ソナス株式会社

IoT

創業フェーズ(シード・アーリー)

VISION

【魅惑的技術で社会の礎を成す】
ソナスという社名は「礎を成す」という言葉に由来しています。
ユーザーを魅了するテクノロジーを時代を超えて提供し続け、人々の生活を支える「未来の当たり前」を創ることを目指しています。

会社概要

ソナス株式会社は、独自の省電力無線通信技術「UNISONet(ユニゾネット)」を開発・提供する東大発IoTベンチャーです。

昨今「IoT(Internet of Things)」の潮流とともに様々なモノのセンサデータを収集・解析する試みが広がっており、データ収集のうえで無線通信活用のニーズが広がっています。
しかし、LTE、Wi-Fi、Bluetooth、近年注目される「省電力広域通信(LPWA)」など、多くの無線通信方式が既に存在しているにも関わらず、これらのいずれでも未だ困難とされている技術課題が存在します。それが「省電力性」「通信可能範囲」「通信速度」すべてをバランスよく実現すること、そして、無線通信特有の「電波干渉」の問題に耐え、安定して通信を行うことです。
これらの課題に対しソナスの開発・提供する「UNISONet」は、「同時送信フラッディング」という新たなデータ転送方式を利用することで、乾電池で年単位持続可能な省電力性を維持しつつ、「通信範囲を容易に拡張できるマルチホップ機能」「ユーザの指示への俊敏な反応」「高精度な時刻同期機能」「画像などの大容量データを収集可能な高スループット性・安定性」といった特徴を、同時に実現しています。既存IoT無線の抱えていた課題を打開する、ブレイクスルー・テクノロジーと言えます。
この新たな転送方式「同時送信フラッディング」は現在世界的に注目を浴びつつあり、海外では関連研究なども増え始めていますが、弊社メンバが大学時代から研究を重ね、いち早く技術の実用化・顧客獲得に至っています。

ソナスは2017年に事業開始し、昨年は大型の資金調達も行って、お陰様で製造業界や土木・建築業界などにおいて大手企業含めた多くのお客様と既に取引を開始しています。ただそれだけではなく、私たちは日本の大学から生まれたこの「UNISONet」を、IoT無線のグローバルスタンダードに育てたいと考えています。
そこに至るためには、製品・ソリューションの洗練、無線モジュールの量産化、知財戦略、パートナー構築、海外進出など、挑戦したいことが山積みであり、多岐に渡る分野のエキスパートが必要です。是非、私たちの挑戦に賛同頂ける方々のご応募をお待ちしております。

会社名 ソナス株式会社
代表者名 代表取締役 大原 壮太郎
設立年 2015年
所在地 東京都
社員数 11 〜 30人
特徴

創業フェーズ(シード・アーリー)

会社HP https://www.sonas.co.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

大原 壮太郎 (代表取締役)

三重県亀山市出身。東京大学森川研究室にて無線センサネットワークの研究を行い、2010年に同大学院を修了。ソニー株式会社に入社し、GPS、NFC、デジタルテレビ等のIC開発に従事。2015年7月にソニーを退社、同年11月にソナス株式会社を創業。
2児の父で、週末に子供と過ごす代々木公園でのひとときが大好き。保育士資格も保有。

メンバー

  • 鈴木 誠 (共同創業者・CTO)

    東京大学大学院新領域創成科学研究科博士後期課程修了。10年以上に渡り無線センサネットワークの研究に従事し、在学中に現在の「UNISONet」の原型を研究・開発。
    大学時代の後輩であった大原、神野とともに、2015年にソナス株式会社を共同創業し、最高技術責任者として技術面をリード。
    技術へのこだわりと「UNISONet」への愛は海よりも深い。

  • 神野 響一 (共同創業者・技術営業・フィールドエンジニア)

    東京大学工学部卒業後、同大学先端科学技術研究センター技術補佐員を経てソナス株式会社共同創業。大学では無線センサネットワークの研究に従事。
    2016年度IPA未踏スーパークリエータ。

  • 南 正輝 (ハードウェアエンジニア)

    東京大学大学院にて博士号(工学)取得後、東京大学准教授、芝浦工業大学准教授を歴任。
    “釣り” と “ものづくり” をこよなく愛す。最近では、木製ルアーを安価に自作するために、加工用CNCルータをスクラッチから作るという徹底ぶり。

  • 黒岩 拓人 (組み込みエンジニア)

    京都大学大学院修了後、企業でスマートアグリビジネス向けのセンサデバイスおよびクラウドアプリケーションの開発に従事。
    趣味はサッカー観戦。10年ぶり2度目となる浦和レッズのACL制覇の瞬間を、埼玉スタジアムで目の当たりにした57,727人のうちの1人。

  • 川西 直 (サーバサイドエンジニア)

    東京大学大学院を単位取得退学後、大学や企業でユビキタスコンピューティングなどの研究活動に従事。
    鯉党。猫派。Emacs愛好派。HHKB英語配列使い。たけのこ党支持。自転車乗りだが、あまり乗れていない。将来の夢は適正体重になること(本人談)。

  • 奥寺 芽維 (セールス・マーケティング・事業開発・採用)

    東京大学卒業後、外資系ITベンダに入社しセールスに従事。大手製造業を担当し、データ活用やITインフラ運用変革の支援に携わる。その後エムスリー株式会社にて、新規事業開発やセールス、マーケティング、プロジェクトマネジメント等を幅広く経験。
    お酒と音楽と野球観戦が好き。

  • 矢口 奈央子 (在庫管理・総務)

    法政大学卒業。商社や物流関連企業に長年勤務し、輸出業務、国際物流企画、国内外拠点の収支管理、新規部署の立ち上げ等に従事。2019年1月よりソナスに参画。
    2児の母。

  • 武田 朋恵 (広報・経理・労務)

    一橋大学卒業。大手新聞社にて、広告営業として広告の企画・提案や制作ディレクションに従事。その他、自動車メーカーでの秘書・総務や、日本語学校教員などの経験もあり。2年間の夫の海外留学帯同を経て、2019年1月よりソナスに参画。
    2児の母。