株式会社アクセルスペース

モビリティ・ロボティクス

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

VISION

宇宙を、普通の場所に。

「夢があっていいね」― 宇宙の仕事をしていると言うと、必ずかけられる言葉です。もちろん、宇宙は多くの人にとってロマンであり、夢や憧れの対象であることは紛れもない事実です。しかしそれは裏を返せば、宇宙は特別なところであり、自分たちとは無縁のどこか遠い場所、そう思っているということではないでしょうか。ただ、ちょっと考えてみてください。あなたのカーナビやスマートフォンに使われているGPSも、毎日お茶の間に届けられるひまわりからの画像も、すべて宇宙技術を使っています。それはすでに私たちの生活に溶け込み、豊かな暮らしを支えているのです。

しかしそれでも私たちは、これまでの宇宙開発のあり方に決して満足しているわけではありません。超小型衛星という新しいツールを使って、宇宙にイノベーションを引き起こしたいと考えています。

私たちはなぜ、超小型衛星にこだわるのか。それは、宇宙開発には莫大な予算がかかり、そのリスクを負うことのできるのはほぼ国家しかないのが現状だからです。我々の暮らしに役立っている宇宙技術も、そのほとんどは国が何らかの形で関わっています。もちろん、それが悪いわけではありません。先端技術の結晶である宇宙開発にリスクはつきもので、国が負担しなければならない部分が大きいのは当然のことです。しかし、その状況はどうしても技術開発優先で費用対効果の不明なプロジェクトの温床となり、一部に税金の無駄遣いを生み出してしまいます。

だからこそ、地上の「アタリマエ」が通用する世界が、宇宙にもなければならないと私たちは考えます。私たちは、超小型衛星によってコストをこれまでの1/100にします。これによって民間の宇宙への投資を引き出し、宇宙利用を一気に拡大したい。宇宙をビジネスの場とすることによって、そこはもはや特別な場所ではなくなります。私たちが目指すのは、そんな「アタリマエの宇宙」なのです。

会社概要

当社は質量100kg以下の超小型人工衛星の設計・開発・製造を中心事業とする、世界的に見ても珍しいベンチャー企業です。
従来、宇宙開発というと国家規模のプロジェクトであり、民間のみでの開発は困難でした。
しかし我々は低価格な超小型衛星を武器に、その宇宙開発を変革しようとしています。

当社は既に5機の超小型衛星を設計・製造・打ち上げしており、これらの経験を元に更に超小型衛星の利用を拡大させるステージに立っております。
我々は次なるステップとして、従来の衛星製造事業のみにならず、地球観測画像データ販売事業へ参入する予定です。

『世界中の人々にとって宇宙を欠かすことのできない身近なものにする』
壮大な夢ではありますが、その夢を同じ視座で見続けることのできる仲間を探しております。

会社名 株式会社アクセルスペース
代表者名 代表取締役 中村友哉
設立年 2008年
所在地 東京都
社員数 51 〜 100人
特徴

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

会社HP https://www.axelspace.com/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

中村友哉 (代表取締役)

高校までは化学に興味があり、このときはまさか自分が宇宙の道に進むとは夢にも思っていませんでした。大学進学後、手作り人工衛星に出会い、化学へのかつての執着もすっかり忘れて迷わずその道へ。その後博士課程の修了まで、超小型衛星開発に取り組み続けました。卒業後、せっかく築き上げてきた超小型衛星技術を教育にしか使えないのはもったいないと思っていたところ、幸運にも大学発ベンチャー支援制度の採択と重なり、起業に向けて活動を開始。起業家を志したことなどなかったため、戸惑いつつも2008年の起業以来、素晴らしい仲間に囲まれながらなんとか会社を続けてこられました。最近ではようやくエンジニアの仕事もひと段落、経営に全力投球できるようになりました。

メンバー

  • 永島 隆 (取締役)

    1976年、愛知県生まれ。東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻博士課程単位習得退学。同専攻での特任研究員(大学発ベンチャー創生事業)を経て、2008年にアクセルスペース設立。日本の大学による超小型衛星開発の黎明期(1999年)から一貫して衛星開発に従事。

  • 宮下 直己 (取締役)

    1978年、長野県生まれ。東京工業大学大学院理工学研究科機械宇宙システム専攻博士課程修了。在学中、超小型衛星CUTE-I, Cute-1.7 + APDの開発に携わった。卒業後、準備期間を経て2008年にアクセルスペースを設立。

  • 野尻 悠太 (取締役)

    1981年、静岡県生まれ。東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻にて修士号取得。卒業後、証券会社において投資銀行業務に従事。2009年よりアクセルスペースに参画。

  • 村井 勝 (社外取締役)

    1962年 カリフォルニア大学(UCLA) 大学院卒(MBA)
    1962年 米国IBMに入社
    1963年 日本IBMに転籍。わが国初のオンラインバンキングシステム構築を担当
    1980年 IBMアメリカ・ファーイースト本社 地域大口顧客担当部長
    1986年 日本IBM情報通信事業統括本部事業本部長
    1991年 日本IBM退社
    1991年 コンパック株式会社社長に就任
    1996年 外資系情報産業研究会会長に就任
    1996年 在日米国商工会議所理事に就任
    1997年 コンパック株式会社会長に就任
    1998年 コンパック株式会社顧問に就任

  • 鎌田 富久 (社外取締役)

    1984年 東京大学理学部情報科学科卒
    1984年 学生時代に、有限会社アクセス(現、株式会社ACCESS)を設立
    1989年 東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻 博士課程修了 理学博士
    2001年 株式会社ACCESS 東証マザーズに上場
    2011年 株式会社ACCESS CEOを退任
    2012年 TomyK Ltd.(スタートアップ・ブースター)を設立

  • 青木 英剛 (社外取締役)

    2002年 テキサス大学工学部航空宇宙工学科卒
    2004年 オーバーン大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻 修士課程修了(MS)
    2013年 慶應義塾大学ビジネススクール修了(MBA)
    2005年 三菱電機株式会社入社(宇宙システム部)
    2013年 株式会社ドリームインキュベータ入社
    2015年 グローバル・ブレイン株式会社入社

  • 百合本 安彦 (社外取締役)

    グローバル・ブレイン株式会社 代表取締役社長
    株式会社トライステージ 社外監査役
    その他出資先の社外取締役、社外監査役を兼任

  • 中須賀 真一 (顧問)

    1983年 東京大学工学部航空学科卒
    1988年 東京大学大学院博士課程修了、工学博士(航空学専攻)
    1988年 日本アイ・ビー・エム(株)東京基礎研究所入社
    1993年 東京大学航空学科 講師
    1994年 東京大学先端科学技術研究センター 助教授
    1998年 東京大学航空宇宙工学専攻 助教授
    2005年 東京大学航空宇宙工学専攻 教授

  • 森 一夫 (顧問)

    1972年 東京理科大学物理学科卒
    1972年 アジア航測株式会社入社
    1989年 営業部長 兼 海外部長
    1991年 大阪支店長
    2002年 執行役員情報システム統括部長
    2007年 取締役・上席執行役員イノベーション事業戦略本部長 兼 デジタル・アース・テクノロジー株式会社代表取締役 兼 日本GPSデータサービス株式会社取締役
    2010年 アジア航測株式会社顧問
    2012年 同 退任