食料品・日用品のクイックコマース

OniGO 株式会社

Facebook   X

会社の特徴

日本発の食料品・日用品のクイックコマースの最大スタートアップ。
圧倒的なスピード感での事業展開を進め、一都三県にサービスエリアを拡大。
ダークストアという配達専門の倉庫から事業をスタートし、現在は大手流通企業と提携し、
7,000品目以上の商品を即時配達を行なっています。

今後は、食料品・日用品だけではなく、医薬品や衣料についても取り扱いを増やし、
クイックコマースのワンストップショッピングの価値を増やし、買い物難民といった
社会課題を持続可能な事業モデルによって解決していきます。



VISION

私たちのパーパスは「買い物負担をなくし、より良い暮らしを支える」ことです。

「買い物負担」とは、今まで大企業が本気で解決に取り組まなかった「社会の負」だと考えています。

仕事・プライベートが忙しすぎて、スーパーに買い物にいく時間がないと感じること
育児・介護が大変で、スーパーに買い物にいくのが大変だと感じること
病気・怪我・障害・天候などで買い物にいくのが大変だと感じること
体力の衰えや体調不良が増えてきて、買い物にいくのが大変だと感じること
買い物が徒歩圏にないが、車の運転も簡単ではなく、買い物にいくのが大変だと感じること

ONIGOは、こうした社会の負を自社プロダクトで解消し、より良い暮らしを支えるために設立され、
その実現のために社員は働いています。
買い物負担が解消されることで、諦めていた「食」が、より健康的で美味しいものに代わり、
自分のための時間も創出されることで、個人の健康寿命が伸び、個人の可能性が開花することに
貢献できると考えています。

当社はそうした社会課題を解決しながら、より多くの仲間を巻き込むことで、事業を拡大し、
クイックコマースの事業基盤に、重層的な事業を積み上げることで収益性を一段と高め、
企業価値1兆円を目指しています。


会社概要

会社名 OniGO 株式会社
代表者名 代表取締役CEO 梅下直也
所在地 東京都
会社URL https://onigo.co.jp/
設立 2021年
従業員数 31 〜 50人
ファイナンス情報 ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

主要メンバー紹介

梅下直也

代表取締役CEO 梅下直也

詳細を見る

連続起業家。三井住友銀行にてロシア事業を1兆円規模へ成長させるも、2014年のウクライナ危機をきっかけとして銀行を退職。帰国後、複数起業し、中古車オンラインオークション事業を楽天へ売却。スタートアップ支援のCapital Driveを共同創業・黒字化させた上で、2021年、OniGOを共同創業、CEOに就任。

愛娘の育児に奮闘しつつ、起業家になるための英才教育を画策中。

山本敬明

取締役/ 共同創業者 山本敬明

詳細を見る

新卒で伊藤忠商事に入社し、全社基幹システム再構築プロジェクトに従事するも、ゼロからの事業立ち上げによる躍動感を渇望して退職。
新規事業開発専門会社エムアウトでの事業検証業務を経験後、オプト社にて新規事業企画、立上げ、運用を担当。2021年、OniGOを共同創業。

自家製梅酒とネコ科動物をこよなく愛す。

石川拓史

取締役 / 共同創業者 石川拓史

詳細を見る

北海道出身、国際物流がバックグラウンド。
梅下が起業した中古車オンラインオークション事業に参画し、楽天売却後も事業に2年残り、PMIを主導。オペレーション責任者として大幅業績改善を実現。2021年、OniGOを共同創業。

温泉が好き、おすすめは登別温泉。

Maxim Matyunin

執行役員/ 共同創業者 Maxim Matyunin

詳細を見る

独学でコーディングと最新技術を学び続け、驚異的なコーディングスキル・スピード・豊富な開発経験を持つ。OniGO開発チームの中心人物。

琉球古語に造詣があるほか、日本のスナック文化をこよなく愛する。

酒井利幸

執行役員 酒井利幸

詳細を見る

長野県出身、通信大手、スタートアップ2社の経験を経て、インテリジェンス(現パーソルグループ)に長く従事。事業DX・事業撤退など常に事業課題に向き合い続け、数々の受賞歴を有する。大企業のケイパビリティよりスタートアップのスピードが世の中を変えるサービスを生むと信じ、2022年OniGOに参画。

