バイオマス複合材料と医療機器の開発

株式会社日進FULFIL

会社の特徴

◇ 医療×日進 新たな可能性を世界へ ◇
『自動車業界の技術をベースに医療機器開発がスタート』
戦後、ミシン部品の製造で創業し、自動車のエンジン部品の製造へ。ものづくりにひたすら真面目に、堅実に向き合ってきた日進製作所が今、医療機器開発に真剣に取り組んでいます。
医療機器事業が立ち上がったのは2015年。日進製作所の強みである精密部品加工の技術を医療機器に展開し、人々の健康的な生活に貢献したいという若手社員の想いが発端でした。2017年末には、島根大学医学部整形外科学教室が研究する「骨折治療支援システム」の構築に参画。これは、骨折治療で用いる接合素材「骨ネジ」を患者本人の骨から形成するという試みです。
日進製作所で、工作機械の開発で培った3次元ブロック形状加工の技術をベースに、骨ネジを加工する「骨用複合加工機」の開発が始動しました。
2022年10月1日より株式会社日進FULFILとして医療機器事業とバイオマスプラスチック事業の会社としてスタートしました。

【NEOPLA®(バイオマスブラスチック事業)】
NEOPLA®シリーズは、バイオマスが持っている可能性を追求することにより生み出した機能性材料です。バイオマスが持っている特性や特長を複合化によりうまく活用し、抗菌、消臭、滑り防止、帯電防止など、プラスαの機能を有しています。

・バイオマスプラスチック複合材料の製造・販売
製品種類:米ぬか・米・木粉・竹粉・竹炭・もみ殼ペレット 等
・バイオマスプラスチック製品の製造・販売
製品種類:箸・ごみ袋・野菜保存袋・イベント袋・うちわ 等
・バイオマス複合材料の研究、開発等
・プラスチック製品の製造・販売

【医療用機器事業】
自動車業界の技術をベースに医療機器開発をスタートさせました。医療機器の製造を通じ、医療現場を「ものづくり力」で支えます。

・医療用機器の研究開発
島根大学医学部整形外科学教室が構築する「骨折治療支援システム」の実現に向けて、産学連携で研究開発を行っています。これは、骨折治療で用いられる骨ネジを、患者自身の骨から形成するという画期的な試み。日進製作所は、切削加工によって複雑な三次元形状を製作する工業技術を医療に展開し、骨折部を接続する骨ネジを形成する「骨用複合加工機」の開発に取り組んでいます。
・医療用機器の製造

VISION

◇ バイオマス複合材料だからできること ◇
近年、循環型社会の実現に向けて、植物由来のバイオマスの活用が期待されています。当社は設立より、バイオマスとプラスチックの複合化に特化し、研究・開発に取り組んできました。バイオマスとプラスチックを複合化するメリットは、環境にやさしいだけでなく、バイオマスが持っている特性、特長を活かした新たな機能性プラスチック材料を創り出すことができる点です。これからも子どもたちの未来へつながるよう、バイオマス資源を活用した新しい材料・技術を創造していきます。

『新しい未来を拓く医療を、ここから』
医療業界への参入には、想像以上に高いハードルがありました。医療機器に定められた規格の遵守や、医療と工業を隔てる「清潔」「不清潔」の概念の違い、加えて開発しているのが新しい分野の医療機器であること。
それらの困難を一つひとつ乗り越える中で、わたしたちが帰着したのは「人」の力でした。患者の命にも関わる医療機器を作ることへの覚悟や、先の見通しがない中で仮説を立てて前進する気概、難問への挑戦をモチベーションに変えられるタフさ。こうした人の根本にこそ、世の中にないものを生み出す力があると実感しています。
人々が健康に過ごす時間を支え、豊かな人生に貢献することが、この機械の存在価値。わたしたちは今その原点に立ち返り、新たな未来を拓く医療の実現に向けて一心に走り続けています。

会社概要

会社名 株式会社日進FULFIL
代表者名 代表取締役社長 錦織 晃
所在地 京都府
会社URL https://www.sbdi.jp/
設立 2007年
従業員数 31 〜 50人
ファイナンス情報 ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

