植物性タンパク質から植物肉を開発する

グリーンカルチャー株式会社

会社の特徴

私たちはフードテクノロジーで社会課題の解決を目指すベンチャー企業です。
当社のコア技術によって生まれた代替肉・植物肉という新たな価値を提供することで、畜産の抱える課題に立ち向かい、人々の健康と緑豊かな地球の永続を実現していきます。

■TECHNOLOGY -Green Cultureの技術力
「業界パイオニアであるGreen Cultureが持つ科学力と開発力」
植物肉をもっと身近な存在にしていくためには、まず何よりもおいしいこと、そして、手軽に手に入れられることが鍵となります。私たちは独自の開発製造技術により、その両方を実現します。

■BUSINESS -事業内容
「研究開発から販売まで一貫した事業展開が強み」
私たちは植物肉ベンチャーとして、研究開発、製造、販売と一気通貫したサプライチェーンを構築して事業展開しています。これにより、日頃法人・個人のお客様よりいただく声を製品開発に活かし、ニーズに合った商品を自社で創り出すことが可能です。業界のパイオニアとして、10年以上蓄積してきた知見とノウハウも最大限に活用しながら、植物肉を中心とした様々なプラントベース製品の開発とさらなる普及に向け、事業を加速させています。

・植物肉製造開発
独自ブランド「Green Meet」を使用した植物肉製品を開発しています。その他、事業者向けに顧客ニーズに合わせた植物肉製品の開発も行います。
・事業者向け販売
広域外食事業者様や、卸売り販売業者様向けにニーズに合わせた製品を提供し、国内外飲食店での植物肉製品導入を支援しています。
本陣向け通販サイトも運営しており、小口仕入れにも対応しています。

VISION

■MISSION
「健康と地球とずっと」
私たちがずっと健康であること。
そして緑豊かな地球がずっと続いていくこと。
そんな未来を想像ではなく“創造”していくこと。
それが私たちのミッションです

■VALUE
私たちが大切にしている価値観
01. 常識を変えることを、信じてやり抜く。
02. 自身の言動を律し、自責による改善を徹底する。
03. みんなは一人の為に、一人はみんなの為に。
04. よく考え、決めたら即行動する
05. 過去から学び、新たな知恵を生む

■代表者メッセージ
「次の10年に向けて」
当社は、2011年にベジタリアン向けの食品を専門で販売する通販店としてスタートいたしました。
私自身がベジタリアンで、かつての日本では食べるものに困るときが多々ありました。しかし、留学で訪れたアメリカの西海岸には、多くはないもののプラントベースフードを扱っているレストランやスーパーがあったのです。日本でもこのような食の文化を普及させたいと思ったのが、創業のきっかけです。
グリーンカルチャーという社名には、その名の通り「緑の文化を作る」という意味を込めました。

当社は、多くの皆様のご支援やご協力、ご愛好のおかげにより、2021年2月に創業10年を迎えることができました。近年のフードテック領域の世界的な盛り上がりや、サステナビリティへの注目度の高まりを鑑みると、これからの10年は、これまでの10年とはまったく違った成長加速フェーズになると考えています。
今後は、ヴィーガン・ベジタリアンの方に限らず、ヘルシーな食事を心がけている方や、環境へ配慮している方などより幅広い層への価値提供も目指し、「健康と、地球とずっと。」のミッションの実現に向け一層邁進してまいります。

会社概要

会社名 グリーンカルチャー株式会社
代表者名 代表取締役 金田郷史
所在地 東京都
会社URL https://greenculture.co.jp/
設立 2011年
従業員数 11 〜 30人
ファイナンス情報 ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

主要メンバー紹介

金田郷史

代表取締役 金田郷史

詳細を見る

東京都葛飾区生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。米De Anza College Liberal Arts経営学専攻準学士。高校卒業後シリコンバレーへ留学。在米中、食の多様性へ感銘を受け、日本での植物性食品普及を決意。2011年、貯金を元手に資本金100万円で植物性食品専門企業「グリーンカルチャー株式会社」を創業。会社経営の傍ら各種勉強会での講演や雑誌寄稿また議員連盟で植物性食品に関する情報提供を行う

