アマテラスに登録して
募集案件を見る

株式会社Save Medical

ヘルスケア・シニアサービス

創業フェーズ(シード・アーリー)

VISION

Save Patients
Save Medical Resource
Save Healthcare Cost

第一に、患者の健康・生活の質を向上する
第二に、医療者の負担軽減を両立する
そして、社会医療費の適正化に貢献する

会社概要

生活習慣病むけの治療用スマホアプリ(医療機器クラスII)の開発を行っています。
我々の1stプロダクトとして2型糖尿病患者様向けアプリの治験を開始しています。

医師からスマホアプリが処方され、科学的根拠に基づくデジタル療法(Digital Therapeutics、DTx)の普及を目指しています。

会社名 株式会社Save Medical
代表者名 代表取締役社長 淺野正太郎
設立年 2018年
所在地 東京都
社員数 10人以下
特徴

創業フェーズ(シード・アーリー)

会社HP https://savemedical.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

淺野正太郎 (代表取締役社長)

(株)リクルートに新卒で入社後、海外事業開発に従事。シリコンバレー駐在ではVC拠点の立ち上げと国内外のデジタルヘルス投資/事業開発を担当。その後、(株)日本医療機器開発機構の事業開発ディレクターを経てSave Medicalを創業。
一橋大学法学部卒。聖路加国際大学公衆衛生大学院在学中。

メンバー

  • 塚原 大 (Chief Product Officer)

    まだ日本に数少ないプログラム医療機器開発のエキスパート。スタートアップのエンジニア、リクルートにおけるPM・事業企画を経て独立。複数のスタートアップのプロダクト開発を経験。前職キュアアップにおいては、治療アプリのプロダクトオーナーとして開発の責任および薬事を担当。 慶應義塾大学総合政策学部卒。

  • 野口 昌克 (取締役)

    株式会社 日本医療機器開発機構 事業開発シニアディレクター。前職はグローバル・ヘルスケア企業、米アボット社の日本及びシンガポール法人にて、診断薬・機器、医薬品のプロダクトマーケティング及び、医療ITのエリアマーケティング(APAC)を担当。京都大学理学部卒。同大学院博士(生命科学)修了。

  • 幸村 潮菜 (取締役)

    株式会社 マクニカ 未来事業創造室 副室長。前職は楽天にてEC事業責任者、営業統括部長を経て、全社グローバル戦略に連動した新規事業プロジェクトを担当。その後、IPOを目指すベンチャー企業の経営に参画。共同創業者、取締役COO、また事業開発部長として、新規事業の垂直立上げをハンズオンで推進。 慶應義塾大学大学院経営管理研究科卒。

  • 内田 毅彦 (応援団長)

    内科・循環器科専門医。 日本人で唯一FDA(米国食品医薬局医療機器審査官)を務める。外資系医療機器メーカーBoston Scientific 米国本社勤務後、シリコンバレーの医療機器スタートアップ企業を経て、JOMDD を創業。日本の医療機器業界の第一人者。国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)「革新的先端研究開発支援事業」プログラムオフィサー等、公的機関の委員やアドバイザーとしても活躍。 ハーバード公衆衛生大学院修士・ハーバード経営大学院GMP修了。

  • 野添聡 (Chief Operation Officer)

    日本医療機器開発機構(JOMDD)薬事・品質保証シニアマネージャーを兼務。前職はジョンソン・エンド・ジョンソンにて薬事を担当し20品目以上の新製品の承認・認証を取得。自らデザインした国内治験計画にて適応が異なる3品目のクラスIV製品の承認取得を経験。その他、プログラム医療機器、QMS改善、ERP入れ替えなどのQuality Compliance業務も担当。
    東北大学大学院修了(工学修士)