主要メンバー紹介

錦織 晃

代表取締役社長 錦織 晃

詳細を見る

 

平野 卓

代表取締役会長 平野 卓

白石 信夫

技術顧問(京都大学名誉教授) 白石 信夫

詳細を見る

■経歴
1959年 3月 京都大学農学部 卒業
1961年 3月 京都大学大学院農学研究科博士課程 修了
1986年 4月 京都大学農学部 教授
1974年~1975年 米国ノースカロライナ州立大学博士研究員
1985年~1986年 仏ボルドー大学客員助教授
2000年 3月 京都大学定年退官
2000年 4月 京都大学名誉教授、複数の会社研究部又は開発部顧問
2007年 1月 株式会社白石バイオマス取締役所長就任
2015年 6月 株式会社白石バイオマス技術顧問就任

■受賞
1974年 日本木材学会賞受賞
1983年 日本農学賞受賞、読売農学賞受賞

■著書
「Wood and Cellulosic Chemistry」(共編、共著 Mercel Dekker Inc)
「実用化進む生分解性プラスチック」 工業調査会 K Books Series154.
「生分解性プラスチックの実際技術」 (株)シーエムシー
「ウッドケミカルスの最新技術」 (株)シーエムシー
「グリーンプラスチック最新技術」 (株)シーエムシー   他

奥村 昌和

技術顧問(京都大学農学博士) 奥村 昌和

求人一覧

現在公開中の求人情報がありません

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載

株式会社日進FULFILの求人を見た方が同時に見ているスタートアップ

生物の力で地球と共生する新世代の社会を構築

株式会社ノベルジェン
  • 新素材・バイオテクノロジー
滋賀県

微細藻類の力を最大化して下記の地球課題を解決するソリューション=グリーントランスフォーメーション (GX) 技術を提供します。

・地球温暖化問題
・水浄化問題
・マイクロプラスチック問題

赤潮発生に関わる分子メカニズムの解明研究を行なっていたことを活かして、自然界における微細藻類増殖プロセスを人工的に発生・維持させる技術の開発を行なっています。

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある
  • 地方スタートアップ

人工光型植物工場の企画・設立・運営サポート

株式会社プランテックス
  • 新素材・バイオテクノロジー
東京都

PLANTXは、世界初のクローズド・タイプの植物栽培装置「Culture Machine」を開発しています。Culture Machineは、栽培棚ごとに独立して密閉されており、装置内部に空調や養液循環システムを組み込んでいることで、各棚の栽培環境を高精度に制御することができます。

PLANTXでは、2019年よりCulture Machineを用いた植物生産を自社で行ってきました。その結果として、Culture Machine…

  • 拡大フェーズ(レイターステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある
  • 競争優位性のあるコアテクノロジーがある

リチウムで持続可能な地球環境を次の世代に繋ぐ

LiSTie株式会社
  • 新素材・バイオテクノロジー
青森県

■事業内容
・リチウムの分離に関する装置並びに分離膜の開発、販売及びメンテナンス
・リチウムの回収または分離技術の開発及びライセンス

塩湖かん水から低コストで短期間にリチウムを回収可能な技術であるイオン伝導体分離法(LiSMIC)を事業化。

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 競争優位性のあるコアテクノロジーがある

細胞で地球を救う

株式会社セルファイバ
  • 医療・ヘルスケア / 新素材・バイオテクノロジー
東京都

【事業内容】
細胞を含む生体材料およびソフトマテリアルを用いた研究、開発、生産、販売

医療をはじめとした細胞産業の普及に貢献すべく、細胞量産技術の開発に取り組む大学発スタートアップです。

生きた細胞をそのまま薬として体に投与する細胞医薬品は、がんや白血病などの難治疾患・傷害に対する画期的な治療法と目される一方で、
生産性が著しく低く、非常に高額なため、…

  • ビジネスモデル確立フェーズ(ミドルステージ)
  • 競争優位性のあるコアテクノロジーがある

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載