東大野球部主将。今でも草野球の現役プレイヤー。

鈴木あかね

執行役員 鈴木あかね

詳細を見る

岩手県出身。(株)ダイエーに長く従事し、ネットスーパーの立ち上げ、公式アプリリリース、店長等幅広く経験。
クィックコマースが次の小売の一端を担うと信じ、その事業の確立に身を投じるべくONIGOに参画。
バスケ好き。娘とともに、B.LEAGUE B1~B3まで試合に足を運ぶ。

コメント

藤岡 清高

藤岡 清高 株式会社アマテラス 代表取締役CEO

梅下社長から「ダークストア」という概念を聞いたとき、これは日本で大きなビジネスになるはずだと感じました。

・高齢化が進む都心部では100メートル先のコンビニにも行けない人が多くいる。
・オーバーストアのコンビニ、小売店舗。流通改革は待ったなし。
・高齢者もスマホを持ちITリテラシーは高い。ダークストアを受け入れる土壌は整っている。

上記に加え、コロナ禍で人の移動、接触は減少していく。買い物というリアルな行動でさえバーチャルファースト社会がやってきて自宅に居ながら買い物できるようになる。実際にウーバーイーツで出前はクールな体験になりました。

すでにドイツなど欧米ではダークストア事業は拡大をしています。
果たして日本ではどうなるか?

梅下社長から熱くその事業の可能性を聞いた私は応援せずにはいられませんでした。
彼は東大野球部で活躍し、三井住友銀行ではモスクワ駐在、ロンドン駐在などを経て中古車販売事業で起業。楽天に事業を売却した熱血シリアルアントレプレナー。
どんな時でも目の前の壁に全力でぶつかってきた彼ならきっと日本初のダークストア事業立上げに成功すると期待しています。

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載

OniGO 株式会社の求人を見た方が同時に見ているスタートアップ

いい仲間と、いい仕事をし、いい会社をつくる

オーガニックグループ株式会社
  • コンシューマーbiz / マーケティング
東京都

<オーガニックグループについて>
【外部資本を入れずに創業10年で年商40億超の急成長ベンチャー
本質的なマーケティング力を武器に無限にビジネスを産み続ける】
急成長ベンチャーでありながらも、地に足のついた事業ポートフォリオを持ち、上場企業TOP150クラスの一人当たり営業利益額を誇る少数精鋭の会社です。

<事業紹介>
◆メーカー事業
-D2C
化粧品・医薬品・健康…

  • 拡大フェーズ(レイターステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある

Connect you to the world

TakeMe株式会社
  • 金融・Fintech / インバウンド / コンシューマーbiz
東京都

TakeMe(テイクミー)は、国内の飲食店向けに訪日外国人観光客を受け入れるため、集客・予約のソリューション「TakeMe インバウンド」・決済のソリューション「TakeMe Pay」・注文処理のソリューション「TakeMe Order」の3つを飲食店向けに提供しています。
飲食店をはじめとした日本が誇る観光資源と世界中の人々をつなげることで、お店の高い収益性とより良い顧客体験を創造し、日本…

  • ビジネスモデル確立フェーズ(ミドルステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある
  • 英語力を活かせる環境がある

日常の消費に溶け込むテクノロジーにより生活を向上

株式会社Showcase Gig
  • SaaS / コンシューマーbiz
東京都

2012年創業後、「日常の消費に溶け込むテクノロジーにより生活を向上させること」をミッションに掲げ、次世代の飲食ビジネスの創出支援を行っています。

■次世代飲食・小売プラットフォーム
- O:der Platform
デジタル化による最高の店舗体験の
創出と最も効果的な店舗運営
これからの時代の店舗における「当たり前」を生み出し、あらゆる飲食・小売業のデジタル化をサポートす…

  • 拡大フェーズ(レイターステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある

相続手続きのDXで50兆円の巨大市場へ挑戦する

株式会社AGE technologies
  • コンシューマーbiz
東京都

【事業領域】
煩雑な相続手続きがネットで簡単に行える「そうぞくドットコム」を開発・運営。

◆AgeTech
“AgeTech(エイジテック)”と呼ばれる、高齢社会の課題解決のためのテクノロジー分野を、中長期的に当社が取り組む最大市場としています。AgeTechは金融、住宅、医療、生活・サービスなど複数の事業ドメインから構成され、高齢者だけでなく、その家族など、世代を超えた人…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載