手術支援ロボットの事業化を目指すスタートアップ企業

F.MED株式会社

Facebook   X

会社の特徴

私たちは九州大学先端医療オープンイノベーションセンターで実施されてきた「マイクロサージャリー支援ロボット」の開発継続と事業化を目的に、2021年3月に創業した会社です。九州大学では福岡県ロボット・システム産業振興会議および国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)補助事業採択の実績があります。また、F.MEDとしては2021年6月から新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の事業として研究開発を実施しています。加えて、フクオカベンチャーマーケット2024の大賞を受賞(https://www.fvm-support.com/article/12095/)するなど、行政からも事業化の期待を頂いています。

◆マイクロサージャリーとは?◆
手術用顕微鏡を使用して、例えば直径1mm程度の血管等を縫ってつなぎ合わせるなどする手術の技術を刺します。乳がんや頭頸部がん手術後の再建手術、リンパ浮腫の軽快化手術、事故等で切断された指の再接着手術など、人の生活の質や予後を劇的に改善させるための手術に活用が可能です。しかし、非常に繊細な手作業が要求されるため、生理的な現象として発生する手の震えを抑えることが難しく、実施できる医師や医療機関が限られています。また、実施できる様になるためには数年にもおよぶ長い訓練が必要とされ、かつ実施できる医師にも地域的な偏在が存在するのが実情です。

◆マイクロサージャリー支援ロボットとは?◆
上記マイクロサージャリーの技術的課題を解決するために、医師の動作を縮小化かつ手の震えを制御して正確に再現し、医師に代わって実施するマスタースレーブ方式のロボットです。ロボット支援により技術習得に必要な期間を劇的に短縮させ、マイクロサージャリーを実施できる医師が増えることが期待できます。また、既に実施している医師にとっても細かな長時間の作業は大きな負担であるためその軽減が図れ、手術の出来る件数増加も期待できます。その結果マイクロサージャリーを通じて生活の質が劇的に改善できる患者さんの増加に貢献することを目標にしています。

【製品】
マイクロサージャリー支援ロボット

非常に繊細な動作を要求されるマイクロサージャリー(微小血管吻合)をロボットで支援して術式を標準化させ、より多くの患者さんが治療法として選択できる環境構築を目指します。同時に、術者の心身負担軽減も目指します。

VISION

医療機器の開発を通じ、世の中の患者さんが抱える多くの不自由を解決する事を目指します。

アカデミアとビジネスの知見、探究心、そして情熱を融合させ、新たな医療機器の研究開発と事業化に取り組みます。

会社概要

会社名 F.MED株式会社
代表者名 共同設立者、代表取締役、CEO 下村 景太
所在地 福岡県
会社URL https://f-med.co.jp
設立 2021年
従業員数 10人以下
ファイナンス情報 ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

主要メンバー紹介

下村 景太

共同設立者、代表取締役、CEO 下村 景太

詳細を見る

1974年生まれ。法政大学大学院経営学研究科修士課程修了。複数の医療機器メーカーや商社で営業、マーケティング、新事業開発を経験した後、2018年株式会社アステム入社。2021年3月、開発プロジェクトを通じて知り合った小栗と共にF.MED株式会社設立。

小栗 晋

共同設立者、取締役、CTO 小栗 晋

詳細を見る

1974年生まれ。早稲田大学大学院先進理工学研究科修士課程修了。機械メーカにて自動車生産設備や搬送装置の機械設計、産業用ロボットのプログラミング等を経験後、2006年設計請負会社設立。2013年より九州大学先端医療オープンイノベーションセンター所属。2021年3月、開発プロジェクトを通じて知り合った下村と共にF.MED株式会社設立。

岸原 稔泰

監査役 岸原 稔泰

詳細を見る

GxPartners LLC 代表。2021年3月よりF.MED株式会社監査役。

橋爪 誠

顧問 橋爪 誠

詳細を見る

社会医療法人北九州病院 北九州古賀病院院長。九州大学名誉教授。1979年九州大学医学部卒業。1999年同大大学院医学系研究科災害救急医学教授。2003年〜2018年同病院先端医工学診療部部長兼任。2010年九州大学先端医療イノベーションセンター長兼任。2014年九州大学主幹教授就任。2016年九州大学多元計算解剖学国際研究センター長兼任

