つくば市は、筑波大学や産総研、JAXAなどの国立研究機関が集積する科学技術のメッカであり、日本一の博士号取得者が集まる街です。ディープテック分野での革新を牽引し、約230社のスタートアップを輩出してきたこの地域は、ビジネス人材不足という課題を抱えています。是非、あなたのビジネス経験や情熱を、世界を変えるイノベーションに注ぎませんか?つくば市で働くことは、あなたのキャリアだけでなく、科学技術の未来を形作るという、大きな価値を生み出す旅への第一歩となります。

実際につくば市で働くのインタビューと厳選されたスタートアップ7社をご紹介します。

【つくばインタビュー】Vol.1 株式会社Thermalytica

今回お話を伺ったのは、同社で経営戦略部長を務める篠本遼氏。移住や転職の経緯をはじめ、スタートアップ企業で働く魅力やつくば市の子育て環境など、ざっくばらんにお話しいただきました。

私たちは膨大なエネルギーを消費することで快適に暮らしています。しかしエネルギーの多くは発電時などに熱として放出され、無駄になっています。結果として地球温暖化が進んでいるのです。大事なのは、熱効率を高めてエネルギーの無駄を減らすこと。そこで熱制御に取り組むサーマルマネジメント業界から注目されているのが、断熱材「TIISA」です。

熱伝導率の低いシリカ由来の素材はコストの高さが難点でしたが、TIISAの開発・製造を行う株式会社Thermalyticaは、独自の技術でこの課題を克服。世界中に普及させて脱炭素社会を実現することをめざし、市場開拓を進めています。

【つくばインタビュー】Vol.2 株式会社MamaWell

女性の社会進出とともに働く妊婦が増えています。2022年設立の株式会社MamaWellは、ウェアラブルデバイスを用いて心拍数などのバイタルデータをリアルタイムで収集し、妊娠中の女性の健康状態をモニタリング。データをもとに健康維持できるよう専任の助産師が伴走サポートするサービスを行っています。

同社のビジョンは「女性がより健やかで快適に暮らせる社会を実現する」、ミッションは「女性の生涯における健康をエビデンスに基づいてサポートする」。妊娠・出産によって女性のキャリア形成が中断されない社会の実現を目指しています。

インタビューに応じてくださったのは、4人目のメンバーとして同社に加わった菅谷勇貴さん。副業にも力を入れている菅谷さんからは、つくばの魅力に加え、パラレルワークがもたらす価値やスタートアップらしい柔軟な働き方などについても聞くことがきました。

【つくばインタビュー】Vol.3 つくば研究支援センター

TCI(Tsukuba Center Inc.)の通称で知られる株式会社つくば研究支援センターは、茨城県、日本政策投資銀行および民間企業など76団体の出資により、第3セクターとして1988年に設立されました。研究機関が集積する立地を活かし、産官学の連携による新事業の創出や支援を推進しています。税理士、社労士、弁護士といった経営支援のプロやベンチャーキャピタル、金融機関等と協力し、営業面や経理面のサポートから法的課題の解決や海外進出のバックアップまで、支援内容は多岐にわたります。近年は研究シーズの事業化を積極的に進め、研究開発型ベンチャー企業の育成に注力。オフィスやコワーキングスペースだけでなく、研究開発を行うためのラボも提供しています。

ロースクールを経て新卒では金融庁に就職したというTCIの大塚和慶氏に、現在の仕事に就くまでの経緯やつくば市で働く魅力について伺いました。スタートアップにおける支援業務の重要性やニーズについても分かるインタビューとなりました。

【つくばインタビュー】Vol.4 茨城県産業戦略部技術革新課

Coming Soon……

【つくばインタビュー】Vol.5 つくば市スタートアップ推進室

Coming Soon……

【つくばインタビュー】Vol.6 筑波大学国際産学連携本部

Coming Soon……

【注目】つくばディープテック・スタートアップ7選

Coming Soon……

おわりに

つくば市は、科学技術の未来を創造する地であり、革新的なスタートアップとともに成長する機会が豊富にあります。紹介したCOOの転職体験や、注目のスタートアップ7社からも見て取れるように、この街では、世界に影響を与える仕事に取り組むことができます。気になるスタートアップがあれば、是非「話を聞きたい」からご連絡してみてください。人生をかけるスタートアップに出会おう。