アマテラスに登録して
求人情報を見る

株式会社GATARI

webサービス・メディア

創業フェーズ(シード・アーリー)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

英語力を活かせる環境がある

VISION

『人とインターネットの融け合う世界を創る』
私たちが現在生活しているこの物理的な世界は、実は世界の半分でしかありません。
デジタルな情報をあたかもモノのように空間に配置保存できるARcloud技術が登場し、デジタルな情報は画面の奥からこの世界全てのフィールドへと活躍の場を広げつつあります。
私たちはこの世界のもう半分であるデジタル世界をエンターテインメントから構築し、物質と情報を状況に応じて選択できる未来のインフラを創っています。

会社概要

GATARIは新しいエンターテインメントを切り口に、Society5.0を見据えたリアルとデジタルの融け合う未来のインフラづくりを目指すMixed Realityスタートアップです。
東京大学を拠点とした日本最大のVR学生団体UT-virtual( https://utvirtual.tech/ )創設者である代表の竹下によって2016年に設立されました。
これまで、ゲームエンジンを活用しリアルとデジタルを融合させることで生まれる様々な空間サービスの開拓や研究開発を行ってきました。

【Auris】
リアル空間にゲームエンジンを適用することで、現実世界にいながらゲームのようにインタラクティブな音響体験ができるiOSアプリケーションです。
空間のスキャンから空間編集(トリガーとアクションの配置)、クラウドへの保存、マルチプレイヤーでの復元・体験までをスマートフォンのアプリケーション上でワンストップで実現可能な世界初のMixed Realityプラットフォームです。
スキャンした施設のデジタルツインとカメラで取得した現実の風景を照合して位置測位を行うため、屋内外を問わず、環境にビーコンやセンサーの設置などを行う必要がなく、文化財なども傷付けずに、既存設備を生かした状態で空間の体験価値を向上させることができます。また、カメラからユーザーの位置情報を三次元的に高精度で取得することで、自身の視線の向きや「椅子に座る」など自然な体の動作に合わせて音響演出が変わるといった細やかなインタラクティブ性を実現し、現実にいながらまるでゲームや映画の主人公になったような没入型の一人称音楽体験を届けます。

【Vismuth】
アバターのいる生活を切り取ることができるARカメラアプリです。
モデルが自然に落とす影や、エフェクトの効果により、モデルがあたかも現実世界にいるような、思わずストーリーを想像してしまう実在感のある写真を撮ることができます。また、空間をスキャンすることでその場所にいるキャラクターと出会うことも。VRM/VRoid Hubに対応し、デフォルトのモデルに加えて自作のVRMモデルや許可されたVRoid Hubのモデルと一緒に撮影が可能です。

今後は、文化・観光・エンターテインメント領域や公共福祉・施設のアクセシビリティの未来に資する技術として、さまざまなパートナーの協力のもと『Auris』の応用・実用化に向けてプロダクト開発・運営に取り組んでまいります。

会社名 株式会社GATARI
代表者名 代表取締役CEO 竹下俊一
設立年 2016年
所在地 東京都
社員数 10人以下
特徴

創業フェーズ(シード・アーリー)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

英語力を活かせる環境がある

会社HP https://gatari.co.jp

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

竹下俊一 (代表取締役CEO)

2013年東京大学理科一類入学、2019年東京大学教養学部教養学科超域科学文化分科文化人類学コースを卒業。Virtual Realityの概念に魅せられ、大学を休学しながらUT-virtual(https://utvirtual.tech)を立ち上げて若い世代のVRコミュニティのボトムアップに尽力するなど、Virtual Realityの概念を世界に先駆けて普及浸透させることを使命に感じている。2020年にMixed Realityプラットフォーム「Auris」をリリースし、フィジカルな世界とデジタルな世界が融け合うMixed Reality社会の実現を目指す。