチャー企業!最先端の素材開発を進めながらグローバル展開を目指します

正社員(無期) 時短正社員 業務委託(フリーランス) 業務委託(副業・複業) 一部リモート可 フレックス可 法務・知財
address 東京都江東区

基礎研究研究員

//次世代CNTの性能開発//世界で需要のある次世代基幹素材の開発・評価を行える研究員募集!

正社員(無期) 時短正社員 契約社員 一部リモート可 フレックス可 研究・開発
address 東京都江東区