日本材料技研株式会社

新素材・バイオテクノロジー

創業フェーズ(シード・アーリー)

VISION

材料技術の革命で人類の持続的発展に貢献する:
日本材料技研(JMTC)は、独立系スタートアップならではの経営の自由度とスピードを強みとし、事業規模の大小にこだわらず、社会が必要とする材料技術を商業化します。草の根から材料技術の革命を起こし続けることで、テクノロジーの加速度的進化と地球規模での社会問題に直面する人類の持続的発展に貢献します。

会社概要

オンリーワン技術を社会実装し続ける機能材料メーカーへ:
大企業や大学・研究機関の研究部門では、新しい革新的材料技術が発明され続けています。しかし、大企業の経営方針との不一致や、起業人材の不足などが原因で、社会実装に向けた事業主体を見いだせない技術もたくさんあります。日本材料技研(JMTC)は、「リーン・オープン・インキュベーション」によって、社会実装に至っていないオンリーワン技術を商業化し続ける機能材料メーカーを目指します。
これまでに、複数の大手企業(AGC、三井化学、アサヒグループホールディングス、JNC、JSR)や大学(大阪大学、東京工業大学)から技術導入し、機能性樹脂や触媒・セラミックス、バイオプラスチックス原料などの開発品を展開しています。

会社名 日本材料技研株式会社
代表者名 代表取締役社長 浦田興優
設立年 2015年
所在地 東京都
社員数 10人以下
特徴

創業フェーズ(シード・アーリー)

会社HP https://www.jmtc.co.jp/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

浦田興優 (代表取締役社長)

ソニー株式会社、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパン、株式会社産業革新機構を経て、2015年8月から日本材料技研株式会社を設立。東京大学法学部卒業。