株式会社チャレナジー

サステナビリティ

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

VISION

" 風力発電にイノベーションを起こし、 全人類に安心安全な電気を供給する "

会社概要

台風の様な強風下でも発電可能な風力発電機を開発しているスタートアップです。エネルギーシフトに革命をもたらす事業を興し、次の世代に持続可能な社会への道筋を示すことは、私たちの世代の責務と考えています。
私たちが開発する「垂直軸型マグナス式風力発電機」は、マグナス式と垂直軸を組み合わせた技術により、強風や乱流でも安定した発電を可能にしました。また、プロペラ式風力発電機と比較して低回転のため、騒音やバードストライクなどの影響も抑えられます。これらの特長により、台風が襲来する離島や山間部等の遠隔地や人口密集地域のようにプロペラ式風力発電機の設置が困難な地域への普及が期待できます。

会社名 株式会社チャレナジー
代表者名 代表取締役CEO 清水敦史
設立年 2014年
所在地 東京都
社員数 11 〜 30人
特徴

ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA)

自社プロダクト/サービスがある

競争優位性のあるコアテクノロジーがある

会社HP https://challenergy.com/

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

清水敦史 (代表取締役CEO)

東京大学大学院修士課程を修了後、株式会社キーエンスにてFA機器の研究開発に従事。
東日本大震災をきっかけとして独力で「垂直軸型マグナス式風力発電機」を発明。
2014年10月に株式会社チャレナジー創業。
2014年03月 第1回テックプラングランプリ 最優秀賞受賞
2014年11月 TOKYO STARTUP GATEWAY 2014 ファイナリスト

メンバー

  • 小山 晋吾 (取締役CTO)

    信州大学工学部(応用物理工学 核融合プラズマ専攻)を卒業後、プログレス・テクノロジーズ株式会社にてプリンタの構造設計、人工衛星構体パネルの設計等に従事。学生時代にエネルギー研究に携わった経験から、エネルギー研究の重要性を実感。新たな技術で自然と共存する可能性を見出したいという信念のもと、2015年9月より当社へ参画。

  • 渡邊 汗 (チーフエンジニア)

    日本大学大学院生産工学研究科(機械工学専攻)を修了後、東洋エンジニアリング株式会社に入社し、主に石油化学プラントの配置・配管設計に従事。ブラジル、中国、マレーシア、インドネシアと海外の設計・建設現場において業務を経験。"ものづくり"と"新技術"をキーワードに、クリーンエネルギー社会の推進に貢献するという夢を実現するため、2016年10月より当社へ参画。

  • 水本 穣戸 (チーフストラテジスト 販売戦略担当)

    横浜国立大学経済学部を卒業後、三菱重工業株式会社へ入社。エネルギー部門にて海外マーケティング業務に従事。2014年2月に環境・途上国開発コンサルティング会社へ。アフリカやアジアにて経産省、環境省、JICA等の調査事業に従事。日本が誇る環境技術で気候変動問題を次世代に残さないという決意の元、2016年11月より当社へ参画。