木場 祥介

社外取締役 木場 祥介

詳細を見る

豊田通商株式会社に入社後、トヨタ自動車株式会社出向を経て、機能性材料分野における新規事業の立ち上げと、素材系ベンチャー企業への投資、グローバル展開支援に従事。2012年に株式会社産業革新機構(現・株式会社INCJ)に入社後、素材・化学チームを立ち上げ、UMIを企画の後、2016年4月よりUMIに正式参画。早稲田大学大学院理工学研究科、東京農工大学大学院生物システム応用科学府修了。博士(工学)。

鈴木 智子

社外取締役 鈴木 智子

詳細を見る

亀田製菓株式会社 食品事業部長。 お客様起点のマーケティングを基軸に多方面で経験を積み重ね、フードテック分野の新規事業開発に携わる。当社ではマーケティングを通してPBF市場の発展とサスティナブルな社会への貢献を目指す。2022年4月より当社社外取締役就任。

松本 浩平

社外取締役 松本 浩平

詳細を見る

オイシックス・ラ・大地株式会社 取締役 経営企画本部本部長。同社入社後、香港向けのEC事業立ち上げ、(株)リクルートとのJVの設立、コンサルティング事業の立ち上げ、メディア事業の立ち上げなど、事業開発を中心に活動。 2012年より、IPO準備のため経営企画部へ異動し、IPOプロジェクトの主要メンバーとして活動。2013年IPOを実現後、IRも担当。2021年5月より当社社外取締役就任。

求人一覧

現在公開中の求人情報がありません

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載

グリーンカルチャー株式会社の求人を見た方が同時に見ているスタートアップ

バイオテクノロジーを活用した代替食品の開発・販売

株式会社Kinish
  • サステナビリティ・環境 / コンシューマーbiz
東京都

We revolutionize the food industry by crafting irresistible, eco-friendly dairy alternatives. Our products not only taste great, but also contribute to solving the world's pressing environmental and protein crises.

【Our Approach】
We aim to mitigate global warming and address the protein crisis by creating delectable alternatives to dairy products.

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある
  • 競争優位性のあるコアテクノロジーがある
  • 英語力を活かせる環境がある

空きスペースがどこでも農場に。小規模植物工場。

スパイスキューブ株式会社
  • サステナビリティ・環境
大阪府

【事業内容】
植物工場の事業化支援、農業装置の設計開発

■サービス概要
植物工場の立上げから運営までトータルでサポート。
設置場所に適したプラント設計施工だけでなく、農業人材を現地派遣して支援します。

◇植物工場(水と電気で野菜をつくる農業施設)に特化したアグリテック系のスタートアップです。
地産地消の考えから、農地のない都心部の居抜き物件を活用して小規模植物工場を建設します。

農業をもっと身近にし、世界中どこでも農業を実現するコンセプトが弊社事業の推進力です。
植物工場の建設に加え、高機能野菜の生産方法や施設オペレーション、野菜流通販売まで一貫して企業の6次産業化を支援しています。
導入地域の飲食店・食品工場など(プロユース市場)に生産野菜の流通販売させる為、物流問題も解消しな…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある
  • 地方スタートアップ

「ワイン」を軸とした多角的事業を展開

株式会社WineBank
  • 物流・配送 / サステナビリティ・環境
東京都

「既存のワイン流通をアップデートする」というミッション達成を目指し、多角的に事業を展開。
テクノロジーを活用したWine × Fintech=WineTech事業、ワイン卸および小売り事業、ワインサブスクリプション事業、レストラン事業を展開しています。

■ ワインを中心とした酒類販売
■ 食品及び雑貨の販売
■ レストラン事業
■ Wine × Technology(WineTech事業)
■ その他上…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある

気候変動を食い止め、次世代に美しい地球を残す

Planet Savers株式会社
  • サステナビリティ・環境
東京都

大気中CO2の直接除去技術(DAC:Direct Air Capture )を実用化可能なレベルのコストで実現すべく、革新的なCO2吸着材開発と、我々の吸着材に最適化されたCO2回収装置の開発を行う日本初のスタートアップ。
DACを社会実装し、2050年CO2排出量ネットゼロ実現による気候変動の緩和に貢献する。
2050年、1ギガトンのCO2を我々の装置で回収し、100年後も美しい地球を守ります。

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある
  • 競争優位性のあるコアテクノロジーがある

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載