株式会社サマリー

コンシューマーbiz

拡大フェーズ(シリーズB、C)

自社プロダクト/サービスがある

VISION

ーサマリーは所有のスタイルを進化させるー
Sumallyでまだ知らなかった “want” なモノとの出会いを提供し、サマリーポケットで物理的スペースの制限にとらわれない新しい “have” の形を提案。近い将来にはこのふたつのサービスを密に連携させることで、サマリーポケットに預けた “have” なモノを、Sumallyで “want” しているヒトに届けるという、新たなコマースの仕組みを構築していきます。

◼︎Sumally Pocket Journal
https://pocket.sumally.com/journal/

◼︎Sumallyブログ
https://blog.sumally.com/

◼︎公式SNSアカウント
https://twitter.com/sumally/
https://twitter.com/sumallypocket/
https://www.facebook.com/Sumally/
https://www.facebook.com/SumallyPocket/

■チームメンバー紹介
https://sumally.co.jp/team.html

会社概要

私たち株式会社サマリーは、Sumallyとサマリーポケットという、ふたつの “モノ” に関するサービスを提供しています。

Sumallyは、洋服やジュエリー、雑貨に至るまで、世界中のありとあらゆる「モノ」に対する、“want(欲しい)” と“have(持っている)” を共有するサービス。
180万点を超える「モノ」の情報と、それに付随する約1億件の “want/have” データを元に、自分が “want/have” したモノの傾向から「知らなかった欲しいモノ」を的確におすすめすることから、「物欲刺激SNS」とも呼ばれています。

そしてサマリーポケットは、「必要なモノは、必要な時だけ手元に。それ以外はポケットの中に。」という、いわば “四次元ポケットがある暮らし” の実現を目指し、モノのSNS「サマリー」と保管のプロ「寺田倉庫」がタッグを組んで、2015年9月に立ち上げた新時代の収納サービス。

シーズン外の衣服や思い出の品など “今すぐ必要で無いモノ” は、専用ボックスに詰めて送るだけで、すべてデータ化されアプリの中へ。預けたアイテムは「寺田倉庫」が管理する業界最高品質の環境で大切に保管され、必要になったらいつでもアプリから取り出すことが可能です。
衣類やシューズの「クリーニング」、「ハンガー保管」、シューズのすり減った「ヒール・ソール交換」、出品にまつわる面倒な作業をすべてサマリーポケットが代行する「おまかせヤフオク!出品」など、保管中に利用できる豊富なオプションサービスも幅広く提供しています。

会社名 株式会社サマリー
代表者名 Founder & CEO 山本憲資
設立年 2010年
所在地 東京都
社員数 11 〜 30人
特徴

拡大フェーズ(シリーズB、C)

自社プロダクト/サービスがある

会社HP https://sumally.co.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

山本憲資 (Founder & CEO)

株式会社サマリー CEO
一橋大学商学部卒業後、電通に入社。
その後コンデナスト・ジャパンに転職し、雑誌「GQ JAPAN」にて編集者に。
2009年9月にコンデナストを退社。
翌年2010年4月、「Sumally」を設立。

メンバー

  • 日下部 康介 (Board Director / Project Manager / Data Analyst)

    株式会社サマリー 取締役 / 運用・運営全般を担当。
    一橋大学商学部を卒業後、株式会社ミスミに入社。FAメカニカル事業部にて、数十垓(兆の1千万倍)に及ぶ膨大な商品数を提供するECサイトの運営リーダーに最年少で着任し、データ分析・進捗管理などを担当。2010年のSumally設立時より、学生時代から親交のあったCEO山本に誘われ参画。

  • 北村 慧太 (CTO)

    株式会社サマリー CTO
    中学校時代からインターネットとプログラミングに熱中し過ぎて高校を中退。2001年、株式会社ビジネス・アーキテクツに入社。その後、米国留学を経て2004年よりデザインスタジオ「tha ltd.」に設立メンバーとして参加しUNIQLOなどのウェブ開発に携わる。2007年から始めたイメージブックマークサービスFFFFOUND!は、デザイナー向けのコミュニティとして世界中のユーザーから圧倒的な支持を得ている。受賞歴に、ARS Electronica、文化庁メディア芸術祭、カンヌ国際広告祭など。