地球に存在する膨大な資源の価値を科学の力で解放する

ライノフラックス株式会社

Facebook   X

会社の特徴

■背景
カーボンニュートラル社会の実現に向けて、再生可能エネルギーの普及・電化・水素活用など、あらゆる領域においてCO2を削減する取り組みが進められています。

しかし、これらの取り組みだけでは完全な脱炭素化が困難な領域も存在します。たとえば、新興国でのガソリン使用や鉄鋼生産など。どうしても削減できないCO2については、大気中からCO2を回収・除去することで「負の排出量」を生み出し、既存のCO2排出量と相殺してネットゼロを目指す必要があります。

負の排出量に対する需要は今後爆発的に増加するといわれており、2020年から2050年までの30年間で約100倍の市場規模に成長すると期待されています。

■課題
脱炭素化の切り札ともいわれる負のCO2排出技術ですが、大気中に含まれるCO2の割合はわずか0.04%ほど。これを回収するのは容易ではありません。

既存の技術(直接大気回収・海洋肥沃化・風化促進など)の多くは、大気中のCO2を回収するために膨大なエネルギー・コスト・敷地を必要とすることから、未だ広く普及するには至っていません。
何をしているのか?

■解決策
ライノフラックスは、"バイオエネルギー炭素回収"という方法を通じて、この課題解決を目指します。

バイオエネルギー炭素回収は、植物(=バイオマス)の力を借りて大気中からCO2を回収し、その後に電気エネルギーと高純度のCO2を同時に抽出するアプローチです。抽出されたCO2は、地下貯留や再利用を通じて除去されます。

私たちの革新的なプロセスは、①CO2回収コストがゼロ、②膨大な敷地が不要、③通常の発電技術の2~4倍の効率でクリーンな電力を生産することができます。

人類がクリーンな発電を行えば行うほど、大気中のCO2が回収される未来がやってきます。

■製品
ライノフラックスは、"ライノハウス"と呼ばれる次世代のバイオエネルギー炭素回収プラントを設計・開発し、お客様に販売します。

ライノハウスは、パワフルな性能を持ちながら小型化が容易です。最も小さな設備であれば、わずか9㎡のスペースに収まります。もちろん大型プラント化も可能です。

工場の敷地内・農地の横・商業施設の地下など、これまでプラントを設置することができなかったスペースを活用して、分散型のCO2回収とエネルギー生産を可能にします。

■技術
"ハイドロケミカルルーピング法"は、京都大学の反応工学研究室で生み出された次世代のエネルギー変換技術です。

肝は、適切な条件の下で金属イオンの酸化・還元反応を繰り返し引き起こすこと。エクセルギー損失を最小限に抑えながら、電気エネルギーと高純度のCO2を効率的に抽出します。

伝統的な火力発電法と比較して、発電効率は2~4倍高くなります。また、純度99.9%以上のCO2を直接回収できるため、CO2回収・分離に追加のコストを必要としません。

さらに、液体を用いる湿式のプロセスであることから、含水率の高い低品位のバイオマス資源もそのまま利用することができる画期的な手法です。

VISION

地球を冷やす、未来を温める。
ライノフラックスは、"地球に存在する膨大な資源の価値を科学の力によって解放する" ことをミッションとして誕生した、京都大学発のエネルギー企業です。
カーボンネガティブなエネルギーの生産を通じて、人類が発電をすればするほど大気から温室効果ガスが回収されていく未来を実現します。

会社概要

会社名 ライノフラックス株式会社
代表者名 代表取締役CEO 間澤 敦
所在地 京都府
会社URL https://rhinoflux.com/
設立 2024年
従業員数 10人以下
ファイナンス情報 ファイナンス情報を閲覧いただくには 会員登録 が必要となります。

主要メンバー紹介

間澤 敦

代表取締役CEO 間澤 敦

詳細を見る

三菱商事(株)にて金属資源の貿易・市場開拓・事業撤退を経験の後、2019年からは同社のコーポレートベンチャーキャピタルにて資源・エネルギー領域におけるスタートアップ案件の精査・投資実行・成長支援を担う。
米・NASDAQ上場スタートアップ他、業界を牽引する国内外のユニコーン企業や著名VC等との協業経験を持ち、グローバル市場で勝つための考え方を組織の内側から学ぶ。自身の経験や人脈を最大限に活かし、日本から世界を狙うスタートアップを生み出したいとの想いから、2023年2月より京都大学イノベーションキャピタル(株)に客員起業家(EIR)として参画。
早稲田大学政治経済学部卒業。米国帰国子女。

コメント

現在コメントはありません

求人一覧

現在公開中の求人情報がありません

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載

ライノフラックス株式会社の求人を見た方が同時に見ているスタートアップ

コト・モノを通じて社会と係わっていきたい

ONODA株式会社
  • サステナビリティ・環境
愛知県

愛知県の一番南に位置する、山と海に囲まれた豊橋市
そこから全国へ、そして世界へと展開する企業

私たちにしか出来ないコト、良いモノを通じて世界と係わりたい
新しいことの隣には常にチャレンジがあり、努力の先には喜びがある

私たちONODAは、常に未来を創造する企業であり続けたい

創業以来、常に変わらず持ち続けた思いです。
感謝の気持ちを決して忘れず、企業活動を通じて全従業員の幸福を実現するとともに社会の進歩発展に貢献する事。
これからも⽇本、バングラデシュでの活動拠点を軸に、よりグローバルな展開を⽬指してまいります。

  • 拡大フェーズ(レイターステージ)
  • 地方スタートアップ

EV充電がもっと身近に、EV充電でもっと豊かに。

Eneliver株式会社
  • モビリティ / ロボティクス / IoT / SaaS / サステナビリティ・環境
東京都

電気自動車(EV)の充電設備の導入から運営までをトータルサポート。高性能・低価格・短納期のEV充電器、EV充電管理クラウドシステム、アプリなどの自社開発製品を提供。

【サービスの特徴】
01. 機能
EV充電器、EV充電管理クラウドシステム、アプリにて、EVユーザー・EV充電設備オーナー等のあらゆるユースケースに配慮したきめ細かい機能を設計しています。

02. 価格競争力

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある

気体を自在に操る世界を創る

株式会社Atomis
  • サステナビリティ・環境
兵庫県

株式会社Atomis(アトミス)は、多孔性配位高分子(PCP/MOF)をはじめとする次世代多孔性材料を用いて、気体の新しい可能性を探求する企業です。多孔性配位高分子は、ナノサイズの空孔を持つ高分子で、気体を選択的に吸着したり、化学反応させたりすることができます。この技術により、気体の貯蔵・分離・変換などの分野で革新的なソリューションを提供できます。Atomisでは、材料の設計…

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある

人類は​核融合で進化する

株式会社Helical Fusion
  • サステナビリティ・環境
東京都

【事業概要】
商用核融合炉および関連技術の開発

核融合の実現を通じて人類のさらなる進化を目指すディープテックスタートアップです。
我々はヘリカル核融合炉で持続的かつ安定したエネルギーを創造し、このさき百万年続く地球と人類の共生を可能にします。

  • 創業フェーズ(シード・アーリーステージ)
  • 自社プロダクト/サービスがある
  • 競争優位性のあるコアテクノロジーがある

人生をかける、
スタートアップに出会おう。
成長性のあるスタートアップ・ベンチャーのみを掲載