日本学術会議連携会員、日本外科学会(指導医、特別会員)、日本消化器外科学会(指導医、特別会員)、日本内視鏡外科学会(監事)、日本門脈圧亢進症学会(理事)、日本コンピュータ外科学会(前理事長)ほか

専門分野:災害救急医学、消化器外科、門脈圧亢進症、内視鏡外科、ロボット外科、インテリジェント手術支援ロボティックシステム研究開発、新学術領域「多元計算解剖学」の確立

江藤 正俊

顧問 江藤 正俊

詳細を見る

九州大学大学院 医学研究院 泌尿器科学分野 教授。1986年九州大学医学部卒業。2015年〜九州大学大学院医学研究院泌尿器科学分野教授。2018年〜同大学先端医療イノベーションセンター長、同大学病院先端医工学診療部長。

日本泌尿器科学会専門医・指導医。日本泌尿器科学会・日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医。日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器腹腔鏡)。日本がん治療認定医機構がん治療認定医。泌尿器ロボット支援手術プロクター認定医。ロボット(da Vinci)手術認定医。

専門分野:泌尿器腫瘍学、腫瘍免疫、移植免疫、腹腔鏡手術、ロボット支援手術

コメント

現在コメントはありません

求人一覧 (4件)

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載

F.MED株式会社の求人を見た方が同時に見ているスタートアップ

どこでも最善の手術を享受できる世界を創る

株式会社OPExPARK
  • 医療・ヘルスケア
東京都

OPExPARKは、いつでも・どこでも最先端の手術を学習できる
教育コンテンツの 撮影・編集・配信を通じて、医師教育のDX化を推進しています。
また、手術映像およびOPeLiNK取得データをリアルタイムで伝送し、
専門医が遠隔地から現場の執刀医による診断・手術に助言・アドバイスを行う等、
病院のDX化に向けた取り組みを実施しており、国内外の医療の質向上に貢献しています。

  • ビジネスモデル確立フェーズ(ミドルステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある

EV充電がもっと身近に、EV充電でもっと豊かに。

Eneliver株式会社
  • モビリティ / ロボティクス / IoT / SaaS / サステナビリティ・環境
東京都

電気自動車(EV)の充電設備の導入から運営までをトータルサポート。高性能・低価格・短納期のEV充電器、EV充電管理クラウドシステム、アプリなどの自社開発製品を提供。

【サービスの特徴】
01. 機能
EV充電器、EV充電管理クラウドシステム、アプリにて、EVユーザー・EV充電設備オーナー等のあらゆるユースケースに配慮したきめ細かい機能を設計しています。

02. 価格競争力

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある

Care techであたりまえの幸せをすべての人へ

株式会社ウェルモ
  • 医療・ヘルスケア / シニアサービス
東京都

当社は「人ありき」のテクノロジーで、一人ひとりが輝く社会を実現することをパーパスに掲げ、介護業界向けの革新的な業務DXソリューションを提供しています。

下記サービス他、介護分野では国内で初めて国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED) ロボット介護機器開発等推進事業の支援を受けIoT技術を活用して一人暮らしの高齢者の生活リズムをモニタリングする居宅内モニタリ…

  • ビジネスモデル確立フェーズ(ミドルステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある

テクノロジーでいつどこでも医療が受けられる世界を

メドメイン株式会社
  • AI / 医療・ヘルスケア
福岡県

Deep Learningを用いた病理画像診断の解析システム「PidPort」や医療従事者・医学生向けクラウドサービスの「Medteria」の開発運営、また独自の病理組織標本の高品質デジタル化クラウドストレージサービスとしてMedmain Imaging Centerの運営を行っています。
医療分野に専門性を持つメンバーと深層学習/Webの開発力を持つメンバーが融合したチームで、日本を中心に世界数ヶ国から多く…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載